雑誌 鈴木えみに関するニュース

広瀬すず、波瑠、西内まりや…旬の若手女優を続々輩出するSeventeen専属モデル

日本タレント名鑑 / 2016年06月03日10時55分

彼女たちの共通点はなんでしょう?それはファッション雑誌『Seventeen』の専属モデル、または出身者たちです。このほかにも現在活躍中の注目女優を多数輩出しているSeventeenモデル。彼女たちが女優として重宝される理由とは…。 2003年ごろ鈴木えみ、田中美保らの女優進出でSeventeenの注目度が高まるSeventeenでは1970~80年代に『ミ [全文を読む]

「こじはるかと」伝説のセブンティーンモデル・鈴木えみの現在。

messy / 2015年11月17日12時00分

11月10日、モデルの鈴木えみ(30)が自身のブログに、ファッション雑誌『Sweet』(宝島社)の撮影で訪れたプラネタリウムで撮った画像を投稿。星々を背景にライトアップされて写る鈴木の姿に、「神秘的な美女!」「こじはるかと思った!」など、ファンから称賛の声が上がっている。2013年に結婚、出産をし、芸能界での仕事量を極端に減らした鈴木。彼女の変わらぬ美しさ [全文を読む]

LAFORET FASHION WEEK ’12 開催! 9.29(Sat)-10.8(Mon) きゃりーぱみゅぱみゅ、ねごと、鈴木えみなど、旬のアーティスト・モデルも出演!

PR TIMES / 2012年08月21日12時25分

■ラフォーレミュージアム原宿では10.6(Sat)-10.8(Mon)の3日間限定のステージコンテンツとブースコンテンツが目白押し!ステージではライブ・ファッショショー・トークショーを実施し、ブースでは館内外のショップや雑誌社などがラフォーレファッションウィークのためだけに企画を展開します。【ステージ】■きゃりーぱみゅぱみゅ日本の若者を中心に大人気のアーテ [全文を読む]

10代&20代女性に人気の「イガリメイク」とは?

Entame Plex / 2015年06月08日15時55分

本書の著者であるイガリシノブは、雑誌『sweet』の表紙をはじめ、ファッション雑誌やメイク雑誌など数々の女性誌で活躍し、「イガリ流メイク」の特集ページも組まれるなど、今最も旬なヘアメイクアップアーティストのひとり。 今や「メイクをしてもらいたい!」と言う女優やモデルからのオファーも絶えず、モデルの鈴木えみがイガリにメイクをしてもらった際に、Instagr [全文を読む]

10代・20代女性に人気の「イガリ顔」とは? 書籍『イガリメイク、しちゃう?』も6万部突破!

PR TIMES / 2015年06月05日18時20分

[画像1: http://prtimes.jp/i/5069/164/resize/d5069-164-230775-0.jpg ] 本書の著者、イガリシノブさんは、雑誌『sweet(スウィート)』の表紙をはじめ、ファッション雑誌やメイク雑誌など数々の女性誌で活躍し、「イガリ流メイク」の特集ページも組まれるなど、今最も旬なヘアメイクアップアーティストです [全文を読む]

子育て真っ最中! モデル・鈴木えみが編集長を務める『s’eee』最新号は「MAMA&BABY」がテーマ 【インタビュー】

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月07日11時30分

雑誌『Seventeen』でデビューして以来、つねに、女の子たちの憧れのおしゃれアイコンとして、可愛さとクールさを兼ね備える鈴木えみさん。昨年の2月に結婚、10月には1児のママとなった彼女自らが編集長を務めるガールズマガジン『s’eee』は、普通のかわいいではなく、ハイセンスなs’eee的カワイイ=“Hiカワ”を届けてくれる。 最新号は、妊娠・出産を経ての [全文を読む]

産後すぐの激ヤセ! 山田優、田丸麻紀、鈴木えみらの驚嘆スタイル

messy / 2014年12月05日18時00分

そのほか安藤美姫(26)も産後2ヵ月でスケート衣装でも下腹部が全く違和感ないほどスリムに戻してショーに出場していたり、「見られる立場」の女性たちはとにかくみるみるうちに体重を落とし、その成果を雑誌やブログなどで報告する。倖田來未(32)は3カ月で15kg、小倉優子(31)は5カ月で11kg、さらに辺見えみり(37)は約2週間で7kgも減量したと明かしてい [全文を読む]

コーディネートアプリ「WEAR」 一般人の投稿もヒットの背景

NEWSポストセブン / 2014年06月05日16時00分

昔は雑誌を参考に服を買っていたのですが、雑誌のモデルさんはスタイルが良すぎて自分が着てみたときにイメージが違ってしまうことが多くて……。 その点、WEARの投稿者は自分のプロフィールに身長を載せているので、『自分と同じくらいの身長の人がこの服を着ると、こんな風に見えるんだ。このスカートはちょっと丈が長過ぎるかな』、などとイメージしやすいのが嬉しいです」(リ [全文を読む]

自然派カラコンNATURALIからViVi専属モデル玉城ティナさんがイメージモデルの「ナチュラリワンデーUVモイスチャー」(カラコン)・「ナチュラリクリアUVモイスチャー」(クリアコンタクト)新登場

PR TIMES / 2017年01月18日16時33分

ナチュラリ公式サイトにて予約販売受付中 http://www.naturali.co.jp/株式会社ナチュラリ(代表取締役社長 植島幹九郎)は、雑誌『ViVi』の専属モデルで女優としても活躍中の玉城ティナさんをイメージモデルとして起用した、1 日使い捨てコンタクトレンズ「ナチュラリ ワンデー UVモイスチャー」(カラコン)と、「ナチュラリ クリア UVモイ [全文を読む]

北川景子、生足美脚を披露! 北川が目指すいいオンナの条件とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月13日11時00分

7月13日(水)から放送される日本テレビ系ドラマ「家売るオンナ」では結婚後初の連ドラ主演を務める北川が、7月12日(火)に発売された雑誌『ar』の表紙に登場! だぼっとしたトレーナーワンピースに身を包み、生足美脚を披露している。誌面では、結婚に対してはもちろん、自身の性格や美容法、ライフスタイルについてたっぷりと語っている。 実はものすごく人見知りで、自分 [全文を読む]

本当はモデルがやりたかった!?高橋愛がハマる「はちみつレモン」って?

アサジョ / 2016年05月31日09時58分

時代にも、鈴木えみさんの雑誌の切り抜きを集めていたくらい、ファッションモデルは彼女のかねてからの憧れだったそうです。 そんな高橋さんが今夢中になっているのが「Q-pot.」のはちみつレモン。「Q-pot」は、元モデルのワカマツタダアキ氏のファッションブランドで、スイーツをモチーフにしたアクセサリーは、女子の心をわしづかみしています。「ホームメイドレモネード [全文を読む]

知ってる? いま話題の「雌ガール」

マイナビ進学U17 / 2016年04月20日12時02分

雌ガールがテーマの雑誌『ar』の表紙を飾るモデルさんのメイクも、もともとの肌の美しさを生かした最小限のベースメイクと、色気の出やすいパーツのみに凝ったポイントメイクで仕上げられています。例えば、自眉毛や自まつ毛を生かしたアイブロウやマスカラ、ナチュラルな涙袋メイク、ぽっとする体温を感じさせるチークなどに加え、薄い色のリップグロスを軽く乗せるだけでも、みずみ [全文を読む]

鈴木えみがネイル論を語る「爪は短く単色塗りがマイルール」

ハピプラニュース / 2016年01月27日05時47分

鈴木えみのあれこれこだわりがいっぱいな指先をピックアップ! お気に入りのマニキュアやケアグッズを雑誌『MAQUIA』の公式サイト「MAQUIA ONLINE」で紹介しています ◎長さは短く&単色塗りがマイルール! 「ネイルも、こだわり多いかも。まず、絶対にショートネイル派です。かれこれずーーっと。むしろ深爪になりたい、本気で(笑)。身体全体の面積でいうと小 [全文を読む]

芸能人がハワイへ行くと高確率で写真に映り込む謎の女・マキさん

messy / 2015年04月05日12時00分

2005年に、女性ファッション誌『Sweet』(宝島社)にて初めて雑誌のコーディネートを務め、その後はオファーの尽きない人気コーディネーターへと成長を遂げた。2012年にハワイ州観光局のアドバイザーに就任し、山田優が祖父の葬儀を欠席してオープニングパーティに足を運んだと炎上したオーガニック・スパブランド「Malie Organics」、セレクトショップ「 [全文を読む]

榮倉奈々が突き進む女優道

アサ芸プラス / 2014年08月22日09時59分

榮倉さんは学生時代から女優志望ですし、事務所の先輩の唐沢寿明さんたちから『結婚して辞めるなら別だが、そうでないなら若いうちはどんどん難しい役に挑戦した方がいい』とアドバイスされたのが大きいそうですよ」(芸能関係者) 榮倉といえば、中学2年生の時から雑誌『SEVENTEEN』で活躍した元モデル。『SEVENTEEN』モデルは結婚して第一線から退く者が多く、女 [全文を読む]

清純と思いきや遊び人? 12股伝説の榮倉奈々に新たなエロ疑惑

メンズサイゾー / 2012年07月22日14時00分

むしろ田舎育ちのノホホンとしたお嬢様、というイメージに見られがちでは? 数年前にはホストクラブにハマッていると伝えた雑誌もありました。歌舞伎町の高級ホストクラブのVIPルームでドンペリをあけて盛り上がる彼女の姿を何度か目撃した、という内容でしたね」(芸能記者) 12股にしろ、ホスト遊びにしろ、にわかには信じがたい話だ。だが、記者は彼女と夜遊び仲間だった時期 [全文を読む]

フォーカス