ボランティア さいたま市に関するニュース

がん征圧の願いを込めて~リレー・フォーライフ・ジャパン in さいたま開催

クオリティ埼玉 / 2015年09月16日23時12分

埼玉県立がんセンター、SDH(公益社団法人埼玉県歯科衛生士会)、チーム中外 in 埼玉、ボランティアグループ一歩会、埼玉県立循環器・呼吸器病センター、東急建設、浦和大学、さいたま市議会議員有志チーム、チーム おぎのやなど41チームが翌日正午のゴールを目指した。 ステージでは三室空手道場による演武、埼玉県エアロビック連盟、大宮同心桜連、ボランティアグループ一 [全文を読む]

7000人で大会を支える~「第2回さいたま国際マラソン」ボランティア募集

クオリティ埼玉 / 2016年07月29日12時43分

さいたま市では8月3日からボランティアの募集を開始する。 前回大会では、約3,700人のボランティアの参加だったが、大会規模の拡大に伴い、今大会は7,000人のボランティアを募集する。 また、「ジュニアボランティア」枠が新設され、小学5年生から中学3年生の子どもたちが保護者同伴で参加出来るようになった。 個人で参加するのもいいだろうし、グループや親子での参 [全文を読む]

「リレー・フォー・ライフ・ジャパンさいたま」の意義~がんに負けない社会づくりに向けて

クオリティ埼玉 / 2014年09月29日10時43分

夜通し交代でトラックを歩き続けている各グループは、さすがに疲労の色を隠せないでいたが、さいたま市南区を中心に活動中の「ボランティアグループ一歩会」、居酒屋力の従業員有志で構成された「チーム力」、浦和大学の学生有志、「Facebookグループさいたま市」、埼玉県立大学看護学科有志で結成された「チーム県大☆看護」、埼玉県歯科技工士会など、笑顔で励まし合いながら [全文を読む]

さいたま市議会12月定例会レポート① 〜貧困家庭児童への食事支援

クオリティ埼玉 / 2015年12月04日13時45分

こうした活動を行うボランティアに対し、さいたま市がどのように支援するのか質問した。 谷中議員の質問に対し、高橋篤子ども未来部長は、「さいたま市に於いて、今年4月からの生活困窮者自立支援法の施行に伴い、学習支援事業の対象者を、これまでの生活保護受給世帯の中学生に加え、児童扶養手当全額受給世帯の子どもたちも対象とし、さいたま市の全10区で実施している。この事業 [全文を読む]

ボランティアグループ一歩会の活動~楽しく喜びと感動溢れたものに

クオリティ埼玉 / 2016年01月21日15時08分

さいたま市南区を中心に活動を行う「ボランティアグループ一歩会」は、地域活動の一環として、美化運動やラジオ体操、介護施設への慰問など、精力的に行っている。また、さいたま市の歴史と文化を広めるため「見沼たんぼと竜神伝説」(小学校4年生の副読本)も出版している。また、「見沼たんぼと竜神伝説」の絵も担当し、日本折紙協会理事として、折り紙の普及に尽力する、黒岩琢磨氏 [全文を読む]

“介護に優しい街”さいたま市西区が誇るアクセス利便性

WEB女性自身 / 2017年04月05日12時00分

高齢者向けの『介護ボランティア制度』もその一環で、社会参加・ボランティア活動をしてもらいながら、介護予防を推進するというもの。実は、さいたま市10区のなかでも、西区はこの制度の利用率が高い。 健康なお年寄りも多い街 でもあると自負しております」 最近では、隣接する川越市、上尾市などからの転入者も多く、人口が増えてきている。介護という視点を加えても、さらに魅 [全文を読む]

『第8回世界盆栽大会inさいたま』開催記念イベント「盆栽フェス」で本大会ボランティア募集のPRを行いました

@Press / 2016年11月28日12時30分

当実行委員会では、ここで本大会のボランティアを募集するPRを実施。日本の佳き伝統文化である盆栽に興味を持つ方々や、海外からの来場者にBONSAIを伝えたいと言う想いをお持ちの方々から高い関心をお寄せいただきました。※本大会のボランティア募集に関して、詳しくは『第8回世界盆栽大会inさいたま』公式ホームページをご覧ください。『第8回世界盆栽大会inさいたま』 [全文を読む]

日本ボランティア支援協会 12月6日、7日 さいたまスーパーアリーナ 骨董アンティークフェアでの売上をさいたま市に寄付!! 当日は日本ボランティア支援協会の活動内容の展示いたします。

DreamNews / 2016年11月22日13時00分

ボランティア支援をするために設立された一般社団法人 日本ボランティア支援協会(埼玉県北本市/代表理事:中村綾子、以下当協会)は、2016年12月6日・7日にさいたまスーパーアリーナで開催される「骨董アンティークフェア」での売上の一部を、さいたま市に寄付致します。ボランティア支援をするために設立された一般社団法人 日本ボランティア支援協会(埼玉県北本市/代表 [全文を読む]

「いわつき・夢・コンサート」開催

クオリティ埼玉 / 2016年07月21日14時39分

さいたま市を中心にコンサートでの演奏をはじめ、小学校や福祉施設などでのボランティアや「アートフル夢まつり」など様々な音楽イベントにも参加し、幅広い演奏活動をしている。 主 催 さいたま市岩槻区 [全文を読む]

まもなく見頃!「サクラソウWeeks2017」~さいたま市

クオリティ埼玉 / 2017年03月18日10時15分

ボランティアによる解説・案内やパネル展示などがある。足を運んでみてはいかが? ◆サクラソウWeeks2017 (1)サクラソウ自生地の案内 日時:3月25日(土)~4月23日(日)9:30~16:00 場所:桜草公園内「田島ケ原サクラソウ自生地」(さいたま市桜区田島他) 内容:ボランティアによるガイド 費用:無料 (2)サクラソウ自生地見学会 日時:4月1 [全文を読む]

ちびっこ集まれ♪七里図書館「夏休み子ども人形劇」

クオリティ埼玉 / 2016年08月19日13時49分

一緒に出掛けてみてはいかが? ◆七里図書館「夏休み子ども人形劇」 ・日時:8月25日(木)10:30~11:30・会場:七里コミュニティセンター 多目的ホール(さいたま市見沼区大谷1210)・入場料:無料 ・主な内容:①めくり絵「子どもの海」(インドネシアの昔話より)②ペープサート「なにができるかな」③人形劇「こんびたろう」(日本の昔話より)・出演:人形劇 [全文を読む]

アクティブシニアの地域デビューを後押しする「地域デビュー川柳コンテスト」を開催します!~川柳を作って、豪華賞品をゲットしよう~

PR TIMES / 2017年07月19日12時00分

作 例:地域デビュー オレも名刺も 二枚目だ (2)こども部門 お題1.:「ぼくの、わたしの、ボランティア体験」 町内会やこども会の行事でお手伝いをしたり、家の外で人の役に立つことをして、 楽しかったことやうれしかったことを表現した川柳を募集します。 作 例:ひとだすけ やってるぼくが たすけられ お題2.:「おじいちゃん、おばあちゃんの元気のヒミツ」 [全文を読む]

子どもの安全を大きなテーマに「南区防犯講演会」開催~さいたま市

クオリティ埼玉 / 2017年01月16日13時16分

日 時 平成29年1月19日(木)13時30分~15時(開場13時) 場 所 さいたま市文化センター小ホール(さいたま市南区根岸1-7-1) 内 容 「防犯ボランティアが育む、子どもたちの安全と安心」~パトロールのコツ、身を守るコツ~」 講師:うさぎママのパトロール教室 主宰 武田信彦氏(安全インストラクター) 費用無料 定員340名(先着順・申込不要) [全文を読む]

「J:COM presents 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」 一般体験走行参加者及び大会ボランティア募集

クオリティ埼玉 / 2016年09月01日15時00分

「J:COM presents 2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」の一般体験走行参加者及び大会ボランティアの募集が始まった。 いずれも、平成28年9月1日(木)11:00から、大会ホームページ(http://saitama-criterium.jp/)またはFAXで応募できる。 一般体験走行参加者は、さいたま市民限定となっている。 日程 平 [全文を読む]

市民に大きな手ごたえあり!~薬物乱用防止キャンペーン

クオリティ埼玉 / 2015年05月26日14時21分

当日は50人余の薬剤師や学生、ボランティアが参加。ゆるキャラのヌゥやポッポちゃんも駆けつけ会場を賑わせた。 駅を往来する人達に「NO DRUG,KNOW DRUG」のうちわが配られ、多くの人々が興味を示した。 会場には、日常生活でだれに聞いてよいのかわからない薬の悩みや病院選びについて質問できる薬事相談コーナーや、大学教授兼薬剤師の先生が大麻と薬草の違い [全文を読む]

一歩会交流フェスティバル盛会!~観て 演じて 共に楽しんで

クオリティ埼玉 / 2014年12月18日15時01分

12月12日金曜日、さいたま市文化センター多目的ホールで、「ボランティアグループ一歩会交流フェスティバル」が開催された。第3回目を迎えたフェスティバルは、開場前から長蛇の列ができており、会場の椅子が足りなくなるほどの人が集まる盛況ぶりだった。会場の入り口には、浦和区仲町で活動中のフューチャーランドによる立体折り紙で構成された「街並み」が注目を集めていた。 [全文を読む]

鉄道博物館、10月に開館10周年記念イベント…来夏には新館オープン

リセマム / 2017年09月07日19時45分

開館記念日当日の10月14日には、イベントを盛り込んだ夜間延長営業を行うほか、記念グッズのプレゼント、ボランティアガイドによる懐かしい鉄道の体験イベントなどを予定している。 また、JR発足30周年記念展「進化する新幹線(仮題)」を、10月14日から2018年4月8日まで開催。北海道から鹿児島まで広がった新幹線ネットワーク、時速320キロ運転を実現するまでに [全文を読む]

スーパーフード「モリンガ」で貧困支援と地域活性!子ども食堂支援の「GRABANAmeal(グラバナミール)」2017年5月よりリリース!

PR TIMES / 2017年07月12日15時20分

飲食店はただの参加ボランティアではなく、積極的に子ども食堂やその活動に関わるサポーターになる。そのため、多くの地域の人々が利用し心の壁の少ない「飲食の場」で子ども食堂を知ってもらい、和を広げる手助けが自然と広がってく 。 [全文を読む]

猪熊弦一郎の展覧会『いのくまさん』がうらわ美術館で開催

FASHION HEADLINE / 2017年07月08日10時00分

会期中、毎週火曜と金曜には、図書館員とボランティアによる読み聞かせ会が行われる。加えて、7月15日から8月27日までは、自由に工作したり絵を描いたりできる「創作コーナー」が設置される。その他、7月22日と8月20日には学芸員が展覧会と作品を解説する「ギャラリートーク」も開催される予定だ。 【イベント情報】 「猪熊弦一郎展『いのくまさん』」 会期:7月8日 [全文を読む]

見守りタグと専用靴2,100セットを無料配布~ALSOK

認知症ねっと / 2016年11月28日12時00分

スマートフォンを持つボランティア等の数が増えるほど、感知性能が向上します。 またALSOKが蓄積する情報は、匿名の位置情報のみで、個人情報は含まれないのも特徴です。 2016年4月より、ALSOKはこの仕組みを一部の自治体に提供し、地域の見守りネットワーク構築に向けた実証実験を行っています。 今回ALSOKは、国土交通省の「スマートウェルネス住宅等推進モ [全文を読む]

フォーカス