インタビュー 加瀬亮に関するニュース

『SPEC』ファン大興奮の戸田恵梨香・加瀬亮カップル、ポイントは「信頼関係」

messy / 2016年05月06日23時00分

互いの相性の良さを見せつけるようなインタビューはほかにもある。13年、『SPEC』の劇場公開時に戸田と加瀬がふたり揃ってwebサイト掲載のインタビューを受けているのだが、こちらもなかなか興味深い内容であった。戸田と加瀬は「(それぞれの役名)当麻と瀬文は、照れ隠しのため大事なセリフの時は決して目を合わせることはない」と暗黙のルールを共有していたが、撮影中に [全文を読む]

映画『海街diary』~カンヌ国際映画祭出品作品~ 監督・脚本・編集 是枝 裕和 氏 インタビュー

PR TIMES / 2015年06月12日16時22分

クリエイティブなどのプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川幸広)が運営するCREATIVE VILLAGEのインタビューコーナー「VILLAGE CAFE」にて、数々の主要な映画賞を受賞し、国際的にも高い評価を受けている映画監督・脚本家の是枝裕和氏にインタビューを行いま [全文を読む]

「自由が丘で」ホン・サンス監督が 加瀬亮を抜擢した理由

スポーツソウルメディアジャパン / 2014年08月29日17時33分

当時雑誌のインタビューがあって、インタビュアーとして加瀬さんがいらしたんです。彼が僕に好感を持っていることが感じられました。インタビューが終わって廊下で一緒にタバコを吸いましたけれども、“僕とやる?”と尋ねたら、彼は喜んで応じてくれました」とコメント、現場を沸かせた。監督は「そう話したあと、数ヶ月後に映画を撮ることになりました。加瀬亮という俳優は、優しくて [全文を読む]

描き下ろし多数!人気マンガ家とコラボ、大好評「料理企画」もあり!『3月のライオン』ファンブック第2弾に「胸いっぱい」とファン大満足!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月28日15時00分

また、オフィシャルファンブック第2弾『3月のライオン おさらい読本 中級編』が発売され、ファンからは「インタビューを読んでいますが、何かもう胸いっぱいです やはり素敵なお話だなぁ♪」「コンビニで発見し、はわーっとなりました。 美しい。」といった声があがっている。中には「4軒回ってやっと手に入れた 」という読者も! 本作は、作品と読者に対して、常にフルスロッ [全文を読む]

加瀬亮、篠原篤との対談実現に感激!互いの魅力を語る

Smartザテレビジョン / 2016年03月30日09時45分

4月2日(土)にWOWOWプライムで放送される「ドラマW この街の命に」で主演を務める加瀬亮が、共演した篠原篤とインタビューに応じた。本ドラマは、ある街の行政組織「動物愛護センター」を舞台に、罪のない動物たちの命を救おうと踏み出した獣医たちの葛藤と再生を描いた作品。加瀬は、動物愛護センターに配属され、殺処分の現実に困惑する主人公の行政獣医・牧田洋を演じる。 [全文を読む]

是枝裕和×菅野よう子『海街diary』インタビュー

NeoL / 2015年06月16日16時56分

原作:吉田秋生(小学館「月刊フラワーズ」連載) 監督・脚本:是枝裕和『そして父になる』 出演:綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず 加瀬亮 鈴木亮平 池田貴史 坂口健太郎 前田旺志郎 キムラ緑子 樹木希林 リリー・フランキー 風吹ジュン 堤真一 大竹しのぶ 製作:フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ 配給:東宝 ギャガ (C) 2015 吉田秋生・小 [全文を読む]

戸田恵理香&成田凌に業界内で「共演者キラーと酒乱のペア」と冷ややかな声

デイリーニュースオンライン / 2017年10月16日08時18分

成田自身もインタビューでも、酒好きで飲みに行くと長いと語っています。そのため成田も、酒の席やその勢いから交際に発展したのではと囁かれているんです」(前出・芸能関係者) そんな成田だが、不安要素もあるようだ。 「成田は今年1月、女優の広瀬すず(19)との熱愛が囁かれました。双方の事務所は否定していましたが、その後二人で深夜にコンビニデートする様子が週刊誌に掲 [全文を読む]

大森南朋、アウトレイジ出演は「情報戦」のおかげ!?

日刊大衆 / 2017年10月13日08時35分

番組では、北野監督にインタビューを行っており、司会の笑福亭鶴瓶(65)が「シャイやからそんなに褒めないんですけど、やっぱり(大森を)褒めてたんですよね」と、北野監督が大森について語った言葉を紹介。「今回、俺の隣にいて光ってたよ。これからはオールラウンダーになるよね絶対」「主役じゃなくてもいい味を出せる役者になれるよね」「役作りはピッタリ当たってる」とベタ [全文を読む]

第30回東京国際映画祭・特集上映「映画監督 原恵一の世界」メインビジュアル完成

映画.com / 2017年09月22日14時00分

東京国際映画祭プログラミング・アドバイサーであり、アニメ・特撮研究家の氷川竜介氏が序文、監督インタビュー、作品解説、技法解説を担当しており、原監督の才能を再発見できる一冊となっている。 第30回東京国際映画祭は、10月25日~11月3日に六本木ヒルズほか各所で開催される。 [全文を読む]

新境地!有村架純・色気の理由を『3月のライオン』大友啓史監督が語る

ソーシャルトレンドニュース / 2017年03月17日19時00分

『3月のライオン』公開に合わせて、“永遠のオトナ童貞のための文化系マガジン・チェリー”では大友監督に独占インタビュー。これまでも多くの人気原作を映画化、さらには『るろうに剣心』シリーズをはじめ、キャスティングにも定評のある大友監督に・人気原作を映画化するときに考えること・映画化するときの役者の選び方といった話をはじめ、今回の作品で新たな輝きを見せた有村架純 [全文を読む]

スコセッシ監督渾身の1本! 信じるって何だ? 映画『沈黙ーサイレンス』

Suits-woman.jp / 2017年01月21日09時00分

今回は会見インタビューを交えながら、本作の見どころを紹介します。スコセッシ監督が原作と出会ったのは1988年、『ギャング・オブ・ニューヨーク』を撮影した後、運命的な出会いから、遠藤周作の『沈黙』を読んだのだそう。 マーティン・スコセッシ監督。当時、監督は信仰について疑問を抱き、信仰する力について悩んでいたのだとか。そこで手にした「沈黙」を読み、自分が求めて [全文を読む]

窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

ガジェット通信 / 2017年01月13日07時30分

日本で育って日本語でインタビューを受けているのと同じ感覚で英語も使えるようになって勝負したい。フリをするのではなく、その人物を生きるのが役者だから。まだその準備が整っていないのが正直なところです」 「あとは、日本でも役者をやっていたいとは思います。ただ、向こうに行った人間にちょっと冷たいお国柄だったりするから、どうなるか分からないですけどね。まぁ、ブレずに [全文を読む]

まさか…!蒼井優、舞台あいさつで暴露された恥ずかしい話

Woman Insight / 2016年11月14日17時00分

Woman Insightでは、蒼井優さんと高畑充希さんにインタビューを行いました。公開までもう少々お待ちくださいね。(平山正子) オフィシャルホームページ: http://azumiharuko.com 【あわせて読みたい】 ※岩田剛典、「まだまだ『おかわり』いけます!」 ※「目ヂカラ命」の時代もあったよね…メイクで見る10年間のトレンド顔をプレイバッ [全文を読む]

C.イーストウッド 「ぼくはトランプよりいい仕事ができる」

NEWSポストセブン / 2016年09月13日07時00分

ぼくは、自分の作りたい映画をこれからも撮っていくだけさ」 アメリカ・ロサンゼルスで行ったインタビューで、イーストウッドは、渡辺謙(56才)や嵐の二宮和也(33才)が出演して大きな話題となった『硫黄島からの手紙』(2006年)への熱い思いを振り返った。「当初はもう一作の『父親たちの星条旗』だけを自分が手がけ、『硫黄島からの手紙』は日本人の監督に任せるはずだっ [全文を読む]

ジョニー・デップのキテレツ姿が再び! 「アリス」続編はマッド

anan NEWS / 2016年06月30日22時00分

インタビュー、文・よしひろ まさみち(オネエ系映画ライター) [全文を読む]

「人生何周目だよ!」染谷将太、23歳の若さで結婚・父親・映画監督も…スピーディな人生を歩む彼の“たった1つの熱意”とは?

messy / 2016年05月12日00時00分

菊地とは結婚する前から堂々と交際をしており、路上で熱烈なキスをしていたことも大きな話題となりましたが、染谷がすると若気の至りというよりは大人の恋愛っていう感じがしますよね」(芸能ライター) 染谷は菊地との交際が発覚する前のインタビューで自身の恋愛観について、好きなタイプを「一般常識がありしっかりしている女性。キスシーンや濡れ場などのある俳優業を理解してくれ [全文を読む]

待ちに待った『映画コン』がついに開催! 必ず連絡先の交換ができちゃうシステム♪

恋学 / 2015年10月27日09時00分

とりあえず良いお友達から始められる人と出会えればいいかな」(26歳・女性・好きな作品「マッドマックス」シリーズ) インタビューしてみたところ、一人参加は男性よりも女性に多く見られました。誰に気兼ねすることもなく、気楽に振る舞えるという意見が多かったです。 また、二人で参加という男性の中には、なんと茨城から遠征された方もいました。気合入ってます! 「先輩に誘 [全文を読む]

エルメネジルド ゼニアの“メイド イン ジャパン”。ホンマタカシが撮影、加瀬亮等5人が出演

FASHION HEADLINE / 2015年09月08日19時30分

ホンマタカシ撮影の動画 --5人の“キー・オピニオン・リーダー”のインタビュー [全文を読む]

北野武監督「結果的に笑う状態を作らないと、映画はつまらない」【前編】

AOLニュース / 2015年04月28日17時00分

北野武監督の17作目となる、待望の最新作『龍三と七人の子分たち』が公開に! 引退した元ヤクザのジジイたちが、オレオレ詐欺や悪徳訪問販売でやりたい放題のガキどもと対決する、気分爽快"ジジイ大暴れエンターインメント"について、北野監督を直撃! インタビューの【前編】では、魅力的な"ジジイ"たちについてうかがいます。 ――宣伝コピーの気分爽快"ジジイ大暴れエンタ [全文を読む]

小泉今日子&中井貴一、主演ドラマのダイジェスト映像を公開

Entame Plex / 2014年05月20日13時30分

ドラマが後半に入っていくにあたり、番組プロデューサーである若松央樹氏、浅野澄美氏によるインタビューも到着している。――このドラマは、一言で言うとどんなドラマでしょうか?「笑えて、ちょっと切ない大人の青春を描いたドラマです」――見所はどこでしょう?「ズバリ、小泉さんと中井さんのリアリティある、コミカルな掛け合いです。古都・鎌倉を舞台に、アクションや大きな事件 [全文を読む]

フォーカス