気象庁 雷に関するニュース

8日に1度は雷が!? 日本一雷が多い都道府県は石川県って、知ってた?

マイナビ進学U17 / 2016年06月23日12時01分

■石川県の落雷回数は日本一!気象庁の観測によると過去30年間の平均雷日数は石川県金沢市の42.4日がトップ。2位の新潟市が34.8日ですからダントツと言えるでしょう。金沢市に雷が多いのは、冬の雷の多さが関係しています。多くの地域ではたいてい、夏の時期に雷が増え、冬は減ります。夏の夕方に突然雲行きが怪しくなって雷や雨が降ってくる……なんてことが多くあるのです [全文を読む]

夏のお出かけ時は要チェック!美しいけれど恐い「積乱雲」のこと

TABIZINE / 2015年06月26日07時30分

[気象庁HP] [Photo by Shutterstock.com] [全文を読む]

~「特別警報」 施行からもうすぐ一年~ 「防災気象情報の活用法」

PR TIMES / 2014年08月28日11時22分

皆さんが早めの避難などの防災行動をとることができるよう、気象庁は様々な防災気象情報を発表しています。そこで今回は、みなさんの防災行動に役立つよう、内閣府政府広報室が運営する政府広報オンラインより、「防災気象情報の活用法」についてお伝えします。防災気象情報が発表されたら何をすればいいの?気象庁では、皆さんが早めの防災行動をとれるよう、大雨や台風などに関する防 [全文を読む]

ゲリラ豪雨…!意外と知らない「子どもを危険にさらす」NG避難場所とは

It Mama / 2015年06月17日22時10分

気象庁が公表した『気候変動監視レポート 2013』によれば、国内にある気象観測所1,300地点において、過去38年間に1時間に50ミリ及び80ミリ以上の短時間強雨の年間発生回数は大幅に増加しているということです。 小さな子どもをもつママとしてはこうした現在の気候変動に対して危機意識をもつことが必要とされています。 そこで今回は、自身も2児の母である筆者が [全文を読む]

全国的に暴風に警戒 中国・四国から北海道は局地的に激しい雨

tenki.jp / 2013年11月25日12時21分

気象庁では落雷、竜巻などに注意し、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合は、頑丈な建物の中へ移動するなど、安全の確保に努めるよう、呼びかけている。 [全文を読む]

地震前日、突如として青森の空に現れた謎の「光柱」 北海道・震度5弱の前兆現象だった!?

tocana / 2016年01月15日15時00分

気象庁の松代地震観測所のホームページには、当時の記録が掲載されています。それによると、蛍光灯のように白く山の稜線が光り、夜中にもかかわらず腕時計の針が読めるほど明るくなったそうです」 「仮説ですが、玄武岩などの帯電しやすい岩石層に、動く岩盤のエネルギーが加わることで岩が帯電。高電圧の電流が岩脈(岩のすきまにマグマが入り、固まったもの)に沿って走ることで発光 [全文を読む]

10月10日は「晴れの特異日」?

tenki.jp / 2015年10月09日21時34分

ただし、気象庁や日本気象協会では、明確な定義づけはしておらず、なぜそうなるかも詳しくはわかっていません。過去30年のデータを見ると…さて、「10月10日は、晴れやすい」「晴れの特異日」だと聞いたことがあるでしょうか? 1964年10月10日=東京オリンピックの開会式の日が素晴らしい秋晴れだったことから、こうしたイメージを持っている人もいるかもしれません。 [全文を読む]

ゲリラ豪雨対策へ都市ダム化の提案、エコ建材「greenbiz」とは?

ITライフハック / 2015年06月25日15時00分

■1時間での降水量が50mm以上の短時間強雨発生回数が毎年増加中たとえば気象庁では、1時間に50mm以上80mm未満の雨を「非常に激しい雨」、80mm以上の雨を「猛烈な雨」としている。アメダスで見たこの短時間強雨の発生回数は、統計期間1976~2014年にかけて、毎年増加しているという。そして「記録的短時間大雨情報」と気象庁が発表した際に用いられるケースが [全文を読む]

漢字の語源にドラマあり! 「風」「虹」「雪」の由来は?【元井美貴のお天気ラリアット】

しらべぇ / 2015年03月07日13時00分

気象庁の定義でも「雷」は「雷鳴および電光」と定義され、ゴロゴロ鳴る音は重要。ピカッと光った電光のみだと雷とはみなされません。 ■電 雨の下のニョロニョロ伸びた部分は「いなびかり」を示しています。雷電ドロップと言えば、サンダー杉山さんの必殺技としても有名ですね。 と、このように天気予報にはドラマチックな漢字がたくさん登場します。そもそも天気の「天」は大の字に [全文を読む]

新潟でひょうを観測 北陸や東北の日本海側は落雷や突風など注意

tenki.jp / 2013年11月19日12時00分

気象庁は、雷や急な風の変化など、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう、注意を呼びかけている。 また、断続的に雨が降り続いており、秋田県にかほ市では17日16時の降り始めからの雨量が110ミリを超えた。降水量はさらに増える見込みで、20日6時までに予想される降水量は、多い所で、北陸は90ミリ、東北の日本 [全文を読む]

東京都で竜巻目撃情報

tenki.jp / 2015年09月04日14時30分

このため、午後2時14分、気象庁は竜巻注意情報を発表。今後も竜巻などの激しい突風が発生するおそれが非常に高まっているとして、注意を呼びかけています。気象庁によると、東京都世田谷区で竜巻などの激しい突風が目撃されたということです。 過去に竜巻が確認できた事例のうち約3割で、最初の竜巻から6時間以内に同一府県または近隣府県で別の竜巻が発生しており、東京都内では [全文を読む]

ついに東海地震くるか!?静岡で地震増加中で不安も増加

秒刊SUNDAY / 2015年09月01日09時03分

ただし気象庁は「直ちに東海地震と結びつく要素はない」と否定しております。8月31日16時から徐々に地震が増加。震度1や2ぐらいの小さな地震ではあるが、群発地震というのは非常にきになるところだ。ネットでは大きな地震が起こる前の「スロースリップ」ではないかと不安視する声もあり、今後の動きに注目したいところだ。東日本大震災の際も、大きな地震が発生する前に群発地震 [全文を読む]

大阪 池田市付近でも記録的短時間大雨

tenki.jp / 2014年09月11日02時02分

大阪府池田市付近で11日午前0時までの1時間に約120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁から記録的短時間大雨情報が発表されました。11日にかけても大気の不安定な状態が続くため、北海道から関東を中心とした広い範囲で激しい雨に警戒が必要です。11日0時 大阪府付近の雨雲の様子10日に発表された記録的短時間大雨情報10日は北海道の西海上の動きの遅い低気圧に向 [全文を読む]

iPhone向けアプリ「おしゃべり天気 ~鷹の爪団が雨も雪も台風もゆるく予報」リリース!

DreamNews / 2014年08月26日13時00分

(10地点可能)毎年最高気温を記録するあの町や、吉田くんの故郷島根など、いろんな地域を登録してコンプを目指そう!iPhoneアプリ概要アプリ名 おしゃべり天気 ~鷹の爪団が雨も雪も台風もゆるく予報アプリ提供先 App Storeカテゴリ 天気配信日 2014年8月26日(火)利用料金 無料Store URL https://itunes.apple.co [全文を読む]

ニコニコ学会β発!研究者が教える、夏の天気の“使える”知識!

PR TIMES / 2014年07月17日11時29分

ちなみに雷は《落ち》ません!」「これからの季節、竜巻が発生しやすいのは台風の右前方」「ゲリラ豪雨は小ぶりな力士並みの重量!?」など、本当に知ってほしい天気のこと、図解も満載でお届けします!(読了時間25分)【出演者】・荒木健太郎(雲研究者/気象庁気象研究所研究官/ゲリラ豪雨バスター)・佐々木恭子(お天気のことをガンガン考える会社「てんコロ.」代表/走れる気 [全文を読む]

伊豆大島では5日夜から大雨による土砂災害の恐れ

tenki.jp / 2014年06月04日18時30分

伊豆大島で5日夜から土砂災害に警戒が必要であるとして、気象庁は4日、大雨に関する東京都(伊豆諸島)気象情報 第1号を発表した。情報によると、伊豆諸島では5日未明から雨が降りはじめ、5日昼過ぎからは雷を伴って激しく降る見込み。雨は6日にかけて断続的に降り続き、伊豆諸島では大雨となる恐れがある。(日本気象協会)気象庁によると、5日から6日にかけて、本州の南岸を [全文を読む]

竜巻注意情報が変わります

tenki.jp / 2016年11月05日15時30分

気象庁は12月15日正午より、竜巻注意情報の改善を行うと発表しました。精度向上が図られるとともに発表区域を現在の県単位から「XX県南部」など天気予報と同じ区域に細分化されます。発表は県単位から天気予報と同じ細分へ、よりきめ細やかにこれまで竜巻注意情報は県単位の発表で局地的な影響がわかりにくいという問題がありました。12月15日正午からは、天気予報と同じ細分 [全文を読む]

桜島 3年ぶりの噴煙5000m

tenki.jp / 2016年07月26日05時18分

風下側にあたる鹿児島市街地方向でも降灰が予想されるとして気象庁は桜島に「降灰予報」を発表。鹿児島の雲の様子鹿児島県の風向きは?雨は?26日の午前0時2分、鹿児島県の桜島で爆発的噴火が発生。火口縁上5000メートルまで噴煙が上がった。 ここまで噴煙が上がるのは2013年8月18日16時31分の噴火以来3年ぶり。 2006年6月に昭和火口の活動が再開して以降2 [全文を読む]

東北で初 岩手県南部で竜巻目撃情報

tenki.jp / 2016年06月20日19時51分

このため、気象庁は午後7時11分、竜巻注意情報を発表。今後も竜巻などの激しい突風が発生するおそれがありますので、ご注意下さい。気象庁によると、岩手県内陸で、竜巻などの激しい突風が目撃されたということです。 現在、岩手県は大気の状態が非常に不安定になっています。 雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努め [全文を読む]

カシオ計算機のSmart Outdoor Watch『WSD-F10』に日本気象協会のスマートフォン向けアプリ「Go雨!探知機 -XバンドMPレーダ-」がプリセットアプリとして搭載!

PR TIMES / 2016年03月18日11時51分

(※登録地ではなく、現在位置)[画像1: http://prtimes.jp/i/10554/84/resize/d10554-84-782435-1.jpg ](注)高解像度降水ナウキャストは気象庁が提供する降水の短時間予報。予報の間隔は5分ごとで30分までは250m四方単位、35分から60分までは5km四方単位で予報する。[Go雨!探知機] 「Go雨! [全文を読む]

フォーカス