笑点 三遊亭に関するニュース

祝、桂歌丸師匠復帰! カオス状態のイレギュラー回も絶賛された『笑点』の安定人気

メンズサイゾー / 2014年06月08日11時00分

今年3月に、慢性閉塞性肺疾患と左側肋骨骨折で病院に入院し、5月1日に復帰するも帯状疱疹で再度療養することになった落語家の桂歌丸(77)が、5月31日、久しぶりに『笑点』(日本テレビ系)の舞台に復帰した。 およそ2カ月ぶりの収録では、入院中に「(三遊亭)圓楽はわら人形をもってきた」とボヤくなど笑いを誘い、元気な姿を披露した歌丸。ネットニュースなどでも報じられ [全文を読む]

桂歌丸の「笑点」卒業で三遊亭円楽が抱く野望とは?

アサ芸プラス / 2016年05月15日09時59分

落語家の桂歌丸が4月30日、長寿番組「笑点」(日本テレビ系)の大喜利司会引退を発表。同番組の放送50周年記念スペシャルの公開収録で、卒業が宣言された。ラストショーは、5月22日の生放送となる。4月30日放送の番組平均視聴率は20.4%と、今年最高を記録。番組公式フェイスブックには、卒業を惜しむ声やねぎらいのコメントが殺到した。「歌丸は『笑点』初回からのメン [全文を読む]

360度全方位から「笑点」をこれでもか大フォーカス『笑点五〇年史 1966-2016』発売決定のお知らせ

PR TIMES / 2016年07月06日13時21分

1966年5月15日にスタートして以来、日本中を笑わせ続け、日本中から愛され続けてきた国民的娯楽番組『笑点』が、50周年を迎えたいま、日本中から大きな注目を集めています。 まさに“空前絶後の笑点ブーム”到来真っ只中、『笑点』の語っても語っても語り尽せない魅力の数々を完全コンプリートした一冊が、ついに発売されることになりました! 現メンバーへのロングインタビ [全文を読む]

もし今『笑点』のメンバーを大胆に一新し、若手落語家で選ぶなら?

週プレNEWS / 2016年06月19日11時00分

そんなブームに拍車がかかっている今、老舗長寿番組『笑点』が5週連続で視聴率20%突破と話題だ。 桂歌丸から春風亭昇太への司会交代で、またクローズアップされたわけだが、その歌丸も名を連ねた初代大喜利(おおぎり)メンバーの平均年齢はなんと28歳! 当時30歳だった立川談志を中心に若手だけでスタートしたチャレンジングな企画だったのだ。 だが今や、新司会となった [全文を読む]

「歌丸さんに集中できない」の声!? 『笑点』スペシャル出演、水ト麻美アナの「サイズ」に驚愕の声続々で......

Business Journal / 2016年05月23日20時00分

22日、『笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル』(日本テレビ系)が生放送で行われ、初回放送から丸50年間、同番組に出演してきた桂歌丸が勇退した。 番組内ではスペシャル番組で何度もタッグを組んだTOKIOの出演や、『笑点』が始まってから50年の間にあったエピソードVTRなどを放送。最後の「生放送大喜利」では、三遊亭三遊亭円楽や三遊亭小遊三などいつものメンバーが出 [全文を読む]

テリー伊藤対談「林家木久扇」(3)先月の自分自身がライバルなんです

アサ芸プラス / 2014年11月06日09時58分

その後65年に二つ目に昇進して、69年には「笑点」のレギュラーになってるから、エリート街道ですよね。 木久扇 それには下地がありましてね。楽屋働きをしている時、気が利くっていうんで立川談志師匠にずいぶん気に入られて、カバン持ちをやっていたんです。 テリー ああ、なるほど。 木久扇 「笑点」をこしらえたもとは立川談志さんですから「お前、小遣いがいるのか」って [全文を読む]

地上波にない面白さ! BS人気番組『笑点特大号』に迫る

WEB女性自身 / 2014年08月13日07時00分

放送開始から48周年の『笑点』(日本テレビ系)といえば、日曜の夕方を飾る国民的人気番組。その拡大版『笑点特大号』が、毎週水曜午後9時からBS日テレで放送されている。 地上波未公開シーン満載の、大喜利ディレクターズカット版はじめ、「昇太とヒロシの哀愁コラボ」といったコラボ芸、楽屋カメラによる定点観測など、ここでしか見られない禁断の場面が大盤振舞いの1時間だ。 [全文を読む]

フォーカス