座布団 笑点に関するニュース

やっぱり面白くない? 『笑点』回答者抜擢から1年の林家三平の評価は…

しらべぇ / 2017年08月02日11時00分

2017年1月から導入されたデータ放送を用いた視聴者による座布団の付与・剥奪システムでは、ほかの回答者が万単位の座布団を獲得するなか、三平は毎週のように枚数が「ゼロ」になっている。回答者抜擢から1年経過してもまったく人気が上がらないだけに、一部には降板を望む声も。笑点みるたびに思う…林家三平は成長しない…この選ばれし席に座ってから1度も面白いこと言ってない [全文を読む]

『笑点』歌丸師匠に聞く人気と長寿の秘密! 「これまで終わると思ったことは一度もないよ」

週プレNEWS / 2014年10月26日06時00分

「29歳の頃から『笑点』の座布団に座っていますが、『笑点』には『金曜夜席』という前身番組がありまして、約1年間放送されたんです。アタシはそんときから出てますんで、もうずーっと座ってますよ(笑)」 テレビで演芸ブームが起きた1960年代前半、各局で多くの演芸番組が放送されたが、『金曜夜席』は立川談志が企画を持ち込む形で始まった。番組の主な構成は演芸、インタ [全文を読む]

【衝撃】笑点「大喜利」の座布団10枚で贈呈された酷いプレゼントランキングワースト10

ヨメルモ トリビアニュース / 2016年07月06日06時00分

座布団10枚の賞品、覚えてる? そんな笑点の名物コーナーといえば「大喜利」。お題に対する優秀な回答には座布団が与えられ、座布団が10枚になると豪華賞品が贈呈されるというルールはおなじみですが、座布団10枚達成者が出るのは年に数回がいいところ。いったいどんな豪華賞品が贈呈されてきたか、覚えていない人というも多いのではないでしょうか。 ひどい賞品が多い 座布 [全文を読む]

老若男女から愛される国民的番組の総決算! 『笑点五〇年史 1966-2016』

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月07日15時00分

「笑点メンバーからのごあいさつ」ページでは、インタビューのほか、「テーマ斬り」「私的事件簿」「私的名珍場面」「メンバーへひと言!」など、おもしろコラムも盛りだくさん! 歴代の「司会者」「大喜利メンバー」「座布団運びメンバー」も、もちろん完全網羅。貴重写真やエピソードなど、笑点の50年を盛り上げてきた立役者たちの功績も振り返る。 「笑点の楽しみ方」「笑点は [全文を読む]

『笑点』「パッとしない」とネタにされる林家三平の課題

NEWSポストセブン / 2016年11月30日07時00分

小遊三からは「御曹司」、好楽からは「息子の飲み友達」、円楽は「落語界のサラブレッド」、座布団運びの山田隆夫からも「お父さんの先代三平さんには子役時代にお世話になりました。二代目を応援したい」と家族のように受け入れられた三平は、みんなの「弟分」のような印象だった。 れが独身昇太の天敵「幸せ夫」キャラ、続いて先日の長男誕生で「新米パパ」キャラになった。キャラは [全文を読む]

祝、桂歌丸師匠復帰! カオス状態のイレギュラー回も絶賛された『笑点』の安定人気

メンズサイゾー / 2014年06月08日11時00分

全員座布団10枚いくんじゃないかっていう雰囲気でしたからね。レギュラー陣も少しは焦っていたのではないでしょうか」(業界関係者) 歌丸の休養を受けて、木久扇が司会をすることになった『笑点』が放送されたのは5月11日のこと。ネットニュースなどでも、木久扇の司会抜擢は報じられたが、実際の司会ぶりは、芸人の伊集院光(46)もラジオ番組で「カオスすぎる」と話している [全文を読む]

笑点・林家三平がくらう公開処刑「0枚フィニッシュ」

NEWSポストセブン / 2017年03月05日07時00分

番組放送中にリモコンの「dボタン」を押すと、大喜利メンバーの名前と座布団の枚数が記された画面に切り替わる。視聴者はリモコンを操作することで、司会の春風亭昇太(57)のようにメンバーに座布団をあげたり、取ったりすることができるのだ。 ファンには堪らないサービスだが、これによって思わぬピンチを迎えているのが、昨年加入した新メンバーの林家三平(46)だ。 2月 [全文を読む]

<「IPPONグランプリ」と「笑点」の違い>IPPONグランプリ優勝者に視聴者は誰も興味が無い

メディアゴン / 2015年11月18日10時30分

座布団を10枚集めれば賞品がもらえるが、その賞品も基本的にはネタに走ったものであり、笑いを生み出すための装置でしかない。大喜利は、お笑いのショウである。視聴者に笑ってもらうことを至上命題としなければならない。大喜利を通して、おもしろい答えが出て、視聴者を笑わせることができれば、最終的な優勝者が誰か、誰が一番優れていたかなんてのはどうでもいい問題のはずである [全文を読む]

林家こん平が元気に卓球をプレー!その姿に喜びと安堵の声

しらべぇ / 2017年02月03日18時00分

・合わせて読みたい→三平の座布団が0枚! 『笑点』のデータ放送が残酷すぎる...(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治) [全文を読む]

テリー伊藤対談「林家木久扇」(2)師匠はまるで“寅さん”のよう

アサ芸プラス / 2014年11月05日09時58分

大喜利というのは昔からあったんですが、談志師匠が座布団を渡したり取ったりというのを考えられて、あれがすばらしいアイデアですね。昔、牢屋に牢名主というのがいて。 テリー ああ、畳を積み重ねた上に座ってた。 木久扇 あれで成功したと思うんですよ。ただ正座して、みんながおもしろいことを言って、顔に墨塗ったりするぐらいじゃつまらない。片一方はこんなに座布団があって [全文を読む]

ビートたけし「あの人気番組」を強烈批判

日刊大衆 / 2017年03月06日12時05分

「新たに導入された座布団投票システムが好評です。大喜利の放送中にテレビリモコンの<dボタン>を押して、大喜利メンバーの回答に座布団をあげたり、取ったりできるので、司会者の昇太の気分が味わえるようになったんです」(前同) そんな『笑点』に一人、毒ガス口撃でケンカを売る男がいる。誰あろう天才・ビートたけし(70)、その人である。2月6日、たけしは新著『テレビじ [全文を読む]

三遊亭小遊三「俺が司会になる日も遠くないんじゃないか?」

NEWSポストセブン / 2017年01月19日16時00分

昇太が「全員の座布団を1枚ずつ持ってって!」と一喝しても、円楽たちは「ほーらよ!」と昇太に向かって座布団を投げつけた。あまりの事態に昇太は放心状態だった。 さらに番組の最後には、三遊亭小遊三(69)が昇太を押しのけ司会者席に座り、「また来週」と番組を締めてしまった。その小遊三に笑点の学級崩壊について聞いた。 「あのときは会場が爆笑に包まれたよな。こりゃあ、 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「毒蝮三太夫」(3)改名は最初、本当に嫌だったなぁ!

アサ芸プラス / 2016年06月02日05時56分

テリー どんな経緯で、まむしさんは「笑点」の座布団運びになったんですか?毒蝮 あれはね、たまたま談志と俺が友達だったんですよ。大学1年ぐらいの時に知り合ったの。ある役者がいて、俺が「落語が好きだ」って言ったら談志を紹介してくれて、当時は「柳家小ゑん」って名前だった。同い年だし、ウマが合ったんだな。テリー あ、談志さんと同い年なんですか?毒蝮 そう。寄席に通 [全文を読む]

歌丸師匠は年収1億円! 嫉妬まみれ「笑点」座布団バトル勃発

WEB女性自身 / 2016年05月29日06時00分

「『笑点』の座布団に一度座ったら、簡単に譲ることはできない。それだけの旨みがある。特に地方でのイベントの主催者からは『とにかく笑点メンバーを呼びたい。人間国宝の柳家小三治よりも、笑点メンバーのほうが、チケットが売れるんです』という要請がある」(落語関係者) 5月22日に、桂歌丸(79歳)が司会を勇退した『笑点』(日本テレビ系)。平均視聴率は27.1%(関東 [全文を読む]

「ニッポンの長寿番組」ギネスな秘密! インタビュー 山田隆夫「笑点」

アサ芸プラス / 2012年10月17日10時59分

円楽師匠が「頭痛薬」を飲みすぎて居眠り! 「大利打ち切られた喜は3問なのに2問で」 「おーい、山田くーん、座布団一枚」──誰もが一度は耳にしたとこのあるフレーズも、この人がいなければ誕生しなかった。現在56歳、座布団運び歴は28年。人生の半分を座布団運びとともに過ごした“山田くん”にとっての「笑点」とは? ──84年10月7日が座布団運びとしての初登場です [全文を読む]

『笑点』の格安ギャラ事情 昇太は司会昇進でも据え置き?

NEWSポストセブン / 2017年06月18日16時00分

座布団運びの山田隆夫さんは10万円前後と聞いている。長い間変わっていません」(日テレ関係者) 落語会を開けば、「満員札止め」の大御所たちが驚くほどの“低賃金”なのだ。そう聞くと「労働組合結成」話もあながち冗談とは片付けられなくなってくる。昇太は司会就任直前、本誌の取材に対して、「(桂)歌丸師匠が抜けた分、メンバー全員のベアをお願いしたいぐらいです! 日テレ [全文を読む]

【注目】林家三平は3週連続で座布団0枚か? 『笑点』データ放送の珍事に熱視線

ガジェット通信 / 2017年01月22日15時00分

大喜利の放送中にテレビリモコンのdボタンを押すと、「面白い!」と思ったメンバーに視聴者自らが座布団を配ることができるのだ。 そして注目は、「面白くない!」と思った場合に座布団を奪う選択もできること。このルールよって、林家三平さんが思わぬ珍事に見舞われているのをご存知だろうか? (データ放送上で)他のメンバーが5桁の数字で座布団の枚数を競っている中、三平さん [全文を読む]

この冬、日テレの“超☆汐留パラダイス”がイオンモールにやってくる!!「超☆汐留パラダイス」開催のお知らせ

@Press / 2016年11月18日14時00分

本イベントは、日本テレビの夏イベント「超☆汐留パラダイス」とコラボレーションし、「笑点 座布団運んでおくれ!&目指せ!座布団10枚!座布団ハンター」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!驚いてはいけないinイオンモール」「世界の果てまでイッテQ!スイカ&カブ祭りゲーム」など人気番組のアトラクションを体験できるほか、日本テレビの人気番組グッズが購入でき [全文を読む]

「大喜利」新メンバーは誰? 歌丸師匠の司会卒業で気になる「笑点」の“焦点”

アサ芸プラス / 2016年05月15日17時57分

『笑点』でアシスタントとして座布団運びや前説を担当し、スタッフとも昵懇の仲です」(前出・ベテラン芸能記者) 演芸評論家の高山和久氏が“同門路線”での意外な候補としてあげたのは、桂宮治(39)だ。「2012年のNHK新人演芸大賞を獲った、芸術協会イチオシの若手です。まだ真打ではなく、一般的な知名度もそこまで高くないが、二つ目としては抜きん出た実力の持ち主です [全文を読む]

「座布団の数なんてどうでもいい!」林家三平が「笑点」を「放棄」していた!

アサ芸プラス / 2017年08月03日09時58分

データ放送で、メンバーに対して自由に座布団をあげたり、取りあげたりするゲームがあるのですが、三平だけは全国民から“オモチャ”扱いされており、他のメンバーは数千から数万枚の座布団を獲得している中、彼は“0枚”が定番になっています」(芸能記者) この日も三平の答えはみごとなまでに振るわなかった。1問目は「二度としたくない肝試し」を答えろというもの。三平は「幽霊 [全文を読む]

フォーカス