視聴率 加瀬亮に関するニュース

第17回「あなたの21世紀マイ・フェイバリット連ドラ」

ソーシャルトレンドニュース / 2017年02月03日19時00分

なぜ同作品、とりわけ1stシーズンがこれほど安定して高い視聴率を取ったかというと、思うに連ドラで描かれるべき3つの世界――「主人公」、「主人公とヒロイン(女優が主人公の場合はその逆)」、「チーム」という、いわゆる“連ドラ三界”をちゃんと描いていたからなんですね。そう、連ドラ三界――。まず1つ目の世界。木村拓哉演ずる主人公・久利生公平は中卒の検事で、普段はジ [全文を読む]

ドラマ「神の舌を持つ男」、向井理を食う火野正平の“白ふんどし”

アサジョ / 2016年08月01日09時58分

しかし視聴率は初回から6.4%、6.2%、5.7%と右肩下がりで、低迷ぶりが止まらない。 堤監督が手掛けた仲間由紀恵、阿部寛コンビでおなじみの「TRICK」(テレビ朝日系)、熱愛報道があった戸田恵梨香、加瀬亮が共演した「SPEC」(TBS系)はどちらも映画化もされており、当初は今作も映画化が噂されていた。しかし、一部スタッフからは「映画化どころか、このまま [全文を読む]

『神の舌を持つ男』が低視聴率更新中 救うのは「あの人」か?

しらべぇ / 2016年07月27日06時30分

■向井理の舌が原因?堤氏の作品ということで高視聴率が期待されていたが、初回の視聴率が6.4%、2話の視聴率も6.2%と振るわなく、既に打ち切りが心配されている。Twitter上では、低視聴率の原因をどのように言われているのだろうか。神の舌を持つ男、正直言います、気持ち悪い!どうしたんだ向井理— ほずみ@リリイベ広島余韻 (@hozumi_spec) Jul [全文を読む]

「とと姉」で好演の坂口健太郎 塩顔男子の存在感を発揮

NEWSポストセブン / 2016年05月11日07時00分

視聴率好調が続く、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。亡き父にかわって家族を支える常子をはつらつに演じる高畑充希(24才)や、彼女を支える周囲の役者たちの演技が光るが、そんななかで、植物を研究する大学生を好演しているのが坂口健太郎(24才)だ。今、注目の“塩顔男子”という坂口だが、この塩顔男子の俳優には、意外な“武器”があるという。コラムニストのペリー荻 [全文を読む]

嵐・櫻井翔の『アブナイ夜会』、最高視聴率更新! 愛用セカンドバッグ、茶封筒が話題に

サイゾーウーマン / 2014年10月10日18時00分

ファンにとって注目度の高い内容だったこともあり、視聴率は11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を獲得。4月の放送開始以来、最高視聴率を記録した。 櫻井の「ハワイの夜」は、まずカメラを持った番組スタッフが、ホテルの部屋を訪ねるところからスタート。櫻井はすっぴんにツアーTシャツ、短パンというラフなスタイルで登場し、お酒を調達するために買い出しに行く場面では [全文を読む]

不評の浜崎あゆみ主題歌に“苦肉の策”!? 小泉今日子主演『続・最後から二番目の恋』好発進も賛否

日刊サイゾー / 2014年04月18日20時30分

小泉今日子と中井貴一がW主演を務める連続ドラマ『続・最後から二番目の恋』(フジテレビ系/木曜夜10時~)が17日にスタートし、初回平均視聴率14.0%を記録。同クールの民放連ドラ視聴率において、『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)、『アリスの棘』(TBS系)に続く3番目の好発進となった。 同作は、2012年1月クールに放送され、「第49回ギャラクシー賞」 [全文を読む]

「女囚セブン」剛力彩芽の棒演技をカバーする脚本と脇役の力

アサジョ / 2017年04月28日18時15分

4月21日にスタートした深夜ドラマ「女囚セブン」(テレビ朝日系)が初回視聴率7.5%を記録した。主演を務める剛力彩芽はこの1年、深夜ドラマに出ずっぱりで、7.5%という数字はそれらのどのドラマよりも高い。「この設定ならゴールデンタイムでもイイ線まで行けたのにもったいないですよ。このドラマの脚本担当である西荻弓絵は主演俳優に合ったキャラクター作りに定評があり [全文を読む]

キョンキョンに篠原涼子に浅野温子!センチな秋にしっとり楽しめる大人の恋愛ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2016年10月24日14時45分

平均視聴率は23.6%、最終回では36.7%という視聴率を記録しました。 主人公で建設管理会社の万年係長、星野達郎役を武田鉄矢さんが演じ、ヒロインでオーケストラのチェリスト、矢吹薫を浅野温子さんが演じました。武田鉄矢さんの同作でのセリフ「僕は死にましぇん」は、同年の新語・流行語大賞(大衆部門・金賞)となり、主題歌のCHAGE&ASKA「SAY YES」は、 [全文を読む]

キムタクも迷惑顔?! TBSプロデューサーの評判

NewsCafe / 2015年03月24日17時00分

「そして新しくできた『SPEC』の公式ツイッターには、『今後は宣伝チームによる告知のみとなります』と、わざわざ植田P不参加を暗に匂わせた文言の注意書きがあり、お騒がせ男のポジションを確立しました」 そういえば、「まっしろ」の視聴率が惨敗状態だったことについて公式ツイッターで異例の謝罪をしたことが話題になった。 「はい。『すべての責任は僕にあります』とやっ [全文を読む]

『まっしろ』『SPEC』プロデューサー、炎上Twitter連発で「業界内では要注意人物」?

サイゾーウーマン / 2015年03月15日09時00分

視聴率についてドラマの公式Twitterが異例の“謝罪”をしたことが話題となった、堀北真希主演ドラマ『まっしろ』(TBS系)。現在、同番組を担当しているTBSプロデューサー・植田博樹氏の個人Twitterアカウントが一部で注目されている。 植田氏は、SMAP・木村拓哉主演『ビューティフルライフ』『安堂ロイド~A.I.knows LOVE?~』、中居正広主 [全文を読む]

杏『花咲舞』がトップ完走、SMAP・香取はワースト3位! 春ドラマ視聴率ランキング

サイゾーウーマン / 2014年06月28日13時00分

全話の平均視聴率ではどのような順位となったのか、ベスト&ワースト3位を中心に振り返る。 高視聴率を獲得し、春ドラマトップに輝いたのは杏主演『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)で、全10話の平均視聴率は16.0%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)だった。池井戸氏の作品が原作で、杏が女版“半沢直樹”を好演。上川隆也とのコンビで銀行内のトラブルを解決す [全文を読む]

フォーカス