豊臣秀吉 の子に関するニュース

真田一族の夢の跡。40枚の写真で綴る隠れた名城・上田城の物語

まぐまぐニュース! / 2016年03月21日01時00分

中には豊臣秀吉が好んだ金にちなんだ金箔瓦もあったことから、豊臣秀吉に臣従していた真田昌幸時代のものである可能性もあるそうです。 北東隅櫓跡 上田城本丸は他の幾つかのお城同様、鬼門除けのために北東隅に切り欠きを設けていました。これで鬼門である北東角を無くそうといういとがあるのです。そのため、北東隅櫓も2つ存在していました。形式は他の隅櫓や現存する西櫓と同様だ [全文を読む]

大河ドラマ 山本耕史ら「さらりと脱ぐ男」に注目集まる

NEWSポストセブン / 2016年08月24日07時00分

* * * 大河ドラマ『真田丸』は、強烈天下人豊臣秀吉(小日向文世)亡き後の混乱期に突入。三谷脚本が得意とする、人間関係ごちゃごちゃドラマとなって目が離せない。しかし、その一方で、もう三成の水垢離(みずごり)シーンはないんだろうなあという声も聞こえる。 思い出せば、秀吉の子鶴松が重病になった際、豊臣ゆかりの加藤清正と福島正則が回復を祈り、井戸端で水垢離を [全文を読む]

【真田丸】「悲劇の関白」豊臣秀次の切腹に新説を描く

しらべぇ / 2016年07月20日05時30分

豊臣秀吉の姉の息子にして、秀吉の養子だ。秀吉は子に恵まれなかった。だから姉の智(日秀尼)の子を養子にするという手段に打って出る。そのうちのひとりが、秀次。彼は小牧・長久手の合戦では大敗したが、それでも秀吉に期待をかけられていたようで最終的に関白の座を譲り受けている。ところが秀吉と淀君の間に健康な男子(のちの豊臣秀頼)が誕生すると、あくまでも養子に過ぎない秀 [全文を読む]

『真田丸』脚本の三谷幸喜、大スランプで得意の「法廷もの」「犯人探し」頼みに?

日刊サイゾー / 2016年07月05日21時00分

「小日向文世が豊臣秀吉役を好演していることで、現在は『真田丸』が優勢です。しかし『イッテQ』は日テレの看板番組だけに、後塵を拝し続けるわけにはいかない。過去に“命の危険がある”として断念したイモトアヤコのエベレスト登頂計画を復活させる案も出るなど、再逆転に躍起となっています」(テレビ関係者) 一方の『真田丸』は視聴率16~18%台と安定した数字を残してい [全文を読む]

関ヶ原合戦で敗れた石田三成、処刑され血脈断絶はウソだった!大名と子孫、各地で延命

Business Journal / 2015年07月14日06時00分

●大名になった石田三成の子孫 天正18(1590)年、為信は豊臣秀吉に成敗されそうになったことがある。この時、三成の尽力でその難を免れたのだ。さらに三成は、為信の嫡男信建の烏帽子親も引き受けてくれた。そういった恩義から、為信は三成の子を救ったのであろう。 為信は、関ヶ原合戦で西軍が敗北すると、三成の次男重成とその妹(姉とする説もあり)辰姫(曽野とも)を大坂 [全文を読む]

フォーカス