グッズ 笑点に関するニュース

NGT48・荻野由佳、趣味はマニアックな笑点グッズ

RBB TODAY / 2017年09月29日06時45分

さらに最もお気に入りだと笑点柄の「はんてん」を実際に着てみせると「かわいくないですか?」とまるで好きなアイドルのグッズを自慢するように、興奮気味に紹介してみせた。 荻野は林家木久扇の大ファンとも告白。観覧に何度も応募しているそうだが「当たんないんですよ!」と心底悔しい様子。松本人志に「事務所の人に頼んだら?」とコネを使う提案をされる場面もあったが、「自分の [全文を読む]

この冬、日テレの“超☆汐留パラダイス”がイオンモールにやってくる!!「超☆汐留パラダイス」開催のお知らせ

@Press / 2016年11月18日14時00分

本イベントは、日本テレビの夏イベント「超☆汐留パラダイス」とコラボレーションし、「笑点 座布団運んでおくれ!&目指せ!座布団10枚!座布団ハンター」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!驚いてはいけないinイオンモール」「世界の果てまでイッテQ!スイカ&カブ祭りゲーム」など人気番組のアトラクションを体験できるほか、日本テレビの人気番組グッズが購入でき [全文を読む]

高橋維新「諷刺はなぜ笑えないのか」

メディアゴン / 2016年07月08日07時30分

【参考】<コレジャナイ>東京五輪公式アニメグッズの絶望的なダサさ笑いを志向する際には、こうやって意識してズレを作っていくのである。この「ズレ」のパターンをいくつも考える力を、大喜利力と言う。ちなみに諷刺が笑えないもう一つのパターンとして、ズレはあるがその程度が甚だしすぎる(=ズレすぎていて、あるいはズラしすぎていてお客さんが引いてしまうレベルに達している) [全文を読む]

NGT48荻野由佳、柏木由紀は「恩人です」大躍進遂げた総選挙の裏話

モデルプレス / 2017年09月26日16時58分

そんな彼女は座布団、キーホルダー、半纏など、たくさんの笑点グッズを集めていた。荻野は「笑点は幼稚園の年少の時からおじいちゃんの家に行く習慣があって、その時に見ていました」と大好きなことをアピール。誰のファンか聞かれると、荻野は「きくちゃん(林家木久扇)。笑い方が愛おしくて…」と語る。(modelpress編集部) 【Not Sponsored 記事】 [全文を読む]

【コント?】籠池氏が返却した100万がメモ帳じゃないかと話題に!おもしろグッズ?

秒刊SUNDAY / 2017年06月22日10時34分

誰が見ても中は白い紙だったのにね(秒刊サンデー:たまちゃん) [全文を読む]

360度全方位から「笑点」をこれでもか大フォーカス『笑点五〇年史 1966-2016』発売決定のお知らせ

PR TIMES / 2016年07月06日13時21分

往年のファンには懐かしく、新しいファンには50年の歩みを一挙に把握できる、まさに『笑点』ファン待望の一冊です! [画像: http://prtimes.jp/i/11710/224/resize/d11710-224-271960-1.jpg ] 《目次》 ○前口上 桂歌丸師匠からのご挨拶 ○巻頭グラビア 「笑点」に行こう! ○笑点メンバーインタビュー [全文を読む]

放送50周年「笑点」ワールドを体験できる特別展開催

Smartザテレビジョン / 2016年04月14日11時02分

さらに、グッズコーナーでは、企画展限定販売の「笑点 久谷焼 豆皿」(1296円)や、先行販売となる「笑点 トートバッグ」(2484円)も発売する。 [全文を読む]

笑点 放送50周年特別記念展の開催が決定!(入場無料)

PR TIMES / 2016年02月18日11時32分

また会場でしかご購入できない様々なグッズも多数販売いたします。 [表: http://prtimes.jp/data/corp/16382/table/4_1.jpg ] 番組概要 1966年5月15日に第1回放送を開始。 放送開始当時はまだカラーテレビの普及率が1%も満たない時代に、第1回からカラーで放送。 日本テレビの長寿番組として放送開始から50周 [全文を読む]

なんてったって「ママドル」男は知らない最新勢力図! インタビュー ほしのあき

アサ芸プラス / 2012年09月25日10時59分

予防接種のこととか、悩みも共有できるし、本当にママ友はありがたいです」 子育てグッズの話でも盛り上がるというが、ほしの自身もメーカーとコラボでいくつか商品を出している。『sa ita』さんと共同でママバッグをプロデュースしたり、ベビー用品専門通販『赤すぐ』さんと、授乳できるパジャマを開発したり、これからもママ向けの“楽でかわいいもの”をどんどん出していきた [全文を読む]

「プラモもすぐ半額、福袋に」キッズ層を取り損ねた『ガンダムAGE』に未来はあるか

日刊サイゾー / 2012年01月14日08時00分

お正月のホビーショップの福袋にも、あちこちでこの『AGE』関連のグッズが詰め込まれていたようです。最初に出たときは出足が好調だったようなんですが、その後、息切れしちゃったんでしょうか。プラモとしての出来そのものは相当いいだけに、もったいないというか、不良在庫化していないかとちょっと心配ですね」 2クール目に突入した番組では、主人公がいきなり代替わりし、最初 [全文を読む]

フォーカス