羽柴秀吉 豊臣秀吉に関するニュース

【真田丸】関ヶ原は「毛利劇場」西軍総大将・毛利輝元の誤算

しらべぇ / 2016年08月14日05時30分

その最先鋒を担ったのは羽柴秀吉、のちの豊臣秀吉だ。だが、その最中に信長が殺される。そのため各方面に進出していた織田軍は、突如の撤退を余儀なくされた。それは中国攻めに当たっていた秀吉も同じ。一刻も早く高松城攻めを終わらせ、明智光秀を討つために畿内へ引き返さなくてはならない。それはすなわち、毛利と和睦するということだ。結果的に、この和睦は成立した。ということは [全文を読む]

さらば秀吉、ありがとう……BSプレミアムで自己最高タイ! やっぱり注目度が高かった『真田丸』第31話「終焉」レビュー!!

おたぽる / 2016年08月09日17時00分

天正元年(1573年、作中の秀吉死去は慶長3年で1598年)、織田信長に命じられて秀吉(当時はまだ羽柴秀吉)が彼を処刑しているわけだが、この万福丸はこれまで『真田丸』に登場していないし、エピソードとしてもほとんど語られていなかったと思う。ちょっとわかりづらいっすよ、これ……。 [全文を読む]

本能寺の変、「本当の裏切り者」は誰なのか 教科書が教えない「明智光秀」以外の真犯人

東洋経済オンライン / 2017年05月01日11時00分

天下統一の手応えをつかみ、意気揚々と安土に帰還した信長でしたが、まもなく部下の羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に任せていた中国攻めで毛利氏の大規模な反攻が始まり、応援を要請されます。信長はすぐさま同じ部下の明智光秀に出陣を命じ、自身もその準備にとりかかる中、京都へ向かいました。このとき、信長が連れていたのはわずかな手勢のみで、配下の諸将は皆、各地で奮戦中でした。 [全文を読む]

真田丸『第41話』裏解説。家康はなぜ豊臣家との決戦を急いだのか?

まぐまぐニュース! / 2016年10月16日22時00分

どうやってあの絢爛豪華に輝く大坂城を築けたのか、羽柴秀吉がたった一代で「豊臣」を築いていってのか。その過程を知る者たちが残ってないんだ…。これは滅びるしかないよの #真田丸 — 賽芙/爆死の覚悟はできている (@saifuyou) 2016年10月16日 長兵衛も幸村も、お寺に一例して去るのが、高野山だからこその御寺への信仰、礼儀もあるんだろうけど、お互い [全文を読む]

姫路城、なぜ人気沸騰&客殺到で3時間待ち?5年に及ぶ大修理の費用、たった1年で回収?

Business Journal / 2016年04月08日06時00分

ちなみに、それ以前に1580年から3年間にわたって城主だった羽柴秀吉(豊臣秀吉)は三重天守を築いている。 以来、城主は何度も代わったものの一度も戦火に見舞われることなく、太平洋戦争の空襲も免れた。それゆえ、築城当時の姿を今日まで残している。その本物の価値が認められ1993年、日本の木造城郭建築の代表例として、奈良の法隆寺とともに日本初の世界文化遺産に登録さ [全文を読む]

『真田丸』有働由美子アナこそ天下取り!?織田信長も明智光秀もあっさり殺す「ナレ死」が話題に

AOLニュース / 2016年02月16日21時00分

明智に至っては、死の場面どころか「死亡した」と言葉で明確に表現されることすらなく「6月13日 明智光秀は山崎の合戦において羽柴秀吉に敗れた」というナレーションのみであった。 この有働アナウンサーのナレーションによる名武将たちの死亡描写に、ネット上では、「ナレ死」という造語まで登場。視聴者からは「ここまであっさりwww」「武田勝頼くらいだよな。それ以降ほぼナ [全文を読む]

ついに本性現る!?山田孝之の“腹黒秀吉”が怖い!

Movie Walker / 2015年12月28日10時00分

そんな戦国史のクライマックスが展開される今作で、山田は後の豊臣秀吉こと、羽柴秀吉を好演。史実では信長の忠実な家臣だが、この物語の秀吉は、信長の暗殺を図る悪役として登場する! 信長の前では常に主君を敬う穏やかな表情を浮かべているものの、腹の中では、過去の戦での恨みから信長に対して激しい憎悪を燃やす。情けもかけずに信長の首を獲ろうと、猛々しい声で「敵は本能寺 [全文を読む]

秀吉、天下獲りの裏に巧みな嘘と情報操作!明智光秀、信長倒すも致命的なミス

Business Journal / 2015年07月24日06時00分

羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)が想定していた以上に速く引き返してきた(中国大返し)。 ・徳川家康を討ち取ることができなかった。 ・筒井順慶と細川藤孝が協力してくれなかった。 ・摂津の大名(中川・高山・織部など)を味方にできなかった。 しかし、この光秀の失敗にはいくつかの謎があります。まず、信長と信忠の首を確保できなかったという点ですが、首がなければ「信長と [全文を読む]

フォーカス