笑点 圓楽に関するニュース

林家こん平が元気に卓球をプレー!その姿に喜びと安堵の声

しらべぇ / 2017年02月03日18時00分

退院後は復帰に向けリハビリを続けていたが、声帯が戻らなかったこともあり、『笑点』レギュラーを弟子のたい平に譲ることに。2013年には糖尿病が悪化。一時は心肺停止に陥り、非常に危険な状態だったことがわかっている。奇跡的な生還と必死のリハビリを経て一昨年昨年と『24時間テレビ』に登場し、かつての代名詞だった「1、2、3、チャラ~ン」を披露。喜ぶファンが多かった [全文を読む]

祝、桂歌丸師匠復帰! カオス状態のイレギュラー回も絶賛された『笑点』の安定人気

メンズサイゾー / 2014年06月08日11時00分

今年3月に、慢性閉塞性肺疾患と左側肋骨骨折で病院に入院し、5月1日に復帰するも帯状疱疹で再度療養することになった落語家の桂歌丸(77)が、5月31日、久しぶりに『笑点』(日本テレビ系)の舞台に復帰した。 およそ2カ月ぶりの収録では、入院中に「(三遊亭)圓楽はわら人形をもってきた」とボヤくなど笑いを誘い、元気な姿を披露した歌丸。ネットニュースなどでも報じられ [全文を読む]

『笑点』の司会者交代は不安の声 人気凋落の可能性も?

しらべぇ / 2016年05月02日21時00分

(写真は『笑点』公式サイトのスクリーンショット)第1回の放送から『笑点』(日テレ)に出演し続けてきた桂歌丸が30日、番組からの勇退を発表。22日にそれを匂わせる発言を行い注目を集めていたが、退く決断は昨年の秋頃に番組側に伝えており、既定路線だったそう。現在、次期司会者は不明で、おそらく歌丸最後の出演となる15日のスペシャル番組でなんらかの動きがあると思われ [全文を読む]

小遊三・たい平らが明かす「笑点」50年!ここだけの噺!(2)飲まない噺家の方が出世する

アサ芸プラス / 2016年05月22日17時56分

「私は当時から今まで、少年院や刑務所の慰問を続けているんですが、『笑点』に出ているなら、と受け入れてくれるケースがすごく多い。刑務所にまで影響するくらいすごい人気、ってことですね。三波さんは私が慰問やってることを知っててくれたんで、“ムショ帰りの噺家”っていうキャラクターを考えてくれたんです。これがまあウケたウケた(笑)」 番組には、三波の言葉を真に受けた [全文を読む]

笑点の司会後任に太田光、タモリ、西田敏行…番組危機説の背景とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年05月07日12時04分

あそこ(司会者席)で死んじゃえば、私がまた突っ込めるし」(六代目三遊亭圓楽) 落語家の桂歌丸(79)が、人気番組『笑点』(日本テレビ)の司会から降りることを発表した(注1)。長年、苦楽を共にした大喜利コーナーのメンバーも、ショックを受けている様子が伝わってくる。歌丸は昨年6月に腸閉塞で入院。その後も体調不良が続き、「体力的に保たない」という決断だった。 『 [全文を読む]

『笑点』山田クン 重労働の座布団運びのため体を鍛える

NEWSポストセブン / 2016年07月03日07時00分

そんな『笑点』で座布団を運び続けて32年。78才の木久扇に次ぐ古株なのに、8月には還暦を迎えるのに、いまだに「山田クン」と呼ばれ続ける山田たかお(59才)。座布団運びだからこそわかる、笑点の裏側を語ってくれた。 * * * ぼくが座布団運びを始めた時の司会は、先代の5代目三遊亭圓楽。圓楽師匠は芸事に厳しい人で、先輩の借金ネタなど、人の悪口で笑いを取ると怒 [全文を読む]

放送開始50年「笑点」知られざる珍妙エピソード

WEB女性自身 / 2016年06月26日06時00分

放送開始50年を迎えた笑点。1966年、番組開始時の司会者が当時30歳の立川談志だったのは有名だ。じつは談志は当初 総合司会 で、大喜利の司会は先代の三遊亭圓楽だった。 当時33歳で出演者のなかでは最年長だったが、プレッシャーに耐えかね、わずか3回で辞退。回答者にまわり、大喜利の司会も談志が務めることになる。 だが皮肉の利いたブラックユーモアの回答を求める [全文を読む]

「笑点」に林家三平が“落語界の派閥を超えて”抜擢された本当の理由

アサ芸プラス / 2016年06月04日09時59分

5月29日に生放送された「笑点」(日本テレビ系)の視聴率が、28.1%を記録した。通常から10%後半の高い視聴率を持つ番組だが、司会者の交代や新メンバー追加など、注目度は増すばかりだという。週刊誌記者が語る。「桂歌丸さんが勇退し、29日の放送では後任の春風亭昇太さんが初めて司会を務めました。また、新メンバーに林家三平さんが加わり、『24時間テレビ』(8月2 [全文を読む]

歌丸引退後の笑点司会 66才の円楽は若すぎと80代ファン

NEWSポストセブン / 2016年05月14日07時00分

50年間、座布団の上からお茶の間に笑いを届け続けた「ミスター笑点」が引退する。『笑点』(日本テレビ系)は5月15日で放送50年を迎え、その翌週の22日、桂歌丸(79才)が司会を後任に譲り、「終身名誉司会」に就く予定だ。 「体力の限界」「歩くことが大変苦しくなって息切れしてしまう」と司会引退の理由を説明した歌丸だが、その表情には悔しさが滲んでいた。落語関係者 [全文を読む]

桂歌丸が『笑点』勇退!次の司会者を勝手に予想してみた

しらべぇ / 2016年04月30日16時40分

画像は『笑点』公式サイトのスクリーンショット今年5月で放送50周年を迎える人気演芸番組『笑点』。現在、5代目司会者を務める桂歌丸が、5月15日(日)放送の1時間スペシャルをもって同番組を卒業することが発表された。歌丸は第1回放送から参加し、昨年は腸閉塞で2ヶ月休養した後に復帰した番組のシンボル的存在であるだけに、ネットユーザーにも惜しむ声が目立つ。この歴史 [全文を読む]

【笑点】ピンクこと三遊亭好楽が「つまらない」と言われる理由が判明

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年06月11日06時00分

日本が誇る長寿番組・笑点。今年に入ってからも桂歌丸さんが司会を引退し、春風亭昇太さんが新司会に抜擢。追加メンバーに林家三平さん、24時間テレビのマラソンランナーに林家たい平さんが決定といった具合に、何かと話題に事欠かない印象ですよね。 大多数の人が納得していない? ところが今回の人選を妥当だとしつつも、納得がいかないという方も多いようです。一体何に納得がい [全文を読む]

【デスノート!?】こん平復活も「笑点」の笑えない裏事情

デイリーニュースオンライン / 2015年08月29日09時00分

むろん『笑点』(NTV)で長年苦労を共にした仲間である桂歌丸や三遊亭圓楽や林家木久翁も、涙ぐんでいたことは言うまでもない。 「ずっと隣に座ってたからねえ。感無量ですよ」(圓楽) 「こんちゃんの姿見て、涙が止まらない」(木久翁) 「こんちゃん、頑張ったね。何も言葉が出ないですよ」(歌丸) と、難病である多発性硬化症と闘いながら、11年ぶりに笑点の舞台に上が [全文を読む]

『笑点』での桂歌丸は野球界でいえば長嶋茂雄の役割に

NEWSポストセブン / 2016年07月02日07時00分

新司会者にまさかの春風亭昇太(56才)が大抜擢された『笑点』(日本テレビ系)。生き字引ともいえる桂歌丸(79才)の後を継ぐ者としてどんな司会ぶりを見せていくのか注目が集まっている。 昇太が回答者でなくなった穴を埋めるべく、6月から新メンバーとして加入した林家三平(45才)。起用理由を福田一寛プロデューサーに聞くと…。 「若さと朗らかさ、誰にでも愛されるキャ [全文を読む]

さすが落語通!爆笑問題・太田と伊集院光が「笑点」新メンバーをみごと的中

アサ芸プラス / 2016年06月02日17時59分

5月29日、新司会となって始めての「笑点」(日本テレビ系)で、司会に昇格した春風亭昇太の空席を林家三平が埋めることが発表された。かねてより注目度が高かった新メンバー発表だけに、この日の平均視聴率は28.1%を記録し、歴代最高視聴率を6年半ぶりに更新する快挙となった。 三平は、妻で女優の国分佐智子にすらメンバーに抜擢されたことを秘密にしていたと明かしたが、人 [全文を読む]

歌丸師匠は年収1億円! 嫉妬まみれ「笑点」座布団バトル勃発

WEB女性自身 / 2016年05月29日06時00分

「『笑点』の座布団に一度座ったら、簡単に譲ることはできない。それだけの旨みがある。特に地方でのイベントの主催者からは『とにかく笑点メンバーを呼びたい。人間国宝の柳家小三治よりも、笑点メンバーのほうが、チケットが売れるんです』という要請がある」(落語関係者) 5月22日に、桂歌丸(79歳)が司会を勇退した『笑点』(日本テレビ系)。平均視聴率は27.1%(関東 [全文を読む]

「笑点」勇退直後の歌丸と人生の最後を考える!

Smartザテレビジョン / 2016年05月21日22時06分

圓楽に最後に掛けられたある言葉が、体力の限界を理由に「笑点」(日本テレビ系)の勇退を決めてもなお、高座に立ち続けることはやめない理由だという。 歌丸は、番組への出演を決めた理由を「最初は自分に密着するドキュメンタリーと思っていたので、番組の企画を聞いて(テーマの重大さに)大変なことになったと思いました。ただ、人生の終い方は、自分でも考えなくてはいけないこと [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『笑点』の裏話を三遊亭小遊三が暴露。今だから言える「大問題」。

TechinsightJapan / 2014年12月01日12時30分

人気演芸バラエティ番組『笑点』でおなじみ落語家の三遊亭小遊三が、同番組の裏話をローカル番組出演時に明かした。福岡市で『笑点』の収録が行われた時にロケしたもので、「福岡のお客さんはコワイね」と感想を漏らしていた小遊三だったが、かつては『笑点』で「大問題」ともいえる事態が収録中にときどき発生していたようだ。 『笑点』の収録が10月に福岡・キャナルシティ劇場で行 [全文を読む]

なぜ年収1000万円の人は落語を聴くのか?ゼロから始める超・落語入門

Business Journal / 2017年05月08日06時00分

圓楽師匠は、『笑点』(日本テレビ系)をはじめ、テレビ、ラジオ、舞台……と、客層に合わせて見せ方を変えることができる達人。ビジネスでも、相手のニーズに応えることのできる人が成功する点は同じです」(横山氏) たとえば、この空気を読む力が必須とされるのが営業マンだという。営業マンには、顧客の職業や年代など、多くの情報や要素を感じ取り、「相手が今、何を求めているか [全文を読む]

加藤浩次「極楽とんぼ」コンビ復活“10年ぶりライブ”で大ブーイング

アサ芸プラス / 2016年09月24日17時57分

笑点』の圓楽師匠にさえ、『なぜ、親子だんらんの時間帯の番組に不倫男を出演させているのか』と厳しい意見が寄せられるほどです。そのうえ、ライバル番組の『とくダネ!』(フジ系)や『モーニングショー』(テレビ朝日系)と熾烈な視聴率争いをしているだけに、司会者のイメージに気を遣う。だから局幹部は『“朝の顔”という立場を考えろ!』『もう(山本とのライブは)やめてくれ [全文を読む]

フォーカス