歌手 斉藤和義に関するニュース

向井理さんと斉藤和義さんタッグのCM最新作!向井さんがワイヤーアクションに挑戦!華麗なターンを披露 6月29日(金)より全国にて放送開始

PR TIMES / 2012年06月28日09時24分

また、新CMの楽曲は、歌手の斉藤和義さんが元Blankey jet cityの中村達也さんと昨年結成した新ユニット「MANNISH BOYS(斉藤和義×中村達也)」書き下ろしのオリジナル曲「Dark is easy」です。向井理さんと斉藤和義さん、2人の個性が共鳴し、スピード感あふれるアクティブなCMが完成しました。〈新TV-CMについて〉■向井理さんと斉 [全文を読む]

寺岡呼人主催イベントに謎の新人ユニット"寺田和義"が参戦!

okmusic UP's / 2015年02月02日17時00分

『寺田』では70年代フォーク歌手風の装いでフォークの名曲を披露。斉藤和義は2002年のゴールデン・サークルでゆず の北川悠仁と共に北川和義を結成し、80年代の歌謡曲を歌った。とりあえず3 人で寺田和義をやる事が決まっただけで、内容はまったく 未定。ただ、一癖も二癖もある3 人だけに何かやらかしてくれる事だけは間違いないだろう。 また、奥田民生がドラムを叩き [全文を読む]

千秋「口パクとか歌手じゃない」きゃりーぱみゅぱみゅを批判!?

メンズサイゾー / 2013年08月01日18時40分

タレントの千秋が、自身のTwitterで歌手の「口パク」を批判するツイートしたことがネット上で話題になっている。一部では、きゃりーぱみゅぱみゅを批判したのではないかとの憶測が広がり、物議を醸しているようだ。 7月31日、千秋は突然「口パクとか歌手じゃないと思ってる。歌手志望より。」と投稿。ちょうど、この時間帯は多数の人気歌手が出演したフジテレビ系の音楽番組 [全文を読む]

「ヒット曲がなくても」NHK『紅白』“バーニング枠”で出場権をゲットする人たち

日刊サイゾー / 2012年11月28日13時00分

大みそかの『第63回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が26日、東京・渋谷の同局で発表され、50組の出場歌手のうち、12組が初出場を果たした。 「昨年とかなり歌手が入れ替わった印象だが、西田敏行、千昌夫、松任谷由実ら震災復興を前面に押し出した昨年の企画にマッチした歌手たちが外れた。初出場組でも美輪明宏は、昨年まで豪華衣装が紅白名物だったが今年落選した小林幸子の“ [全文を読む]

夏木マリの新曲は、斉藤和義の作詞・作曲・プロデュースによる“説教ソング”

okmusic UP's / 2014年09月02日19時00分

歌手そして俳優、クリエイターとして幅広く活躍する夏木マリの新曲「Player」が完成した。同曲はかねてから親交の深い斉藤和義が夏木のために書き下ろした“説教ソング”で、作詞・作曲・プロデュース、そしてすべての楽器の演奏、コーラスまでも斉藤が行なっている。【その他の画像】夏木マリもともと、斉藤のファンだった夏木。「ポストにマヨネーズ」など彼の楽曲のカヴァーを [全文を読む]

フジ新音楽番組で家入レオがスピッツの名曲を初カバー

Smartザテレビジョン / 2015年10月02日06時00分

父は世界で活躍する音楽家・小澤征爾さん、いとこは歌手の小沢健二さんという音楽一家の小澤征悦さんから、さまざまな音楽エピソード、普段聞く音楽、音楽観などを伺います。まさに“Love music”あふれる歌とトークの30分です」と番組をアピール。さまざまアーティストたちによる力強いスタジオパフォーマンスが今から楽しみだ。 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】マツコ・デラックス、ブレイク前に“有名アーティストのPV出演”の過去。ミッツが「本人です」と証言。<動画あり>

TechinsightJapan / 2015年03月27日15時40分

歌手・斉藤和義が12年前に発売したCD『喜びの唄』のPVに、ブレイク前のマツコが出演していたというものだが、これについてマツコと親しいタレント、ミッツ・マングローブが“マツコ本人である”と証言。マツコが初めて女装で仕事をしたのがこのPV撮影だったと明かした。 25日に放送されたニッポン放送『ミッツ・マングローブのオールナイトニッポンGOLD』の中で、リスナ [全文を読む]

山本リンダと共演!BIGBANG・D-LITEの邦楽カバー活動が“越えて”いるもの

しらべぇ / 2015年02月03日17時00分

2月1日に東京・国立代々木第一体育館で行われた人気K-POPグループ「BIGBANG」のメンバー・D‐LITE (ディライト)のソロ公演に、スペシャルゲストとして歌手の山本リンダ(63歳)が登場した。 2014年に全国で開催されたツアー「D‐LITE DLive 2014 in Japan ~D’slove~」のアンコール公演となる今回の東京2デイズ。D‐ [全文を読む]

人気歌手が主題歌も!人気ご当地テレビ番組をチェック

Daily Beauty Navi / 2014年08月25日09時00分

写真提供元:KTS鹿児島テレビ「ナマ・イキVOICE」 いま、ご当地制作テレビ番組がアツい!? 全国各地の地方テレビ局で放送されるテレビ番組は、キー局とよばれる東京のテレビ局が制作した番組が放送されるのが主流ですが、それだけではありません。ご当地発の地方局制作番組にはローカルらしさがあふれていておもしろい番組がいっぱい。そこで気になるご当地番組をご紹介しま [全文を読む]

向井理さんと斉藤和義さんが カメラと音楽のスペシャルセッションでCM初共演!

PR TIMES / 2013年08月23日11時02分

また、前作では楽曲のみでの参加だった歌手の斉藤和義さんが、今回はCM本編に初登場!雨の中、だれも見向きもしない路上で、無心で自分の歌を披露する斉藤さん。その姿に、心動かされ雨の中を駆け出す向井さん。雨の中で奏でる音楽とカメラのセッションに注目です!■向井理さんと斉藤和義さんの水もしたたるいいオトコっぷりは必見!『降り始めた雨の一滴が、ありふれた日常を、特別 [全文を読む]

ジュンスカ宮田和弥とユニコーン奥田民生が『ジョン・レノン スーパー・ライヴ』で夢の競演

リッスンジャパン / 2012年09月19日13時00分

初出演の松下奈緒は歌手・ピアニストとして、さらにflumpool、藤巻亮太、MONGOL800のキヨサクが常連のクリエイティブ・ディレクターの箭内道彦や亀田誠治、Mummy-D(RHYMESTER)らとTHE HUMAN BEATSとして初参加。今後も追加出演者の発表が予定されている。【Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ 2012】日 [全文を読む]

夏木マリ、44年のキャリアで初の全国ライヴハウスツアーがスタート

okmusic UP's / 2015年04月09日18時00分

北海道から沖縄まで、6月までの約3ヶ月に渡る長丁場のツアーではあるものの、元々歌手としてキャリアをスタートさせた夏木マリにとっては、この初めての試みに「新人のつもりで、フレッシュな気持ちで本気で楽しみたい」と意欲を示していた。ツアー開催前には、自身の発案により、ライヴで披露するカバー楽曲のリクエストを公式FacebookやTwitter募集する企画を実施。 [全文を読む]

AAA 2013 桑田佳祐「昭和八十八年度! 第二回ひとり紅白歌合戦」、4日間で約2万人を動員!

okmusic UP's / 2013年12月05日14時00分

ザ・タイガース、イルカ、尾崎豊、槇原敬之、松任谷由実、西郷輝彦、西城秀樹、由紀さおり、都はるみ、坂本九、ちあきなおみ、平原綾香、いきものがかり、斉藤和義・・・とありとあらゆるタイプの歌手の曲を縦横無尽に歌い上げた。さらに映像の中では、総合司会「甘皮静夫」を演じたり、内山田洋とクールファイブのメンバー全員になりきり、ひとり六役を演じたりするなど八面六臂の活躍 [全文を読む]

「羊水腐る」発言よりも危険な言動!? 倖田來未、9年目の『紅白』落選の理由

サイゾーウーマン / 2013年11月26日13時00分

25日、『第64回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が発表された。当日はSexy Zone、E‐girls、泉谷しげるら初出場アーティストが会見場のNHKスタジオを賑わせていたが、落選歌手についてもさまざまな意見が飛び交っている。事務所独立騒動で完全におはらい箱となった小林幸子や、ジャニーズユニット・NYCも落選者の筆頭に名前が挙がっているが、やはり注目は、20 [全文を読む]

フォーカス