太閤 豊臣秀吉に関するニュース

大坂城豊臣石垣公開プロジェクト 太閤なにわの夢募金 国内最大のクラウドファンディングサイト「ジャストギビング」にて募集開始

PR TIMES / 2014年07月03日14時20分

大阪市では、大阪城エリアの世界的観光拠点化にむけて、大坂夏の陣から400年の節目を機に、豊臣石垣を掘り起こして公開し、大阪城の新たな魅力を創出する「豊臣石垣公開プロジェクト」に取り組んでおり、このプロジェクトを推進するための資金として「太閤なにわの夢募金」を募集しています。多くの皆さまのご支援のもと、このプロジェクトを成功させ、天下人太閤秀吉が築いた初代 [全文を読む]

偉人ゆかりの地をハシゴ!京都・醍醐&山科の桜鑑賞おすすめコース

Walkerplus / 2017年03月21日17時00分

太閤・秀吉や小野小町ゆかりの寺院など、京都の醍醐・山科エリアは桜も見事な寺社が多いことで有名。そこで、名物桜を見物しながら、歴史上の偉人たちに思いをはせられる、醍醐・山科エリアの桜鑑賞おすすめコースを紹介!■ 「醍醐寺」は、太閤・豊臣秀吉が「醍醐の花見」を行い、「花の醍醐」と称されるほど桜の花で有名な寺。標高約450mの山全体が寺域で、約1000本の桜が咲 [全文を読む]

【ホテル日航大阪】新年度、出世魚を食べて、門出に縁起を担ぐ!日本料理「弁慶」 太閤御膳(出世御膳)販売

PR TIMES / 2013年03月22日19時45分

大阪・心斎橋のホテル日航大阪(大阪市中央区西心斎橋、総支配人:ジャン W マーシャル)の日本料理 弁慶では、4月1日(月)より5月31日(金)まで、「太閤御膳(出世御膳)」と題した特別ランチ(3,500円 サ・税込)を販売いたします。関西では、豊臣秀吉を「太閤さん」と親しみをもって呼びますが、そのネーミングを冠したこのメニューは、草履持ちから関白までに「出 [全文を読む]

【ホテル日航大阪】大坂の陣400年プロジェクトコラボメニュー 日本料理弁慶 ランチ「太閤御膳」を発売!

PR TIMES / 2014年06月10日10時10分

兜人参・六文銭鉄火巻き、戦国の世を腹に納め、泰平の世を大阪・心斎橋のホテル日航大阪(大阪市中央区西心斎橋、総支配人:ジャン・W・マーシャル)は、大坂の陣400年プロジェクトの主旨に賛同し、日本料理 「弁慶」において2014年6月11日(水)より、コラボランチメニュー「太閤御膳」(お一人様¥3,000、税金込み・サービス料別)を販売いたします。「大坂の陣40 [全文を読む]

【京都案内】戦国武将や文豪が愛した「美しすぎる桜の名所」5選

まぐまぐニュース! / 2016年03月03日19時00分

秀吉が花見をする為に設計したと言われる三宝院の入口を入ってすぐの場所に大きなしだれ桜「太閤しだれ桜」があります。目の前に空からシャワーのように降り注ぐかの如く咲くしだれ桜を目にした時は思わず涙が止まらなくなったのを覚えています。 境内には約1,000本の桜が植えられていて種類の違う桜が順番に花を咲かせるので1か月近く桜を楽しむことが出来ます。 醍醐寺は87 [全文を読む]

野村萬斎、市川猿之助、佐藤浩市…“浅からぬ縁”の連鎖!『花戦さ』応援者が次々名乗りをあげる“不思議”な映画

dmenu映画 / 2017年06月05日07時00分

ちなみに京都東山にある豊臣秀吉を祀る豊国神社には、猿之助の曽祖父・初代市川猿翁の絵馬も奉納されているそうで、太閤秀吉にも縁を感じているのだとか。「名前も猿之助で猿だしね」と。 『花戦さ』6月3日より全国にて公開 (c)2017「花戦さ」製作委員会 千利休を演じるアプローチ 猿之助に頭を踏まれた佐藤浩市は、『花戦さ』で千利休を演じるにあたり、表千家でお茶を学 [全文を読む]

世界文化遺産の山岳寺院!5分で知る醍醐寺の見どころ

Walkerplus / 2016年09月27日13時42分

太閤しだれ桜、霊宝館のシダレザクラなどが有名。 ■ 年中行事 <2月>五大力尊仁王会/不動明王など五大明王の力を授かり、国の平和や国民の幸福を願う行事。 <4月>豊太閤花見行列/豊臣秀吉の“醍醐の花見”にちなんで4月の第2日曜に開催。花見行列のほか、雅楽や狂言などが特設舞台で行われる。 <5月>准胝観世音菩薩ご開扉法要/5月18日を中心とした1週間、下醍醐 [全文を読む]

太閤秀吉とねねゆかりの寺!5分で知る高台寺の見どころ

Walkerplus / 2016年09月08日14時33分

豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)が、1606(慶長11)年に秀吉の菩提を弔うために創建した寺。高台寺での散策の魅力の一つが、国の史跡・名勝庭園に指定される偃月池(えんげつち)と開山堂、臥龍池(がりょうち)を臥(がりょうろう)龍(がりょうろう)廊(がりょうろう)が結ぶ構成の美しさ。そして“高台寺蒔絵”として有名な、秀吉と北政所の坐像を安置する霊屋内 [全文を読む]

「真田丸」公式サイト終了に悲しみの声多数 台湾では今月放映開始

しらべぇ / 2017年02月03日21時00分

真田丸での太閤は、すっかり固定イメージが定着したと思われた豊臣秀吉に新たな「可能性」を与えた。普段は陽気で笑っているが、本気になると目から殺気が走る秀吉。これに戦慄を覚えた視聴者は少なくないだろう。また、石田三成(山本耕史)や真田昌幸(草刈正雄)が命を落とした時も、「告別式」と言うべき騒ぎがネット界隈で発生した。そして大坂の陣で豊臣方が敗北し、番組は終了。 [全文を読む]

歴史考察の鍵を握る英雄たちの「身長」 犬公方は小人だった?

しらべぇ / 2016年12月03日21時00分

太閤殿下はやっぱり「猿」だった?たとえば、戦国時代当時の日本人男性の平均身長は150cm台であった。160cmもあれば「背の高い人」と言われていたに違いない。ところがその中で、真田信之の身長は185cmもあったという。現代でもかなりの高身長だから、400年前はなおさらだ。また、加賀百万石で有名な前田利家も182cm、黒田官兵衛の養子黒田一成は180cm。 [全文を読む]

名物“うずら焼き”は必食!3時間で巡る伏見稲荷大社周辺おすすめ観光コース

Walkerplus / 2016年11月04日19時11分

そこで、この秋に京都観光で楽しみたい、伏見稲荷大社周辺を巡るモデルコースを紹介しよう!【トータル2時間44分/歩行時間29分/拝観見学料なし】 ■ <1(所要時間45分)>豊臣秀吉も愛した創業500年の老舗“食事処 祢ざめ家” 伏見稲荷大社に訪れた太閤・豊臣秀吉から屋号を授かった、約500年の歴史ある参道前の食事処「食事処 祢ざめ家」。毎日、店頭で焼かれる [全文を読む]

豊臣秀吉も愛した老舗も!伏見稲荷大社の周辺グルメ4選

Walkerplus / 2016年09月12日16時38分

そこで、伏見稲荷大社の周辺で楽しみたい“必食”の京グルメを紹介しよう! ■ 豊臣秀吉も愛した創業500年の老舗! 伏見稲荷大社に訪れた太閤・豊臣秀吉から屋号を授かった、約500年の歴史ある参道前の食事処「食事処 祢ざめ家」。毎日、店頭で焼かれるウズラやウナギには、昔から継ぎ足しで作っている秘伝のタレがたっぷり。名物の「うずら焼き」(1串・800円)は、創業 [全文を読む]

【真田丸】大河で見る石田三成 「佞臣」から「悲劇の人」へ

しらべぇ / 2016年08月07日05時30分

すなわち「善悪の区別がつかなくなった太閤の腰巾着」だ。頭はいいが器は大きくなく、秀吉の無茶な命令に何でも従ってしまう男。真田広之は、そうした「昔からの三成」を見事に演じ切った。だが、そうした三成の描き方はすっかり古いものになった。先述の通り、彼に対する歴史的再評価が進んだからだ。たとえば『江〜姫たちの戦国〜』では、荻原聖人が三成を演じた。「太閤の腰巾着」と [全文を読む]

1つ1つ手焼きされた太閤出世餅

ぐるなび / 2016年07月29日11時10分

7月28日放送の「じゅん散歩」(テレビ朝日系、午前09時55分~)では、伊勢・おかげ横丁を散策する中で、高田純次さんが「太閤餅」(三重県伊勢市)を訪れた。同店は近鉄鳥羽線五十鈴川駅から徒歩28分ほどにある、永禄八年(1565年)創業の太閤出世餅のお店だ。 「太閤出世餅・ほうじ茶付き」は、豊臣秀吉が食べたと言われる個包装されたお餅2つと焙じ茶がついたセットだ [全文を読む]

意外と知られていない秀吉の唐入り 和平の鍵は「国書偽造」

しらべぇ / 2016年07月07日05時30分

太閤殿下が我が皇帝陛下に降伏する内容の文書を、すぐに作ってください。その代わり、この件に関する太閤殿下へのご報告はいかようにもなさってください」これを聞いた行長は、飛び上がって驚いたに違いない。■脆弱な「平和」秀吉が明朝皇帝に「とりあえず」降伏すると同時に、明朝皇帝が秀吉との対等な講和に応じたと伝える。平たく言えば、互いを納得させるために国書を偽造しろと [全文を読む]

誰が一番ハマリ役?歴代の大河ドラマの「豊臣秀吉」を考察

しらべぇ / 2016年07月06日05時30分

太閤」ではなく「組長」といったような雰囲気である。だがその中で、作中には秀吉に関するコミカルな場面も見られた。たとえば秀吉が眼鏡をかけ、扇子に書かれた文字を一生懸命復唱。この時の秀吉は唐入りを実行している最中で、自分がいつ大陸の皇帝になってもいいように唐言葉を勉強していたのだ。しかもその勉強していた言葉というのが、「茶持ってこい、酒持ってこい、飯持ってこ [全文を読む]

訪日旅行者を対象にした『有馬温泉 太閤の湯クーポン』を発売します! ~阪急・阪神沿線から行く「有馬温泉 太閤の湯(入館券付)」1日フリー乗車券~

PR TIMES / 2014年09月26日18時00分

今般、その一環として、訪日旅行者のお客様に、阪急阪神ホールディングスグループの阪急電鉄、阪神電気鉄道、有馬ビューホテルと神戸電鉄が連携し、名湯有馬温泉の日帰り温浴施設「有馬温泉 太閤の湯」へのお出かけに大変お得で便利な「訪日旅行者向け 有馬温泉 太閤の湯クーポン」を発売いたします。鉄道1日フリー乗車券と有馬温泉での温浴をセットにした、阪急阪神ホールディング [全文を読む]

発案者は意外な人物!難攻不落の「秀吉の大坂城」落とした家康の作戦

サライ.jp / 2017年05月18日17時00分

現在でも訪れると、そのスケールの大きさに思わず「さすが太閤秀吉の城!」と言いたくなってしまうかもしれませんが、豊臣秀吉の大坂城のスケールはこんなものではありませんでした。 ■難攻不落の大坂城を落とした徳川軍の作戦 大坂城といえば、戦国の乱世最後にして最大の攻城戦「大坂の陣」の舞台となった城。攻め手の徳川家康が、まず1614年の「冬の陣」で20万の兵で豊臣軍 [全文を読む]

市川猿之助が“鬼の形相”で佐藤浩市の頭を踏みつける!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月12日10時00分

池坊専好が太閤秀吉に仕掛けた一世一代の「戦さ」とは? 歌舞伎界代表の市川猿之助と、映画界代表の佐藤浩市による火花散る演技バトルにも注目が集まる。 [全文を読む]

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

◎豊臣秀吉(1537年-1598年9月18日) 戦国一の出世頭、太閤秀吉は遅咲きの印象がありますが、40歳の1577年には、信長から命ぜられた中国攻めの端緒となる播磨平定に道筋をつけて、信長から褒められています。 大河ドラマ『軍師官兵衛』で官兵衛が奔走していた、秀吉を姫路城に迎えて、小寺政職らを説得して押さえ込んだ、あの辺りです。近年雲海で有名な、但馬の [全文を読む]

フォーカス