伊達政宗 真田昌幸に関するニュース

真田丸 平岳大、清水ミチコら出番少ない役者の演技も高評価

NEWSポストセブン / 2016年07月06日07時00分

エントリーナンバー5は、伊達政宗。奥州の覇者として、恐ろし気な男だと言われてきたが、いざ、秀吉の前に出るとハイハイと掛け声を上げながら自ら餅をつき、「豆をつぶしたあんを乗せれば、名物ずんだ餅!」とにこにこ顔。できることなら伊達と手を組んで天下をひっくり返そうなどと思っていた真田昌幸もお調子者政宗を見て、カックン。長年、大河ドラマを見て、渡辺謙が主演した豪 [全文を読む]

【歴史群像デジタルアーカイブス】「大坂の陣」関連はじめ39タイトルを新電子書籍ストア「BookBeyond」にて先行独占販売

PR TIMES / 2014年04月07日11時00分

【タイトル一覧】『黒田官兵衛の臣下「黒田二十四騎」随一、黒田節のモデル「母里太兵衛」・「豊臣秀頼」天下人の後継者』(渡辺誠 著)『上杉謙信の生涯「1越後統一・2関東管領・3川中島、対織田」』(安西篤子 著)◆『常勝の秀吉軍の戦略』(大山格 著)『織田信長の上洛戦・桶狭間合戦』(大山格 著)『豊臣秀吉の評価と実像』(宮本義己 著)『「小牧・長久手合戦」両雄の [全文を読む]

真田三代の激動の歴史に迫る!第3回「真田三代戦国歴史検定」2016年3月6日開催

DreamNews / 2015年10月26日15時00分

なお、「信長戦国歴史検定」「伊達政宗戦国歴史検定」「関ヶ原検定」合格者を対象に、通常料金よりも300円引きで受験可能な「戦国割」を実施中です。 日販は、当検定の運営事務局として、書店店頭での願書設置、検定ポータルサイトを使った受験者の募集、受験者からの問い合わせ対応や受験票の発送、受験会場の運営、合否結果の通知まで、これまで培った実績をもとに、検定運営にま [全文を読む]

「真田幸村」の本当の名前、御存知ですか? 「真田三代戦国歴史検定」 2014年11月30日開催

DreamNews / 2014年08月01日14時00分

なお、「信長戦国歴史検定」「伊達政宗戦国歴史検定」「関ヶ原検定」合格者を対象に、通常料金よりも300円引きで受験可能な「戦国割」を実施中です。日販は、当検定の運営事務局として、書店店頭での願書設置、検定ポータルサイト「検定、受け付けてます」を使った受験者の募集、受験者からの問い合わせ対応や受験票の発送、受験会場の運営、合否結果の通知まで、これまで培った実績 [全文を読む]

『幸村軍戦記 7』「上 大和郡山最終決戦」「下 黒田如水の逆襲」(津野田幸作=著)が、Kindleストア・楽天Kobo電子書籍ストア・Yahoo!ブックストアで配信開始!!

DreamNews / 2017年04月03日17時00分

一方、野望を胸に秘めて三木城に向かった伊達政宗は、希代の軍師である黒田如水と対立する。その動きを利用し、直江兼続は逆転の計を実行に移そうとした。風雲渦巻く播磨で、直江兼続、黒田如水、伊達政宗の強者が火花を散らす。果たして、二つの地で繰り広げられる激戦は、如何なる結末を迎えるのか。 第七回歴史群像大賞奨励賞受賞の本格戦国シミュレーション、シリーズ第7弾! 【 [全文を読む]

本格戦国シミュレーション小説! 『幸村軍戦記 3 上 岡山城大激戦』(津野田幸作=著)が、Kindleストアなど6電子書店で配信開始!! 猛虎咆哮! 加藤清正奮迅す――。

DreamNews / 2016年03月28日16時00分

劣勢に陥った家康は藤堂高虎の軍略を入れ、姫路城に伊達政宗と本多平八郎を送り、豊臣軍を岡山城から撤退させようとする。本格戦国シミュレーション。 【目次】前巻までのあらすじ主な登場人物第一章 岡山城大激戦第二章 藤堂高虎の戦略第三章 姫路城の攻防第四章 伊達政宗参陣す <著者情報>津野田 幸作(つのだ こうさく) 1939年、東京生まれ。東京医科歯科大学医学部 [全文を読む]

真田丸『第44話』裏解説。今も不明、「真田丸」の形に2つの説アリ

まぐまぐニュース! / 2016年11月06日22時00分

関ヶ原からの世代交代を感じます…https://t.co/2U1drjbskG#真田丸 pic.twitter.com/Wrp128T0IW — 歴人マガジン (@rekijin) 2016年11月6日 この頃の徳川方は合戦経験のある武士が少なくなっており、史実でもこういう講習会をやっていたようです #真田丸 — すんすけ(松平俊介) (@tyuusyo) [全文を読む]

天下分け目の関ヶ原の合戦まで待ったなし! 信繁も景勝も儚くて格好良かった『真田丸』第33話「動乱」レビュー!!

おたぽる / 2016年08月24日20時00分

その手法が腕相撲とか、不器用すぎるし、可愛い」「北条家で活躍していた板部岡江雪斎(山西惇)さんが久しぶりに登場! 徳川のスパイになってた……」「相変わらず自己PRが激しい伊達政宗(長谷川朝晴)。伊達越前守政宗と、大切なことなので2回言いました」などなど、ギュッとドラマが積み込まれた1話となった第33話「動乱」。 中でも自分が仕掛けた徳川家康暗殺(未遂)を白 [全文を読む]

大坂の陣400年丸の内夏の陣 真田幸村と戦国武将たち

@Press / 2015年07月30日16時00分

(真田幸村、豊臣秀吉、徳川家康、真田昌幸、上杉景勝、伊達政宗) ■「真田丸」復元ジオラマ展示 真田幸村が大坂城を守るために築いたとされる出城「真田丸」をメインに、当時の大坂城惣構~真田丸~四天王寺・茶臼山までを復元したジオラマを、東京で初めて展示します。本ジオラマは、天王寺真田幸村博実行委員会によって企画され、奈良大学千田嘉博教授が監修し、京都造形芸術大 [全文を読む]

フォーカス