伊達政宗 上杉景勝に関するニュース

真田丸『第24話』裏解説。北条氏降伏の決定打、石垣山「一夜城」伝説

まぐまぐニュース! / 2016年06月19日13時00分

— 地雷魚『越天の空』イカロス出版より発売中 (@Jiraygyo) 2016年6月19日 あと20年早く生まれてたら…同い年の伊達政宗&真田信繁、運命を感じずにはいられません。#真田丸 #伊達政宗 学年別でみる武将の年齢まとめhttps://t.co/vZoGdByl2H pic.twitter.com/NnyviP5KgN — 歴人マガジン (@re [全文を読む]

2017年秋TVアニメ 『戦刻ナイトブラッド』アプリゲームが5月29日(月)配信決定!

PR TIMES / 2017年05月26日17時00分

合わせて公式サイトでは、出演声優陣28名のボイスメッセージを一挙公開!さらに、織田信長役の森川智之さん、豊臣秀吉役の花江夏樹さん、上杉謙信役の鳥海浩輔さん、武田信玄役の小西克幸さん、真田幸村役の山下大輝さん、伊達政宗役の梅原裕一郎さんにご出演いただいたビデオインタビューも公開しました!■『戦刻ナイトブラッド』配信日が5月29日(月)に決定!豪華声優陣28名 [全文を読む]

本格的戦国シミュレーション! 『真田大戦記 三』「上 徳川軍・江戸大返し」「下 真田空軍飛翔せり」(竹中亮=著)が、Kindleストアなど6電子書店で配信開始!!

DreamNews / 2016年08月08日17時30分

幸村は伊達政宗、上杉景勝と同盟を結び、徳川本隊が大坂攻めを行っている間に、江戸城に怒濤の攻撃を開始した。 【目次】前巻までのあらすじ主な登場人物第一章 大坂落城第二章 勇将・後藤又兵衛第三章 伊達・上杉鳴動す第四章 江戸の陣 <書籍概要2>■真田大戦記 三 下 真田空軍飛翔せり著者:竹中亮◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/2aXSG [全文を読む]

視聴者・戦国武将ファンの投票による最強戦国武将ランキングが決定!CS放送 ヒストリーチャンネル(TM) 日本・世界の歴史&エンタメ にて関連番組をカウントダウン方式で一挙放送!

PR TIMES / 2016年01月09日10時32分

その“最強”は「人を動かす力」だった!?【CS初放送】『THE ナンバー2~歴史を動かした陰の主役たち~』 織田信長放送日:1月17日(日)17:00~18:00 ほか[画像1: http://prtimes.jp/i/3963/4/resize/d3963-4-186980-1.jpg ]第2位 伊達政宗 【独眼竜と恐れられた東北の覇者】三代将軍家光まで [全文を読む]

きり(長澤まさみ)、予想以上のガッツリキスでついに報われる! 名言「黙れ、小童!」も飛び出した『真田丸』第49話「前夜」レビュー!!

おたぽる / 2016年12月13日23時00分

大泉洋演じるお兄ちゃん・信之、徳川家康、徳川秀忠、本多正信、上杉景勝、伊達政宗といった各キャラにも見せ場があったし、戦死者もたくさん出た。だというのに、視聴率はいまいち伸びないが(14.8%/ビデオリサーチ調べ、関東地区)、今週も張り切って大河ドラマ『真田丸』(NHK)の第49話「前夜」をレビューしてみたい。 幸村(堺雅人)からの書状を読んだ信之は、幸村 [全文を読む]

家康VS三成の構図が明確に! 面白くなってきたのにSMAPのせいで視聴率急落の『真田丸』第32話「応酬」レビュー!!

おたぽる / 2016年08月15日18時00分

加藤清正(新井浩文)や伊達政宗(長谷川朝晴)も徳川に傾き、次第に三成の形勢は不利に。信繁(堺雅人)や大谷吉継(片岡愛之助)がいさめるのも聞かず、大名同士の婚姻を進める家康を激しく問い詰めるが、大名として地力に勝る家康は三成を一蹴。唯一家康に対抗できうる前田利家(小林勝也)の病状も思わしくなく、豊臣=三成派は追い詰められていくのだった――といったストーリーが [全文を読む]

さらば北条氏政! ようこそ伊達政宗、そして開催される“ずんだ餅”パーリィ!? 『真田丸』第24話「滅亡」徹底レビュー!!

おたぽる / 2016年06月21日20時00分

粘りを見せた北条氏政(高嶋政伸)もついに降伏し、今週で退場――一方で、小山田茂誠(高木渉)が復活、さらに前話では顔見せぐらいの出番に止まった伊達政宗(長谷川晴朝)が、なぜか餅つきで豊臣秀吉(小日向文世)を熱烈接待! と、格好良いが物悲しいシーンもあれば、ひどく格好悪いが楽しいシーン、両方が激しく入り交ざった『真田丸』24話「滅亡」をレビューする!「滅亡」で [全文を読む]

「神回だった!」「見よ!これが我らの受信料よ!!」大河クラスタ興奮、大スケールの“真田丸”がついに登場!『真田丸』第44話「築城」レビュー!!

おたぽる / 2016年11月09日13時00分

相変わらず調子がいい伊達政宗(長谷川朝晴)、沈痛な表情の上杉景勝(遠藤憲一)と直江兼続(村上新悟)などの再登場、そして信之の息子2人、信吉(広田亮平)と信政(大山真志)がどんどん仲が悪くなっていっている点などは注目ポイントだろう。源三郎と源二郎はあんなに兄弟仲が良かったのに……。 [全文を読む]

天下分け目の関ヶ原の合戦まで待ったなし! 信繁も景勝も儚くて格好良かった『真田丸』第33話「動乱」レビュー!!

おたぽる / 2016年08月24日20時00分

その手法が腕相撲とか、不器用すぎるし、可愛い」「北条家で活躍していた板部岡江雪斎(山西惇)さんが久しぶりに登場! 徳川のスパイになってた……」「相変わらず自己PRが激しい伊達政宗(長谷川朝晴)。伊達越前守政宗と、大切なことなので2回言いました」などなど、ギュッとドラマが積み込まれた1話となった第33話「動乱」。 中でも自分が仕掛けた徳川家康暗殺(未遂)を白 [全文を読む]

真田丸『第23話』解説。北条軍が無謀な「籠城戦術」を選んだ理由

まぐまぐニュース! / 2016年06月12日13時00分

戦国乱世をしたたかに生き抜いてきた北条家が、そんな勝ち目のない選択をするだろうか? 実はこの時期、北条氏政は伊達政宗としきりに連絡を取っており、南下した伊達軍との連携に期待していたことがわかっている。そればかりではない。北条軍は、小田原からくりだした主力部隊を箱根に展開して、東海道を下ってくる秀吉軍の主力を撃破する作戦構想を持っていた、と僕は考えている。こ [全文を読む]

戦国大名が『源氏物語』を読んだのはなぜ? 戦国武将と意外な読書の遍歴

ダ・ヴィンチニュース / 2016年04月14日06時30分

独眼竜の伊達政宗を育てたのは虎哉宗乙(こさいそういつ)という禅僧であり、政宗が大人になってからも、政治・軍事・外交顧問のような役割を果たし、その付き合いは長きにわたった。当時、このように幼い頃の師匠が、そのまま政治顧問になることは多くあったという。 それでは、一体、どのような「教え」を受けたのか。それを「読書」からひもといてみよう。よく知られているのが、『 [全文を読む]

大河ドラマ『真田丸』の時代考証担当者が明かすウソ・ホント。吉田羊演じる小松姫は沼田城にいなかった?

週プレNEWS / 2016年02月07日21時00分

伊達政宗、武田信玄など名だたる武将にも寵愛する小姓がいたと伝わる。信繁の周辺には男色関係のウワサはなかったのだろうか? 「信繁に関してそういったことを匂わせる史料はありません。上杉景勝や秀吉から厚遇されたのは本当ですが、主従以上の関係だったわけではない。信繁は元服前の幼名を『弁丸』と言いましたが、その頃に上杉の人質となるも、すぐに領地を貰っています。つまり [全文を読む]

【全55タイトル半額!!】戦国武将のトレーディングカード風コンテンツ『Samurai Styleフォトコレクション』新作「真田幸村」リリース

PR TIMES / 2015年11月05日11時10分

●コンテンツラインナップ・通常価格各300円(税込)→キャンペーン価格各150円(税込) 【新作】 真田幸村2(上田駅前の真田幸村像) 真田幸村3(安居神社の真田幸村像) 【旧作】 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武 [全文を読む]

【45万いいね!のフェイスブックページ発】戦国武将トレーディングカード全53コンテンツをコンビニで販売開始!

PR TIMES / 2015年08月24日15時23分

■コンテンツラインナップ・各300円(税込) 伊達政宗/上杉謙信/上杉景勝/直江兼続/最上義光/土井利勝/徳川頼房/太田氏資/木曽義昌/北条早雲/ 堀直寄/新発田重家/溝口秀勝/高山右近/柴田勝家/結城秀康/武田勝頼/武田信玄/戸田氏鉄/竹中重治/ 織田信長/金森長近/徳川家康/本多忠勝/田中吉政/蜂須賀正勝/今川義元/前田利家/加藤清正/浅井長政/ 藤 [全文を読む]

大坂の陣400年丸の内夏の陣 真田幸村と戦国武将たち

@Press / 2015年07月30日16時00分

(真田幸村、豊臣秀吉、徳川家康、真田昌幸、上杉景勝、伊達政宗) ■「真田丸」復元ジオラマ展示 真田幸村が大坂城を守るために築いたとされる出城「真田丸」をメインに、当時の大坂城惣構~真田丸~四天王寺・茶臼山までを復元したジオラマを、東京で初めて展示します。本ジオラマは、天王寺真田幸村博実行委員会によって企画され、奈良大学千田嘉博教授が監修し、京都造形芸術大 [全文を読む]

<司馬遼太郎を超えた!?>関ヶ原合戦「敗軍の将・石田三成」が兵を語る話題の歴史小説が面白い

メディアゴン / 2015年03月09日02時55分

三成が西軍総大将に仰いだ安芸・毛利家や、加賀・前田家は世代交代の最中で家督が安定せず、秀吉によって会津に移封された上杉景勝は伊達政宗と対峙して消耗、家康以外の副社長は台所事情が悪化していました。片や筆頭副社長の家康は、秀吉の小田原・北条攻めによって天下統一した論功行賞で、三河・駿河の所領から、本社から更に遠い武蔵ほか関東八州に人事異動、250万石の栄転とは [全文を読む]

【歴史群像デジタルアーカイブス】「大坂の陣」関連はじめ39タイトルを新電子書籍ストア「BookBeyond」にて先行独占販売

PR TIMES / 2014年04月07日11時00分

【タイトル一覧】『黒田官兵衛の臣下「黒田二十四騎」随一、黒田節のモデル「母里太兵衛」・「豊臣秀頼」天下人の後継者』(渡辺誠 著)『上杉謙信の生涯「1越後統一・2関東管領・3川中島、対織田」』(安西篤子 著)◆『常勝の秀吉軍の戦略』(大山格 著)『織田信長の上洛戦・桶狭間合戦』(大山格 著)『豊臣秀吉の評価と実像』(宮本義己 著)『「小牧・長久手合戦」両雄の [全文を読む]

「CR花の慶次~漢」サントラ発売で角田信朗がスペシャルライブ!

okmusic UP's / 2013年05月15日07時30分

気になる人は今すぐにアクセスしよう! ----- NOW ON SALE 『戦国パチンコ「CR花の慶次~漢」オリジナルサウンドトラック』 <CD> 1.通常加賀(華~嵐) 2.通常京都(華~嵐) 3.通常佐渡(華~嵐) 4.通常七霧(華~嵐) 5.通常小田原(華~嵐) 6.華ノーマルリーチ~嵐ノーマルリーチ 7.捨丸~岩兵衛~伊達政宗リーチ 8.佐助~松風 [全文を読む]

フォーカス