豊臣秀吉 豊臣秀次に関するニュース

【歴史群像デジタルアーカイブス】「大坂の陣」関連はじめ39タイトルを新電子書籍ストア「BookBeyond」にて先行独占販売

PR TIMES / 2014年04月07日11時00分

【タイトル一覧】『黒田官兵衛の臣下「黒田二十四騎」随一、黒田節のモデル「母里太兵衛」・「豊臣秀頼」天下人の後継者』(渡辺誠 著)『上杉謙信の生涯「1越後統一・2関東管領・3川中島、対織田」』(安西篤子 著)◆『常勝の秀吉軍の戦略』(大山格 著)『織田信長の上洛戦・桶狭間合戦』(大山格 著)『豊臣秀吉の評価と実像』(宮本義己 著)『「小牧・長久手合戦」両雄の [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】中川大志が“真田丸ロス” 堺雅人や竹内結子と別れを惜しみ「父上の陣羽織をこっそり」

TechinsightJapan / 2016年12月21日11時25分

小日向文世の熱演が話題となった豊臣秀吉と竹内結子演じる側室・茶々(淀殿)の第2子として生まれた豊臣秀頼(幼名・拾)役を務めたのが中川大志である。最終回を見た彼は19日、『中川大志オフィシャルブログ』にて「はあ…終わってしまった… 真田丸ロスが始まってます」とため息まじりに切り出した。いちファンとしての喪失感はもちろんながら、自身が撮影に関わっただけに格別 [全文を読む]

【真田丸】「悲劇の関白」豊臣秀次の切腹に新説を描く

しらべぇ / 2016年07月20日05時30分

豊臣秀吉の姉の息子にして、秀吉の養子だ。秀吉は子に恵まれなかった。だから姉の智(日秀尼)の子を養子にするという手段に打って出る。そのうちのひとりが、秀次。彼は小牧・長久手の合戦では大敗したが、それでも秀吉に期待をかけられていたようで最終的に関白の座を譲り受けている。ところが秀吉と淀君の間に健康な男子(のちの豊臣秀頼)が誕生すると、あくまでも養子に過ぎない秀 [全文を読む]

“桂文枝不倫報道”が響き重厚さダウン!? 秀吉の狂気、女性陣にも見どころ多かった『真田丸』第25話「別離」レビュー!

おたぽる / 2016年06月29日17時00分

次々に立っていく豊臣家死亡フラグ、それに伴いますます豊臣秀吉(小日向文世)が怖くなっていく一方、真田家サイド(堺雅人演じる主人公・信繁のぞく)がいい感じにコメディ部分を担当。いい感じに緩急がついているし、“千利休・切腹”をどう描くのか? 歴史・歴史小説好きがひそかに注目していたエピソードが展開されるなど、今回も見どころ豊富であった『真田丸』(NHK総合)第 [全文を読む]

「真田丸」秀次役の新納慎也が語る三谷幸喜との縁!

Smartザテレビジョン / 2016年06月29日05時01分

豊臣秀吉(小日向文世)の天下に最後まで抵抗し続けた北条家が滅亡したが、6月26日放送からは、秀吉の愛児が死去するなど豊臣家に徐々に暗雲が立ち込めている。そんな中、今後のキーマンとなるのが関白・豊臣秀次(新納慎也)だ。秀吉のおいであり、後継者と目されてきたが、次第に秀吉との関係に変化が生じる。これまでは暗愚で残虐、秀吉の怒りを買って切腹を命じられたとされてき [全文を読む]

【真田丸】戦乱の世は「震災期」 地震と日本史の関係を考察

しらべぇ / 2016年07月24日05時30分

1596年に発生した慶長伏見地震の時、豊臣秀吉は伏見城にいた。当時は唐入りが行われていたが、明朝との和睦交渉が進められ伏見城に明朝使節団が来る手筈だったのだ。秀吉は明朝使節団に日本の国力を思い知らせるため、豪華な接待を計画。現代もそうだが、外国の要人をもてなすには贅を尽くした食事と5つ星ホテルは欠かせない。少しでも手落ちがあると「この国は大したことない」と [全文を読む]

コメディ多めの息抜き回と見せかけ、重大フラグ乱立! そしてあの“ナレ死”も回避!?『真田丸』第26話「瓜売」レビュー!

おたぽる / 2016年07月05日21時00分

豊臣秀吉(小日向文世)の朝鮮半島・明の出征がいよいよ開始したものの、派手な戦闘が描かれることもなく、肥前名護屋に集められた大名たちによる愉快な仮装大会が今回のメイン――と書くと「お、息抜き回かな?」と思われるかもしれないが、こっそりと豊臣家、そして真田家にとってもでかいフラグ(伏線ともいう)が乱立。息抜きどころか、息を潜めたくなるようなエピソードが展開した [全文を読む]

次回は古美間研介と『古畑』がまさかのコラボも、完結編は劇場で!?『真田丸』ざっくりレビュー

おたぽる / 2016年05月31日18時00分

残る敵対勢力は関東の北条氏と奥羽のみ……といよいよ天下統一に王手をかけた豊臣秀吉(小日向文世)。北条氏政(高嶋政伸)に上洛、傘下へ下れと迫る。秀吉に臣従すべきと、徳川家康(内野聖陽)が進めるも氏政はうなずかず、逆に真田氏が治める沼田城をよこせと、条件をつきつける。自分の領地を頭越しに交渉の道具にされ、激怒する真田昌幸(草刈正雄)。真田信繁(堺雅人)は激怒す [全文を読む]

『99.9』でブレイクの岸井ゆきのがNHK大河ドラマ『真田丸』で、信繁の3人目の妻役に大抜擢!

日刊サイゾー / 2016年05月23日23時30分

岸井は豊臣秀吉(小日向文世)によって、切腹に追い込まれる関白・豊臣秀次(新納慎也)の娘・たか役で、秀次一門の処刑を免れ、後に信繁の3人目の妻になる。信繁は最初の妻(側室)として梅(黒木華)を迎えるが、すでに死亡。2人目の妻(正室)として、春(松岡茉優)と結婚する。 2009年のTBS系連続ドラマ『小少女セイラ』で女優デビューした岸井だが、端役が多く、作品 [全文を読む]

「真田丸」信繁の3人目の妻が発表!

Smartザテレビジョン / 2016年05月22日10時00分

秀次は、豊臣秀吉(小日向文世)のおいだが、その秀吉によって切腹に追い込まれてしまう。たかは、秀次一門の処刑を免れ、信繁の3人目の妻となる。 岸井といえば、昨年放送され話題を呼んだコント番組「SICKS~みんながみんな、何かの病気~」(テレビ東京系)での好演や、人気バンド・KANA-BOONの楽曲「ないものねだり」('13年)のMV出演などで注目を集める女優 [全文を読む]

真田丸『第15話』解説。石田三成、直江兼続らはこの時何歳だった?

まぐまぐニュース! / 2016年04月17日13時00分

たった一人、豊臣秀吉という化物が黒化しただけで、このすべてと日本が不幸になるのだから秀吉コワイ #真田丸 — 地雷魚『越天の空』イカロス出版より発売中 (@Jiraygyo) 2016年4月17日 なんという、小日向文世さん演じる秀吉ワンマンショー。タイトルの『秀吉』通りであります。日本史上でも類のない英雄にして、同時に恐るべき独裁者である秀吉の持つ魅力と [全文を読む]

【全55タイトル半額!!】戦国武将のトレーディングカード風コンテンツ『Samurai Styleフォトコレクション』新作「真田幸村」リリース

PR TIMES / 2015年11月05日11時10分

●コンテンツラインナップ・通常価格各300円(税込)→キャンペーン価格各150円(税込) 【新作】 真田幸村2(上田駅前の真田幸村像) 真田幸村3(安居神社の真田幸村像) 【旧作】 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武 [全文を読む]

【45万いいね!のフェイスブックページ発】戦国武将トレーディングカード全53コンテンツをコンビニで販売開始!

PR TIMES / 2015年08月24日15時23分

■コンテンツラインナップ・各300円(税込) 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武田信玄/戸田氏鉄/竹中重治/ 織田信長/金森長近/徳川家康/本多忠勝/田中吉政/蜂須賀正勝/今川義元/前田利家/加藤清正/浅井長政/ 藤 [全文を読む]

フォーカス