判決 土屋アンナに関するニュース

土屋アンナさん「舞台公演中止訴訟」 敗訴の演出家「話にならない」と怒り爆発

弁護士ドットコムニュース / 2016年01月25日15時47分

ファッションモデルで女優の土屋アンナさんが稽古に参加しなかったため、舞台を中止せざるを得なくなったとして、演出家の甲斐智陽さんが計約3000万円の損害賠償を土屋さんと所属事務所に求めた訴訟の判決が1月25日、東京地裁であった。原克也裁判長は甲斐さんの請求を棄却した。判決後、甲斐さんは控訴する方針を示した。 ●演出家「お金の問題じゃない」 この日午後の法廷に [全文を読む]

土屋アンナが二度目の離婚…前夫2人の”泥沼災難”の舞台裏

デイリーニュースオンライン / 2016年01月22日19時00分

阿蘭澄史の「芸能人は因果な商売である」 主演舞台の“ドタキャン騒動”を巡る民事訴訟の判決を控える土屋アンナ(31)が、夫であるスタイリスト・菊池大和氏との離婚を1月21日に発表した。自身のブログに「私たち夫婦の生活、未来へ向けての価値観にずれが生じていました」とつづり、子どもの親権は自身が持つとした。土屋は2014年、一部週刊誌で1歳年上の実業家との“W不 [全文を読む]

土屋アンナ、その危険すぎる人脈…裁判沙汰、前夫の逮捕、2度の離婚

Business Journal / 2016年01月28日07時00分

土屋アンナが主演舞台を無断降板したとして、舞台監督の甲斐智陽氏から3000万円の損害賠償を求められていた裁判に今月25日、ついに判決が下された。損害賠償の請求は棄却され、昨年甲斐氏が土屋を誹謗中傷するような歌詞の楽曲『ANNA』を動画共有サイト上で公開したことに対する名誉棄損による1100万円の損害賠償請求という反訴に対し、33万円の支払いが認められた。土 [全文を読む]

土屋アンナ、因縁の裁判に完全勝訴…演出家は激ギレ、恫喝発言も

デイリーニュースオンライン / 2016年01月27日07時10分

判決では、甲斐氏側の訴えは全て棄却された。 その上、甲斐氏が発表した楽曲「ANNA」の歌詞が名誉毀損にあたるとして、甲斐氏側に33万円の支払いを命じたのだ。 ■「見てろよ!このまんまじゃ終わらないぞ」 実は14年12月に裁判所から出された和解勧告案では、土屋側が200万円を支払うという内容になっていた。つまり、今回の判決は甲斐氏にとっては、まさかの敗北とな [全文を読む]

土屋アンナさん「舞台降板訴訟」 裁判所が提案した「和解」って、どんな制度?

弁護士ドットコムニュース / 2014年03月24日17時35分

●「和解調書」は判決と同様の効力を持つ「『訴訟における和解』は、係争中の裁判の途中に、紛争解決を目的として、原告と被告の双方が互いに譲歩をして、訴訟のまな板に載った権利義務に関する一定の合意をしたうえで、裁判を終了させる訴訟上の行為です」好川弁護士はこう説明する。裁判の当事者がそれぞれ譲歩したうえで「一定の合意」をするわけだが、「訴訟上の行為」というのがポ [全文を読む]

酒井法子“舞台ドタキャン騒動”で今井雅之があらためて謝罪も、広がる事務所の悪評で遠のく本格復帰

日刊サイゾー / 2014年01月24日13時00分

さらに、過去に薬物事件で執行猶予付きの判決を受けた酒井のコンプライアンスの問題で、劇場やスポンサーとの契約に苦戦した状況などを、怒りのままに明かしたが、それが酒井の現状なのだという。 「昨年夏ごろから、関西を中心にパチンコ店のホール営業を始めているが、30分程度の営業でギャラは1本100万円。長期間拘束されてさほど金にならない舞台の仕事よりも、よほど効率が [全文を読む]

「完全なヤクザ!」土屋アンナを訴えた甲斐智陽がイジラれまくりで、舞台降板裁判がコント化!?

日刊サイゾー / 2013年12月17日13時00分

判決よりも、悪ノリした一部マスコミと甲斐氏の“コント”のほうが面白い!? [全文を読む]

世間の批判に「落ち込んだ……」 土屋アンナ舞台中止騒動の甲斐氏が裁判中の胸中激白

日刊サイゾー / 2013年12月11日17時30分

判決前に、映画化の準備を進めているとは驚きました。原作者の濱田朝美さんは、土屋さん側の味方についている形ですから、映画化でまた揉めるのは目に見えています。それにしても、おそらく甲斐氏は裁判中のメディア出演を、担当弁護士に止められていると思うのですが、よく出演しましたね。孤独な戦いに耐え切れず、誰かに話を聞いてもらいたかったのでしょうか」(芸能記者) 騒 [全文を読む]

フォーカス