野菜 築地市場に関するニュース

チーズフォンデュならぬチョコフォンデュ!季節の野菜のチョコレートフォンデュが発売開始

PR TIMES / 2013年07月22日09時19分

そのディナーメニューの中でも一際ジョエルデュランらしさを感じるのが、季節の野菜のチョコレートフォンデュ。 6月にジョエルデュランが来日した際、築地市場に陳列してあった色とりどりで、香り豊かな有機野菜に一目惚れ。 日本の四季に合わせ、その時々の最も旬な野菜の魅力を最大限活かした料理を作りたいという思いからできた作品だ。 素材本来の香りを活かす為、奇を狙わず [全文を読む]

豊洲移転問題で注目!!築地魚市場の日常を綴る「河岸ことば」

PR TIMES / 2017年03月03日17時47分

日本橋川のほとりにできた魚の荷揚げ場が「魚河岸」、京橋川の野菜の荷揚げ場が「大根河岸」。荷揚げ場はそのまま取引の場となり、市場へと発展しました。築地市場開場への道のり明治になり、江戸からの街並みを一新する都市計画により、魚河岸に移転命令がでました。しかし、土地買収にはじまり移転にかかる費用すべて魚河岸持ちという負担は大きく、実行に移すことはできませんでした [全文を読む]

「想定外」では済まされない豊洲市場の土壌汚染―仲卸を営む渡部区議からの寄稿

政治山 / 2016年08月23日11時50分

東京の台所・豊洲市場から出される生鮮品を購入する一般家庭の消費者の皆さまへ、そしてホテルやレストラン、料理屋を営む飲食業に携わる方々へ、「あなたのお皿の野菜、お魚、フルーツは安全安心だ」と言えるのか、また4年後の2020年、東京オリンピック・パラリンピック大会時、「新しい東京の台所」として、安心安全な食材を確保する豊洲市場として、国際社会に応えられるのか [全文を読む]

築地市場跡地 スペインのバル化計画を推進すべきと大前氏

NEWSポストセブン / 2016年05月27日16時00分

「ヨーロッパの美食の都」と呼ばれるサン・セバスチャンは食事のレベルが高いスペインの中でも群を抜いてレベルが高く、旧市街に約200軒もあるバルでは、実に旨いピンチョス(魚介、生ハム、野菜など一口大の料理を楊枝に刺したりバゲットに乗せたりした軽食。タパスのつまみ版)が食べられる。 私は今年3月、妻と2人でサン・セバスチャンを訪れ、バルを6軒はしごしてピンチョ [全文を読む]

美と健康に◎美容薬剤師おすすめの都内の「薬膳料理店」3選

LAR - Life & Aging Report / 2017年05月20日12時00分

スランジェでは野菜やお肉でサムするという「バランスよく食事をし、体の中から健康に美しくなる食事」を提供しています。日本野菜ソムリエ協会の定める5つの基準をクリアした名店だけに与えられる 「日本野菜ソムリエ協会認定レストラン」の称号を取得していて、常に旬の野菜を使用したメニューがいただけます。薬膳メニューはランチタイムでもオーダー可能で、薬膳サンパランチコー [全文を読む]

試食だけで腹いっぱい!大阪名物「木津の朝市」がお得でウマい

しらべぇ / 2016年03月24日06時00分

この日は徳島県の農協が出展して名産の野菜を使った「れんこんハンバーグ」「ねぎ焼き」「大根の煮物」などが提供されていた。これらが、ぜんぶ無料なのだ。農協が直で持ってきた野菜は、甘みたっぷりでバツグンのうまさ。■野菜たっぷりみそ汁や餃子も温まる試食メニューも盛りだくさん。野菜がたっぷり入ったみそ汁や熱々の餃子も食べられる。もちろん、試食だから無料だ。 ■次回は [全文を読む]

新鮮な魚介・野菜の天ぷらを、リーズナブルな神保町価格で味わえる老舗天ぷら店

ぐるなび / 2015年05月19日12時10分

毎朝築地市場より仕入れた新鮮な魚介・野菜類をリーズナブルな価格で提供している。秘伝のタレは、うなぎの骨からとったエキスがたっぷりと入っている。イチオシが、肉厚の身が自慢の江戸前穴子と、海老や野菜の天ぷらをトッピングした「穴子海老天丼」は大人気の逸品だ。 「穴子」を食した小林さんは「サックサックで、ふわふわでトロトロ。タレは甘くないんですけど、すっごくコクが [全文を読む]

【2015年中に行かないと一生後悔してしまう築地の名店】センリ軒のクリームシチュー

GOTRIP! / 2015年02月13日06時37分

そのままでも美味しいクリームシチューに半熟玉子をトッピングすると……野菜のウマミに半熟玉子のコッテリとした妖艶ともいえる甘みがベストマッチする。これは自宅でも試したくなる、そんな美味しい組み合わせなのだ。 ・出来立てのカツサンドも魅力 こちらのカツサンドは以前にもご紹介したが、非常にケチャップ味のきいた分厚いヒレカツサンド。野菜を挟んでおらず、パンとカツの [全文を読む]

豊洲には行けない…「築地女将さん会」74歳会長の決意

WEB女性自身 / 2017年07月23日06時00分

野菜などの段ボールが積み上げられ狭くなった通路を、そのターレを巧みによけながら、市場の少し奥まった場所にある古めかしいビルの会議室まで、緑色の自転車でやってきたのが山口タイさん(74)。老舗の鮮魚仲卸「樋徳商店」の女将さんだ。 東京都中央区の、銀座からも1キロほどという立地での開業以来、80年以上にわたり「日本の台所」役を担ってきた築地市場が、移転問題で [全文を読む]

東京すしアカデミー、2015年10月 築地で新校舎を開校 ~寿司と和食を学びに来日する外国人シェフ急増に対応~

@Press / 2015年09月03日10時00分

来日する外国人受講生は、鮮魚の流通拠点である日本の市場流通への関心も高く、野菜や発酵食品など日本独自の食材への興味も貪欲です。また、より短期間で実践的に学びたいという要望も多様化してきました。 このような背景を踏まえ、外国人向けの英語対応できる教室として世界中の料理人が注目する築地市場に新たな校舎を来たる10月に開校することとなりました。 ■東京すしアカ [全文を読む]

清水国明が親子で築地市場の豊洲移転について理解を深める

dwango.jp news / 2015年08月24日17時14分

まず最初は魚や果物・野菜の目利きについてのトークからスタート。ここでは市場の専門の先生に話しを聞くのだが、ちょっとしたポイントを見つけ出すと、新鮮で良い食材が選べるというアドバイスをしてくれた。魚や果物・野菜の知識が付いたところで、清水を先頭にセミナー参加の親子とともに、市場の中を練り歩き、現状の市場を見ていった。さらに来年11月7日にオープン予定の建設中 [全文を読む]

彦摩呂が「2013年で一番うまかった」と絶賛するすし店のビーフシチュー

ぐるなび / 2013年12月25日17時10分

タマネギ、セロリ、ニンニクなどの野菜と、こだわりのバラ肉を8時間もかけて煮込んだシチューは、野菜の甘みがソースに溶け出し、濃厚なのにさっぱりした味わいに仕上がっている。試食した島崎さんは、「味が濃すぎるのかと思ったけれど、そうでもないですね。おいしい!」とコメント。渡部さんは、「野菜を使ったソースに甘みがあるから、肉のうまみが引き立てられているんじゃないか [全文を読む]

市場「来秋までに豊洲へ」…都が業界側に提示

読売新聞 / 2017年09月16日23時37分

業界側は「夏の移転は魚や野菜の特性上、好ましくない」としたが、来秋移転には理解を示した。築地市場協会の伊藤裕康会長は会合後、報道陣に「夏はだめとの意見を加味し、各業界と話していく」と述べ、来月中にも業界の意見を集約する考えを明らかにした。 [全文を読む]

緑黄色野菜をたっぷり味わえる「野菜のせいろ蒸し」

ぐるなび / 2017年06月05日15時10分

「鶏むね肉とたっぷり野菜の香辛だれ定食」(898円/税込み)は、ナスやきゅうり、トマトなどの野菜と鶏むね肉の竜田揚げに酸味のきいたタレをかけたメニュー。 番組では、お店のメニューとして「野菜のせいろ蒸しとたっぷり野菜の麦みそ汁定食」(885円/税込み)を紹介。かぼちゃやブロッコリーなどの緑黄色野菜を使用したせいろ蒸しをクルミを使った甘めのタレで味わう一品。 [全文を読む]

年越しは今年で最後?築地市場3つのエリアから見る買い出し攻略法

しらべぇ / 2016年12月30日06時00分

鮮魚と野菜が中心の場内市場と比べて、鶏肉や豆、卵焼きなどさまざまな種類の店があるのがポイント。飲食店も数多い。(3)築地魚河岸豊洲への移転を見越して、中央区が11月にオープンしたのがこの施設。いわゆる場外にあるが、プロも仕入れる仲卸から一般客も買えるというメリットがある。一般客の入場は「9時以降(15時終了)」とされている。築地の年越しは、今年で最後になる [全文を読む]

築地・海の幸「カキらーめん」

ぐるなび / 2016年10月05日16時10分

ニラ、たけのこ、きくらげ、玉ねぎなどたっぷりの野菜を炒め、塩スープを加えたところに豆板醤やカキオイルで味を整える。胃に優しいあっさり塩味のらーめんだ。 カキらーめんを口にした一同は口々に「これが築地のラーメン屋!」「うま!初めて!カキから出汁が出てる」「スープ美味しい!ニラとカキの甘みもある」「カキもプリプリ!美味い!このカキ」「火が通りすぎてなくてみずみ [全文を読む]

恋愛戦士は大手町へ向かえ!色気も食い気も満たされる「OTEMACHI夏バル」が開催中!!

恋学 / 2016年08月01日08時00分

ひんやり冬瓜と、スナップえんどう、茄子、季節の旬野菜に旨味たっぷりの出汁がしみて、なんとも贅沢な気分が味わえます。最近では女性にも人気の日本酒ですが、このお店では仕事終わりの20代OLペアが、枡からこぼし気味に日本酒を飲む姿がとても可愛らしく見えます。 全国各地の焼き鳥が味わえるお店で、屋台気分3軒目は、東京サンケイビルにて。北海道から九州まで、全国“7大 [全文を読む]

都内の隠れ穴場スポット 日本最大の花の卸売市場「大田市場」に潜入

太田出版ケトルニュース / 2016年06月07日10時12分

◆ケトル VOL.30(2016年4月14日発売)【関連リンク】 ・ケトル VOL.30 【関連リンク】 ・「1つ8万円の柳行李」「風呂場で大文字」 京都の名銭湯を紹介 ・野菜嫌いでも野菜が好きになる八百屋 食べ方やレシピもアドバイス ・九州生まれの調味料「ゆず胡椒」にイスラム世界進出の可能性 ・世界初のバブルはチューリップ売買 球根1つに3億円の値も [全文を読む]

【本日開店!】約8割が東京初進出!全国のお土産が浅草に集結する新スポット

TABIZINE / 2015年12月17日13時00分

浅草農園 全国各地の旬の野菜や果物を販売する「浅草農園」。 完熟屋/愛媛県 しぼってそのままのピュアなはちみつを扱う専門店「完熟屋」。みかん畑で養蜂した非過熱の天然はちみつを販売。後味に感じるやさしい花の香りが特徴です。 スマイル&スウィーツ/愛媛県 (C)Aya Yamaguchi ソラマメやむらさき芋など自然派ジェラートとナチュラルジュースのお店。産 [全文を読む]

[ヒットの兆し] 健康食材で人気のケール 生鮮野菜での需要も

HANJO HANJO / 2015年07月01日13時00分

ケールは、欧州原産のアブラナ科野菜で、キャベツの原種とされる。2000年前から欧州で食べられており、日本ではこれまで青汁の原料として多く使われてきた。昨年ごろから、生野菜や果実で作るスムージーが健康志向の強い女性などに人気となり、栄養価の高さからケールに注目が集まった。 東京・六本木のカフェ「ELLEcafe六本木ヒルズ店」は、ケールをホウレンソウやメロ [全文を読む]

フォーカス