大韓航空 デルタ航空に関するニュース

デルタ航空、大韓航空とのパートナーシップを拡大

PR TIMES / 2017年03月29日17時21分

太平洋横断路線の成長と顧客利益の拡大を実現するため、共同事業を実施することに合意【米国アトランタ/韓国ソウル、2017年3月29日】 – デルタ航空(NYSE:DAL)と大韓航空は本日、両社の長年の提携関係をさらに強化することに合意しました。太平洋横断路線網を拡張することにより、お客様により多くの選択肢を提供するとともに、米国-アジア間の市場競争を促進しま [全文を読む]

デルタ航空が加盟する航空連合スカイチーム、創立15周年を迎える

PR TIMES / 2015年06月23日16時13分

1. デルタ航空と共にスカイチームを創立したのは、アエロメヒコ航空、エールフランス航空、大韓航空の3社です。2. スカイチームは創立以来、成長を続け、現在では加盟20社を擁する世界第二の航空連合に成長しました。3. スカイチームの本部はオランダ、アムステルダムのスキポール空港近くにあります。デルタ航空の大西洋路線での共同事業のパートナー、KLMオランダ航空 [全文を読む]

旅行好き必見!10月1日から燃油サーチャージが値下がりするぞ!

GOTRIP! / 2014年10月01日00時00分

・JAL 2,500円 → 2,000円 ・ANA 2,500円 → 2,000円 ・大韓航空 2,200円 → 2,200円(変更なし) ・アシアナ航空 2,500円 → 2,200円 日本 → 中国 どの航空会社でも片道のサーチャージは5,500円のようです。 ・JAL 7,000円 → 5,500円 ・ANA 7,000円 → 5,500円 ・中国 [全文を読む]

価格が手頃な航空会社2位「スカイマーク」を抑えて1位になったのは?

Suits-woman.jp / 2016年09月30日08時00分

■飛行機をどれくらいの頻度で利用しますか?週に1回以上 0.4%月に2~3回程度 1.1%月に1回程度 1.9%年に5~6回程度 4.2%年に2~3回程度 11.1%年に1回程度 12.8%それ以下 55.2%利用したことはない 13.4%利用航空会社TOP3は「全日空」「日本航空」「大韓航空」飛行機を利用したことがある人に、利用したことがある航空会社を複 [全文を読む]

デルタ航空、ロサンゼルス国際空港の第2および第3ターミナルに移動

PR TIMES / 2017年03月23日13時53分

今後TBITとの連結が完了すれば、エールフランス-KLM、アリタリア、中国東方航空、中国南方航空、大韓航空、ヴァージン オーストラリア航空などの提携航空会社ともシームレスな乗り継ぎが可能となります。移動後のターミナルには、ビジネスクラス「デルタ・ワン」専用チェックインラウンジや、ラウンジ「デルタ スカイクラブ」、インライン・スクリーニング・システムを完備し [全文を読む]

デルタ航空、成田空港にセルフサービス・チェックイン機を増設

PR TIMES / 2013年08月14日19時15分

この中には、アエロフロート航空、アエロメヒコ航空、アリタリア-イタリア航空、エールフランス航空、KLMオランダ航空、大韓航空、中国南方航空、ベトナム航空、および今後正式加盟予定のガルーダ・インドネシア航空が含まれます。デルタ航空は米国航空会社の中で最多の日本発着便を運航しています。成田空港をアジア地域のハブ空港と位置付け、米国本土8都市、ハワイ、グアム、サ [全文を読む]

ANA、次の新規路線を決めるのは「B787」だ ハワイには大型機、マイルが使いやすくなる

東洋経済オンライン / 2017年04月25日08時00分

――この3月には米デルタ航空と韓国の大韓航空が太平洋路線において、共同事業(運賃やダイヤを2社で調整し収入を共有する提携)を行うことに合意した。仁川とのハブ競争をどう切り抜けるか。われわれは米ユナイテッド航空と共同事業でよい関係を築いている。これから先、デルタと大韓がどう作り込んでいくかが成功のカギとなるだろう。ダイヤをきちんと調整し、仁川での乗り継ぎ時間 [全文を読む]

ガルーダ・インドネシア航空 2014年3月5日(水)よりスカイチームに正式加盟予定

PR TIMES / 2014年01月17日13時34分

加盟航空会社:アエロフロート航空、アルゼンチン航空、アエロメヒコ航空、エア・ヨーロッパ、エールフランス航空、アリタリア航空、チャイナ エアライン、中国東方航空、中国南方航空、チェコ航空、デルタ航空、ケニア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、ミドル・イースト航空、サウディア、タロム航空、ベトナム航空、廈門航空。スカイチームは、世界178カ国の1,024都市へ [全文を読む]

フォーカス