豊臣秀吉 豊臣秀頼に関するニュース

【エンタがビタミン♪】中川大志が“真田丸ロス” 堺雅人や竹内結子と別れを惜しみ「父上の陣羽織をこっそり」

TechinsightJapan / 2016年12月21日11時25分

小日向文世の熱演が話題となった豊臣秀吉と竹内結子演じる側室・茶々(淀殿)の第2子として生まれた豊臣秀頼(幼名・拾)役を務めたのが中川大志である。最終回を見た彼は19日、『中川大志オフィシャルブログ』にて「はあ…終わってしまった… 真田丸ロスが始まってます」とため息まじりに切り出した。いちファンとしての喪失感はもちろんながら、自身が撮影に関わっただけに格別 [全文を読む]

【歴史群像デジタルアーカイブス】「大坂の陣」関連はじめ39タイトルを新電子書籍ストア「BookBeyond」にて先行独占販売

PR TIMES / 2014年04月07日11時00分

【タイトル一覧】『黒田官兵衛の臣下「黒田二十四騎」随一、黒田節のモデル「母里太兵衛」・「豊臣秀頼」天下人の後継者』(渡辺誠 著)『上杉謙信の生涯「1越後統一・2関東管領・3川中島、対織田」』(安西篤子 著)◆『常勝の秀吉軍の戦略』(大山格 著)『織田信長の上洛戦・桶狭間合戦』(大山格 著)『豊臣秀吉の評価と実像』(宮本義己 著)『「小牧・長久手合戦」両雄の [全文を読む]

今日の『真田丸』で滅亡する北条氏 でもその後どうなったの?

しらべぇ / 2016年06月19日06時00分

第24回「滅亡」では、豊臣秀吉による惣無事令(私戦の禁止)に違反して攻められた北条氏が滅亡する物語が描かれる。群雄が割拠し、下克上も絶えなかった戦国時代。江戸幕府が開かれ、いちおうの平和が戻るまで、数多くの大名家が攻め滅ぼされ、歴史の表舞台から消えた。しかし、その後はどうなっているのだろうか?代表的なケースをいくつかご紹介しよう。(1)北条家→河内狭山藩1 [全文を読む]

歴史考察の鍵を握る英雄たちの「身長」 犬公方は小人だった?

しらべぇ / 2016年12月03日21時00分

一方、豊臣秀吉はわずか140cmしかなかった。16世紀においても、これはかなり小柄な部類だ。しかも彼は貧農の出だったことを考えると「あいつは卑しい家柄の猿だから......」と言われ続けたに違いない。同時に、生まれながらの身体的コンプレックスが天下取りの野望につながったとも言える。■犬公方は小人症!?しかし、その秀吉の嫡男である豊臣秀頼の身長は196cmも [全文を読む]

竹内結子「真田丸」での小悪魔演技に主演の堺雅人もタジタジ?

アサ芸プラス / 2016年05月29日17時57分

豊臣秀吉の側室でありながら、堺雅人(42)を迫り倒す名艶技を先行公開! 本作で竹内が演じるのは、戦国一の美女との説もある浅井茶々。言わずと知れた豊臣秀吉の側室であり、のちに天下人・豊臣秀頼の母・淀殿となる。「真田丸」の脚本は、時に史実を無視して盛り上げる癖のあるあの三谷幸喜氏。はたして、竹内演じる茶々をどんなふうに「盛り上げ」たのか──番組制作関係者が明か [全文を読む]

「理想の社長」対決!秀吉と家康、カリスマ上司はどちら?

しらべぇ / 2016年04月04日05時30分

信長亡き後の日本を率いた二巨頭、豊臣秀吉と徳川家康もまた、人気のある歴史人物である。■「上昇」と「安定」の対決豊臣秀吉は名もなき貧農の生まれながら、己の才覚だけで出世を重ねついに天下を取った男。まさに日本史上最大のサクセス・ストーリーの体現者で、また強大な財力を背にしていたことから「上昇・拡大志向の政治家」と見なされる向きがある。一方、徳川家康は2世紀半存 [全文を読む]

真田一族の夢の跡。40枚の写真で綴る隠れた名城・上田城の物語

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日01時00分

中には豊臣秀吉が好んだ金にちなんだ金箔瓦もあったことから、豊臣秀吉に臣従していた真田昌幸時代のものである可能性もあるそうです。 北東隅櫓跡 上田城本丸は他の幾つかのお城同様、鬼門除けのために北東隅に切り欠きを設けていました。これで鬼門である北東角を無くそうといういとがあるのです。そのため、北東隅櫓も2つ存在していました。形式は他の隅櫓や現存する西櫓と同様だ [全文を読む]

ネタバレ注意!歯は抜け落ち、白髪だらけ…NHK大河ドラマ『真田丸』の今後の展開は?

tocana / 2016年02月11日19時00分

20歳、豊臣秀吉の人質となる。24歳、初陣(北条攻め)。25歳、結婚(豊臣家臣の大谷吉継の娘)。32歳、豊臣家に仕える(秀吉死去)。34歳、父(昌幸)とともに石田三成に従い、徳川家康と対戦。軍勢3万8000人の徳川秀忠を上田城にて軍勢2500人で迎え撃ち、勝利する。しかし、昌幸、信繁親子が加担した石田三成が関ヶ原の戦いで敗れたため、敗軍の将となったふたりは [全文を読む]

中川大志、永野芽郁、浦上晟周…『真田丸』キャストの中で光った「2017年ドラマ&映画界の顔」

日本タレント名鑑 / 2016年12月22日11時10分

真田信繁(幸村)を演じた堺雅人さんはもちろん、その父親・昌幸役の草刈正雄さん、豊臣秀吉役の小日向文世さんらの多くの“真田丸俳優”が話題になりましたが、そんな芸達者ぞろいのキャスト陣の中で、キラッと光った3人の若手キャストに注目しました。 “注目の若手イケメン”から成長 「秀頼」役で幅広い層に支持を広げた中川大志まず『真田丸』終盤のストーリーで強い印象を残し [全文を読む]

真田丸『第41話』裏解説。家康はなぜ豊臣家との決戦を急いだのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月16日22時00分

かつて北条氏政が氏直に、織田信長が信忠に、豊臣秀吉が秀次に、権力を継承したケースを。彼らは、後継者に本家の家督を譲って、自身はグループ全体の総帥におさまり、軍事・政治の実績を積ませていった。家康も、基本的には同じ方式で秀忠に権力を継承しようとしていたことがわかるだろう。 しかし、関ヶ原に参戦できなかった秀忠は、軍事的な実績をつむ機会を失ってしまった。そして [全文を読む]

「真田丸」中川大志&小林隆が秀吉の野望の地へ!

Smartザテレビジョン / 2016年10月07日23時12分

名護屋城は、「真田丸」では小日向文世が演じた豊臣秀吉が、1592年から1598年にかけて朝鮮出兵のために大名、小名を結集させた最前線の地。波戸半島を中心に城塞化し、その周辺3kmの範囲には「真田丸」の登場武将のほとんどが顔をそろえる130カ所もの陣屋があったという。その結果、20万人近い武士や町人が集まり、大坂に次ぐ巨大な町が出来ていた。 小林は、自らが [全文を読む]

大坂の陣は、失業者や就職浪人たちの総決起集会だった! 大河ドラマよりもひと足先に『真田十勇士』が劇場公開

おたぽる / 2016年09月22日14時00分

安定した新時代になじめないそんな流れ者たちが、今は亡き豊臣秀吉が築いた名城・大坂城へとぞくぞくと集まる。いわば、大坂の陣は失業者や就職浪人、危ないことが大好きな半グレ集団たちによる、当時の絶対的与党・徳川政権への大決起集会だった。 10万人ものはぐれ者たちが集まった大坂城の中で、豊臣秀頼の母・淀君から大きな期待を寄せられたのが戦国時代を生き抜いてきた知将・ [全文を読む]

他人ごとではない!夫以外との子を育てている「托卵女子」の割合が判明

しらべぇ / 2016年07月28日06時00分

・合わせて読みたい→『真田丸』豊臣秀吉も激怒! 自分の種でない子を「托卵」される男たち(文/しらべぇ編集部・猫山ニャン子)【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日対象:全国20代~60代の既婚女性435名(有効回答数) [全文を読む]

【真田丸】「悲劇の関白」豊臣秀次の切腹に新説を描く

しらべぇ / 2016年07月20日05時30分

豊臣秀吉の姉の息子にして、秀吉の養子だ。秀吉は子に恵まれなかった。だから姉の智(日秀尼)の子を養子にするという手段に打って出る。そのうちのひとりが、秀次。彼は小牧・長久手の合戦では大敗したが、それでも秀吉に期待をかけられていたようで最終的に関白の座を譲り受けている。ところが秀吉と淀君の間に健康な男子(のちの豊臣秀頼)が誕生すると、あくまでも養子に過ぎない秀 [全文を読む]

豊臣秀吉 側室の淀殿より身長が28cmも低かった

NEWSポストセブン / 2016年07月19日07時00分

慎重な性格からか、生モノには一切口をつけず、性病を恐れ、遊女も遠ざけたと言われている」(篠田氏) 篠田氏が「実は家康が恐れていた」と言うのが、豊臣秀吉の後継者・豊臣秀頼だ。 「秀吉の側室で秀頼の母・淀殿は女性の平均身長が149cmの戦国時代に168cm、65kgの大柄な女性だったと伝えられる。180cmを超える巨漢だった父・浅井長政の遺伝でしょう。 秀頼も [全文を読む]

真田丸『第26話』裏解説。朝鮮出兵の裏で起きていた奥羽の反乱

まぐまぐニュース! / 2016年07月03日13時00分

彼は豊臣秀吉の考えている事を敏感に感じることができる上に、豊臣家を守るという使命感を持っている。だが、秀頼の生まれた今、その聡さこそが仇となる。彼はその運命に気づいている。 — 地雷魚『越天の空』7/9 新潮社より発売 (@Jiraygyo) 2016年7月3日 大河最強の死神、あの信長すらナレ殺しにした有働アナの死亡宣告さえも「まだ早い」の一言でキャンセ [全文を読む]

大人気声優を起用「真田十勇士(作:小前亮)」第2弾配信開始!銀河英雄伝説やアルスラーン戦記の朗読化をしているキクボンがオーディオブック化! 長野を中心に地縁のある豪華声優陣で制作!真田幸村は羽多野渉!

DreamNews / 2016年06月15日16時00分

その後のはげしい後継者争いには、豊臣秀吉が勝ち残った。秀吉は信長の 意志を継ぎ、天正十八年、北条氏をくだして、日本全国を統一した。戦乱の世は終わり、平和がやってきたかに思えた。だが、それは見せかけの平和であった。 豊臣家の支配がつづくのか、新たな覇者があらわれるのか、天下の行く末はまだわからない。これはそうした時代にはじまる物語である―。■原作者 小前亮( [全文を読む]

大人気声優を起用「真田十勇士(作:小前亮 )」全巻を銀河英雄伝説やアルスラーン戦記の朗読化をしているのキクボンがオーディオブック化! 長野を中心に地縁のある実力派声優陣で制作!真田幸村は羽多野渉!

DreamNews / 2016年05月30日12時00分

その後のはげしい後継者争いには、豊臣秀吉が勝ち残った。秀吉は信長の意志を継ぎ、天正十八年、北条氏をくだして、日本全国を統一した。戦乱の世は終わり、平和がやってきたかに思えた。だが、それは見せかけの平和であった。豊臣家の支配がつづくのか、新たな覇者があらわれるのか、天下の行く末はまだわからない。これはそうした時代にはじまる物語である―。■原作者 小前亮(こま [全文を読む]

『真田丸』豊臣秀吉も激怒!自分の種でない子を「托卵」される男たち

しらべぇ / 2016年05月22日18時30分

今夜放送の第20回「前兆」では、豊臣秀吉の側室となった茶々が懐妊。しかし、それを批判する落書きが書かれたとして、残虐な処罰が行われる様子が描かれる。事件は1589年(天正17年)。この出来事は「聚楽第落首事件」とも呼ばれ、同時代の資料『多聞院日記』や『言経卿記』にも記録されている。落書きされていた言葉は定かではないが、一説には...「大仏の 功徳もあれや槍 [全文を読む]

豊臣秀頼は「不倫の子」?実父と疑われる4人を検証

しらべぇ / 2016年04月30日06時00分

史実では、天下人・豊臣秀吉の側室となった茶々は2人の子を産む(夭折した鶴松と豊臣秀頼)。しかし、10人以上の妻(宣教師ルイス・フロイスの記録によれば300人)を持ちながら実子を授かったのがほぼ茶々のみであるため、当時から秀頼が本当に秀吉の子であるのかが疑われていた。三谷脚本がどう描くかは今後に期待だが、当時から現代まで、茶々の「不倫相手」=秀頼の父として疑 [全文を読む]

フォーカス