末裔 豊臣秀吉に関するニュース

京都の梅の名所「北野天満宮」にある七不思議

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日19時00分

豊臣秀吉 豊臣秀吉は、自らが神となり、豊臣家が神の末裔になることを望んだと言います。秀吉の墓所・豊国廟(現在は阿弥陀が峰山頂)が造られた当時に描かれた狩野永徳作の洛中洛外図屏風にその証拠を見ることが出来ます。秀吉を祀る豊国廟の建物は北野天満宮を模して造られているのです。拝殿と本殿を石の間でつないだ神社形式の建物であったことが確認出来るのです。 先ほど三光 [全文を読む]

史上初!武田家の秘宝「清光」を『武将の末裔 伝家の宝刀』が誌上公開。高倉健さんの秘話も必読

PR TIMES / 2017年03月15日12時38分

人気を博した「武将の末裔シリーズ」の第三弾! 朝日新聞出版は、「武将の末裔」シリーズ第三弾となる週刊朝日ムック『武将の末裔 伝家の宝刀』を3月15日に発売します。 刀剣にスポットを当て、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康らの末裔しか知りえない刀剣にまつわる事件を本誌だけに語ってもらいました。刀剣本は数多あれど、子孫が語るシリーズは本誌のみです。さらに武田家の秘宝 [全文を読む]

【詠み人知らず】「鳴かぬなら…」ホトトギスで有名な俳句に織田信成を組み入れるとこうなった!

秒刊SUNDAY / 2017年04月12日18時31分

織田信長の末裔でフィギュアスケーターの織田信成さん。非情な性格だった祖先の性格とは裏腹な優しい泣き虫気質で有名です。これをホトトギスの俳句に組み入れると面白い結果となりました。織田信長泣かぬなら殺してしまえホトトギス豊臣秀吉鳴かぬなら鳴かせてみせようホトトギス徳川家康鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス織田信成泣く— アキラ (@akr46GHz) 2017 [全文を読む]

安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係

まぐまぐニュース! / 2016年08月08日04時45分

そうなると、「長州閥」「薩摩閥」なんていうものは古色蒼然と…と、思いきや、上記の系図のとおり現在の政治の中心にいる安倍首相や麻生太郎氏はまさに長州藩、薩摩藩の末裔です。 そして、その親戚関係にはご覧のとおり歴代総理大臣の名前が多数みられます。先ほど、安倍首相と麻生太郎氏の親戚関係の中で「いとこの奥様の…って、意外と遠い関係」という旨を書きましたが、実はこの [全文を読む]

豊臣家滅亡も木下藤吉郎に繋がる木下家19代目は健在

NEWSポストセブン / 2016年05月04日07時00分

同作に登場する人物の実際の「末裔」はどんな人なのだろうか。 『真田丸』第14話でついに登場した天下人・豊臣秀吉。小日向文世が怪演している。 「4月は3代目の俊長が祀られている横津神社(大分県速見郡日出町)の大祭。5月は日出町主催の城下かれい祭り、10月は日出藩の守護神だった若宮八幡宮の例大祭があり、年に3回は当主として行事に出席するために日出町に行きます」 [全文を読む]

尾上松也、BS11を見る前に「諦めないで!」

Smartザテレビジョン / 2017年05月10日09時00分

今も“何代目当主”という末裔(まつえい)の方がいらっしゃるわけですから。「今の徳川家はどう過ごしているか」「今の世をどう思うか」、そして「家康はどういう存在なのか」など、いろいろと聞いてみたいですし興味深いです。 [全文を読む]

<Wコラム>康熙奉(カン・ヒボン)の「日韓が忘れてはいけない人」~加藤清正(前編)

Wow!Korea / 2016年08月10日20時29分

ただし、江戸時代に熊本を治めたのは細川家であり、その末裔からは総理大臣まで出ている。それでも、地元での名声は加藤清正が断然、という雰囲気だ。■加藤清正の廟所豊臣秀吉の子飼いの武将であった清正が肥後(現在の熊本県)に入ったのは1588年だった。朝鮮出兵を考えていた秀吉が、その布石としてまず清正を九州に配したと言われている。実際、清正は1592年から始まった文 [全文を読む]

韓国人はいま「日米と中国の間でどちらにつくか?」で悩み中

NEWSポストセブン / 2015年04月16日16時00分

リュ・シウォンはその14代目で「河回(ハフェ)・柳氏」の末裔だ。今は民俗村として観光地になっている慶尚北道・安東の「ハフェマウル(河回村)」に先祖の立派な旧家があり、ここは韓流ファンの観光スポットの一つになっている。 話題のKBSのドラマは「光復70年記念」と銘打っている。したがってドラマ制作の背景には明らかに現在の東アジア情勢への関心がある。韓国とすれ [全文を読む]

信長はなぜ?「本能寺の変」の真実を明智光秀の子孫が解き明かした

リテラ / 2014年12月22日13時06分

光秀の末裔であり本書の著者である明智憲三郎氏は、歴史学者でもなければ、学術畑でもない。なんと本職はシステムエンジニアで、大手電気メーカーに入社後、一貫して情報システム分野で活躍してきたのだ。その理系の発想をもって、これまでの「定説」をことごとく否定する論理的手法も話題に拍車をかけている。 さて著者自身が本書の特徴として挙げているのが、その独自の検証方法。 [全文を読む]

歴☆女子会一押しの歴史小説『神剣の守護者』(智本光隆著)を期間限定セール

PR TIMES / 2014年11月12日14時41分

■セール対象タイトル タイトル:『神剣の守護者』 著者:智本光隆、今市子 (イラスト) 発行:学研パブリッシング 販売価格(税抜):通常価格952円→特別価格500円 セール期間:2014年11月25日まで 内容紹介: 「天下を統べるにふさわしき人物が現われるまで、この剣を守護せよ」 第六天魔王・信長が敵にした男は、軍神・楠木正成の末裔だった! 信長の伊 [全文を読む]

フォーカス