名前 豊臣秀吉に関するニュース

豊臣秀吉、織田信長、明智光秀。あの有名武将たちの「茶の湯」にまつわる裏話

Woman Insight / 2014年02月04日19時00分

名前:千利休 本名:田中与四郎 生まれた年:1522年 初めての茶会:1544年 好きな人:豊臣秀吉 苦手な人:津田宗及 19歳で父を亡くし、以後、父の残した財を元手に商売に精を出し成功。宇治の上林家と契約して茶を一手に卸すなど、実はもとは「茶」にまつわる商売を展開していたんです。茶の湯者としての脚光を浴びたのは、実は織田信長・豊臣秀吉に見いだされた晩年 [全文を読む]

【京都】通り名の由来から感じる、古都・京都の風情

TABIZINE / 2015年09月04日13時00分

市街地を走る通りには、一つひとつ名前が付けられているのをご存知ですか? 今回は、京都の通り名と、その由来をご紹介。読んだ後に京都を歩けば、今まで知らなかった古都・京都の風情を感じられるかも! 一条(いちじょう)通り 京都の町は、「ナクヨウグイス平安京」でお馴染みの平安京の都を基盤に作られています。つまり、1200年以上も前の道が、今も残っているんです。一条 [全文を読む]

野村萬斎、市川猿之助、佐藤浩市…“浅からぬ縁”の連鎖!『花戦さ』応援者が次々名乗りをあげる“不思議”な映画

dmenu映画 / 2017年06月05日07時00分

名前も猿之助で猿だしね」と。 『花戦さ』6月3日より全国にて公開 (c)2017「花戦さ」製作委員会 千利休を演じるアプローチ 猿之助に頭を踏まれた佐藤浩市は、『花戦さ』で千利休を演じるにあたり、表千家でお茶を学んだ。学びながら、この映画の中での利休=お茶を、背筋が伸びた鋭角的な姿から差し出すものではなく、どこか丸みのある世界観から示されるものにしたいと [全文を読む]

思わず背筋がゾッとする。京都の地名に隠された怖いエピソード8選

まぐまぐニュース! / 2017年05月09日04時30分

その景観の美しさもさることながら、古都らしく珍しい名前の地名が多く残るのも魅力のひとつとなっています。今回の無料メルマガ『おもしろい京都案内』の著者・英学(はなぶさ がく)さんは、そんな中でも「恐ろしく、そして切なくもある由来」を持つ地名を紹介してくださっています。 京都の地名に隠された由来 今となっては世界中から沢山の観光客が訪れる美しい古都・京都も実は [全文を読む]

【真田丸】数万の軍勢すら敵わなかった「女たちの交渉能力」

しらべぇ / 2016年12月04日10時00分

だからこそ、彼女たちの名前がちゃんと記録にも残る。それと真逆なのが、武田信玄だ。彼の場合は実母、正室、継室、側室を含めて女性たちの本名が未だ分かっていない。たとえば武田勝頼の母である「諏訪御料人」の本名は、あれだけドラマチックな人生を送ったにもかかわらず今も不明のまま。小説を書く上ではそれでは困るので、新田次郎は「湖衣姫」、井上靖は「由布姫」と命名した。こ [全文を読む]

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

名前の由来は毘沙門天様をお祀りする為付けられたと言われています。境内の宸殿にある狩野益信作のだまし絵「動く襖絵」で有名なお寺でもあります。 毘沙門堂には「毘沙門しだれ」「般若桜」と呼ばれる樹齢150年の桜があります。枝張りが約30mもあり見上げると圧倒されます。また勅使門と桜のコラボは絵画の様な美しさです。この枝垂れ桜はJR東海の「そうだ京都、行こう。」の [全文を読む]

巷で語られる“フリーザ様こそ理想の上司”説を専門家も認める7つの根拠

週プレNEWS / 2015年04月24日06時00分

また、悟空やネイルなど敵であっても実力を客観評価してリクルートするスタンスは素晴らしいと思います」 たぶんサイヤ人に関してはM&Aのようなことをして丸ごと部下にしたのではと予測できますし、そうやってつくり上げていった多種多様な人材を擁した混成部隊は組織として厚みがあります! 「それにトップの人間がラディッツ(悟空の実兄)のような末端戦闘員の顔も名前もしっか [全文を読む]

大坂城豊臣石垣公開プロジェクト 太閤なにわの夢募金 国内最大のクラウドファンディングサイト「ジャストギビング」にて募集開始

PR TIMES / 2014年07月03日14時20分

また、ジャストギビングを通じた寄附総額が100万円を達成した場合、石垣公開施設内に設置する記念芳名板に「太閤なにわの夢募金応援団」と掲示するとともに、寄附者の名前を芳名帳に記載し、館内に永年保管します。 [全文を読む]

鬼を殺した刀、長すぎる刀…オタク垂涎あの名刀の仰天伝説!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年05月30日11時30分

そんな美しい刀に似合うキャラを考えてみるのも楽しいのでは? そして、ちょっと変わった名前なのが佐々木小次郎の愛刀である物干し竿。巌流島での宮本武蔵との戦いでも使用したこの刀の長さは、およそ1m。「なんだ。物干し竿なんて言うほど長くないじゃないか」と思った人もいるかもしれないが、実は彼がこの刀を使っていたのは江戸幕府を開いた徳川家康が刀の長さを2尺8寸9分( [全文を読む]

『花戦さ』けったいな僧侶役の野村萬斎 天真爛漫が演技の軸

NEWSポストセブン / 2017年05月26日07時00分

人の名前を覚えるのが苦手。権力にも世俗にも興味がないから、その場の空気も読めないし、読もうともしない。けれども、花に対する感受性の鋭さは比べるものもない──。映画『花戦さ』でそんな、“けったいな”僧侶、初代・池坊専好を演じた野村萬斎(51才)。「きれいな花を見れば、身も心も吸い込まれていく。そして“ああ、きれいだ”と感情を露わにする。そうかと思えば放心状態 [全文を読む]

ココが正念場? 天王山? 「勝負所を表す言葉」をうまく使い分けたい

しらべぇ / 2017年05月14日21時00分

天王山は、豊臣秀吉がそこを先に占領することに成功し、織田信長の仇である明智光秀を討った土地の名前から。天下統一を決めた分岐点になっている為、勝負を決める大事な局面を表す言葉。関ヶ原は、豊臣秀吉の死後、日本全国の大名が徳川派、豊臣派に分かれて戦った決戦の地であり、天下を二分する大きな争いを表す言葉。瀬戸際は、元々は両側の陸地が接近し、海が狭くなっているところ [全文を読む]

最強の陰陽師・安倍晴明を祀る京都のパワスポ「晴明神社」のご利益

まぐまぐニュース! / 2017年02月17日01時00分

漢学者・三好清行の葬儀の列がここを通りかかった際に、一瞬生き返ったという伝説がこの橋の名前の由来です。 嫁入り前の女性は嫁が実家に戻って来てはいけないという意味から、京都ではこの橋に近づかないという習慣があります。また、太平洋戦争中に兵役を召集された男子とその家族が無事に戦争から戻ってくるようにとこの橋を渡り願ったと言います。晴明神社の境内にはこの橋のミニ [全文を読む]

栗山監督の「人たらし戦略」は豊臣秀吉、加藤清正に学んだ

NEWSポストセブン / 2017年02月02日16時00分

井沢:監督は選手を下の名前で呼びますよね。それも人たらしの戦略ですか? 栗山:はい、そうですね。プロ野球って監督と選手の距離感がまだまだ遠い。近づきすぎない程度で、選手が遠慮せずに自分を出せるようにしたいんです。 井沢:去年はペナントは大逆転で優勝し、CSや日本シリーズでもその采配が絶賛されました。短期の戦い方と長期の戦い方をどのように分けているんですか [全文を読む]

<Wコラム>両班が増えた理由、あなたは本当に「韓国」を知っている?

Wow!Korea / 2016年09月01日17時53分

由緒ある血統を誇る根拠は何百年間記録してきた「族譜」に名前が載っているかいないかに関わりますが、【1】十六世紀末に豊臣秀吉が朝鮮を侵略したため、貴重な文化財とともに重要な文書類が焼失した。その際大部分の「族譜」も消失してしまい、どさくさに紛れて、血筋の不確かな人が「族譜」を改造して名家の一員になったケース。【2】十八~十九世紀に豪農が台頭し、お金で没落貴族 [全文を読む]

安倍家と麻生家の家系図を辿ってわかった歴代総理の異常な親戚関係

まぐまぐニュース! / 2016年08月08日04時45分

自身の祖父のいとこの配偶者の甥って、普通は名前も顔も思い浮かばないですよね。(家系図作成を専門に行っている私でも全く分かりません…) 但し、安倍首相と麻生太郎氏を中心として描いた家系図をもっと引いた目で見ていきますと、なかなかに興味深いものがあります。 日本の歴代総理大臣に150年続く、ある「共通点」 家系図を俯瞰してみると明治維新の雰囲気が! ご存知の [全文を読む]

千利休、切腹の謎。「真田丸」でも描かれた京都「大徳寺」のヒミツ

まぐまぐニュース! / 2016年08月05日04時45分

日本史が好きだった方なら聞いたことある名前かも知れません。創建は1282年と古いのですが、例にもれず応仁の乱で焼失してしまいます。応仁の乱は京都の中心地のほぼ全てを焼き尽くしてしまったので、仕方がありません。京都にある寺社仏閣はほとんど戦国時代以降の再建です。火事にならずに奇跡的に残ったものの一つが「おかめ伝説」で有名な通称千本釈迦堂、大報恩寺です。 ※「 [全文を読む]

主役不在?ツイッターで見る『真田丸』人気キャラランキング

しらべぇ / 2016年07月10日06時00分

振り返ると上位5位までに、なんと主人公である真田信繁の名前はない。『真田丸』の人気を支えているヒミツ。それは三谷脚本と、個性派俳優たちによって創り上げられた脇役の魅力にあると言っても良さそうだ。【調査概要】 2016年6月25日午前0時から2016年7月3日23時59分までのハッシュタグ「#真田丸」付きでつぶやかれたツイート29万8,353件について、ツイ [全文を読む]

台湾人が提示する、中国が台湾を「日本の一部」と見なしていた証拠

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日19時30分

このときの金鉱情報提供者のなかに、伴天連(カトリック宣教師)らしい人物であるハシント・九左衛門という日本人の名前が出ている。 オランダ人の記録によれば、日本の朱印船が南海で活躍していた時代、朱印船は基隆、淡水、安平、高雄も訪れており、各港には日本人街ができていたらしい。 倭寇時代から、オランダ人が台湾を領有した時代までの日台関係は、人的ではなく物的な関係が [全文を読む]

【真田丸】板部岡江雪斎って何て読む?戦国武将の珍名6選

しらべぇ / 2016年06月05日16時15分

名前(諱・いみな)の正式な読み方が残されておらず、真田丸では「てるずみ」が採用されたが、どの読み方でも難読であることには変わりない。こんな不思議な名前たちに思いを馳せながら、ドラマを見るのも面白いだろう。・合わせて読みたい→『真田丸』豊臣秀吉も激怒!自分の種でない子を「托卵」される男たち(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト) [全文を読む]

伊藤博文暗殺の安重根、名前知らず、韓国で女性タレントに非難の嵐、歴史観で評価分かれる、韓国「義士」、日本「テロリスト」

Record China / 2016年05月28日07時50分

2016年5月27日、韓国のテレビ番組でこのほど、初代韓国統監・伊藤博文を暗殺した朝鮮の独立運動家・安重根(アン・ジュングン)の名前を答えられなかった女性タレントが、非難の嵐にさらされた。安重根は韓国では「義士」でも、日本では「テロリスト」。歴史問題で対立する隣国と、どう向き合っていくか。日韓両国の間に横たわる溝は深い。 安重根は1909年(明治42年)1 [全文を読む]

フォーカス