大島優子 新井浩文に関するニュース

【エンタがビタミン♪】新井浩文・櫻井誠・松田龍平 “AKB48ファン”3人組に「誰推しか知りたい」の声

TechinsightJapan / 2017年06月01日06時00分

松田龍平は映画『モヒカン故郷に帰る』(2016年)で同じく前田と、さらに2007年公開の映画『伝染歌』では大島優子、小嶋陽菜、前田敦子、河西智美、峯岸みなみ、小野恵令奈、秋元才加、野呂佳代といった現役時代のAKB48メンバーと共演している。 今となっては彼らがAKB48劇場で声援を飛ばせば大騒ぎとなりそうだ。ただ、2015年にバラエティ番組『KinKi [全文を読む]

元AKB48・前田敦子が『ど根性ガエル』マドンナ役で連ドラ復帰「大島優子との実力差を見せつける!?」

日刊サイゾー / 2015年05月29日00時00分

しかし、現在の演技力は大島優子を優に上回るともいわれており、『ど根性ガエル』はその実力を見せつけるチャンス。ネックは、『元AKB48』というだけで拒絶反応を示す視聴者が、かなり多いということでしょう」(テレビ誌記者) 確かに、プライム帯で放送中の民放連ドラ視聴率を見ると、AKB48の渡辺麻友が主演を務める『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)と、元AKB48 [全文を読む]

Not yet、超豪華俳優陣とタッグを組んだMVが完成!

okmusic UP's / 2014年04月03日07時00分

また、大島優子が刑事役、指原莉乃が連続殺人事件の実行犯、北原里英が女性警察官、横山由依がギター弾きを演じるなど、メンバーそれぞれが様々な役柄を演じているところにも注目したい。 Type-Aには「ミュージックビデオ版」が収録され、Type-Bにはミュージックビデオ版にはおさまりきらなかったシーンを含めた「完全版32分(約30分)」が収録される。 本日より、N [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ムロツヨシ、インスタ開設2日でフォロワー37万超え!

TechinsightJapan / 2017年04月26日10時25分

かつて浜野謙太や映画で共演した大島優子らのInstagramに登場しファンを喜ばせていたが、ムロのインスタ開設をファンも待ち望んでいたことであろう。 ちなみに2回目の投稿は、俳優の新井浩文から指示されたという動画であった。ムロが新幹線内で爆睡しているもので、「なにがおもろいんだ、、隠し撮りじゃねぇか」と本人は不満げだが「可愛すぎて無理」「既に面白い」とフォ [全文を読む]

芸能美女8人「最新人気乱高下」な現場をナマ報告!(1)矢口真里がバレンタインデーで…

アサ芸プラス / 2017年03月06日05時57分

矢口のような“多情乙女心”に対し、“おっさん化”で人気爆アゲなのは「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)で主演を務めている大島優子(28)。30代未婚女子仲間である吉高由里子、榮倉奈々とともに「タラレバ」話を連日のように語る、居酒屋の看板娘の役柄だ。 だからなのか、撮影の休憩時間、周囲と談笑にふける大島は猫背で、椅子にガニ股気味で腰掛ける“呑んべえスタイル” [全文を読む]

高畑充希ほか、美女優の“男の落とし方”とは!?

日刊大衆 / 2017年01月23日17時00分

元AKB48の大島優子(28)も好きな気持ちを素直に言えないタイプだという。2016年9月公開の出演映画『真田十勇士』の公開直前イベントで、好きな男性へのアプローチの仕方について聞かれると「我慢しちゃうかも、ストレートには言えない、恥ずかしいし」と答えていた。しかし、気持ちを抑えるだけではなく「言うのを我慢して我慢して爆発するときに言う」と揺れる恋愛観を [全文を読む]

主演ドラマ『毒島ゆり子』好評の前田敦子に暗雲?「大成しない」の声

しらべぇ / 2016年04月30日17時30分

その中で、もっとも「大成しそう」なのは一体誰なのだろうか? 前田敦子、大島優子、板野友美、川栄李奈と、女優としての活躍が目立つ卒業生で比較してみることにした。その結果、およそ16%の票を集めた大島が1位となり、2位の前田を打ち破る結果となった。また3位には『ごめんね青春!』(TBS)などで好演した川栄がランクイン。在籍時は選抜当落線上のメンバーだったが、役 [全文を読む]

前田敦子、新ドラマの過激な濡れ場に高まる期待...一方で「映画祭構想」にバッシング

メンズサイゾー / 2016年04月18日18時30分

グループ在籍当時からセクシーイメージを押し出していたライバル・大島優子(27)でも、ここまではやっていません」(アイドルライター) 前田は公開中の映画『モヒカン故郷に帰る』(沖田修一監督)にもヒロインとして出演しており、着実に女優としてキャリアを積み重ねている。本人の人気に加えて事務所が大手、さらに有力な監督たちに気に入られていることもあり、オファーが絶え [全文を読む]

フォーカス