スケジュール 内村光良に関するニュース

芸能界「共演NG」最新リスト!(4)内村光良が宗教を巡ってあの人とトラブル?

アサジョ / 2017年03月08日10時15分

さらに、出演者の顔合わせが井川のスケジュールに合わせて作られていたことを知って激怒。事務所に共演NGを通告したエピソードは有名です」(女性誌記者) 今やモデルの世界では主婦層から絶大な支持を得ている井川。女性視聴率獲得のためには、キムタクもそろそろNGリストから外したほうがいいかも? [全文を読む]

内村光良「優しかった」浜田雅功の素顔を明かす

日刊大衆 / 2016年10月26日15時30分

スケジュールや予算の都合で、今となってはダウンタウンとウンナンのコント競演は難しいでしょうが、実現するならばもう一度、見てみたいですね」(お笑いライター)――ぜひ実現を! [全文を読む]

芸人不要時代の到来か!? 秋の新番組が次々と爆死

メンズサイゾー / 2013年10月27日13時00分

ただ、そうした芸人さんというのは、レギュラーがない代わりにイベントなどの営業が多くて、スケジュールが組みづらく、それゆえ長期の海外ロケなどには向いていないんですよ。突発的な仕事も多いですから。逆にレギュラーの確定している芸人さんのほうがスケジュール調整は楽なんです。しかし、そうした芸人さんというのは、ギャラも高ければ、だいたいスタジオのひな壇芸人より格が上 [全文を読む]

ハリセンボン・近藤春菜の浮かれぶりを見守る、内村光良の悲しい「親目線」

サイゾーウーマン / 2013年01月23日13時00分

オアシズ・光浦靖子との福岡の旅でも、北陽との北海道の旅(ともに12月22日放送分)でも、驚異的なスケジュールで飲食店をハシゴしまくり、人間離れした食欲で食べまくる姿を見るウッチャンは、ただただ爆笑していた。ツッコミもフォローも必要ない、VTRの完成度の高さへの安心感からだろう、ただ「観客」になっているように見えた。一方、同じマセキ芸能社の出川哲朗や狩野英孝 [全文を読む]

テレビ局が行列!? 出川哲朗「新視聴率王」の快進撃

日刊大衆 / 2017年06月25日11時05分

現在、各局が出川のスケジュールの争奪戦を繰り広げる、異常人気になっています」(テレビ雑誌記者) 同番組は、6月11日の放送でも20.6%を記録し、6週連続、今年10回目の20%の大台を突破。メインとなったのは、出川が世界の有名人たちと写真撮影をするべく奮闘する人気シリーズの『パパラッチ出川inカンヌ』だ。 「出川のデタラメな英語がいつも面白く、今回も、ユマ [全文を読む]

新番組『にちようチャップリン』スタート記念!3/31(金)と4/1(土)に無料お笑いLIVE開催!

PR TIMES / 2017年03月29日14時54分

新たなお笑い界のスターがここから生まれる!? 【M C】内村光良(ウッチャンナンチャン) 【出演者】土田晃之、千鳥(大悟・ノブ)、ハリセンボン(近藤春菜・箕輪はるか)、 井戸田潤(スピードワゴン)、田中卓志(アンガールズ) イベントの観覧方法や注意事項などは、特設サイトhttp://www.tv-tokyo.co.jp/sakuramatsuri2017 [全文を読む]

出川が明かす『イッテQ』人気の秘密

日刊大衆 / 2017年02月16日10時00分

「出川はこの日の取材会で、『イッテQ』では20分のVTRを作る際に、出演者のスケジュールを6日間押さえていると明かしました。これは普通のバラエティ番組ではまずありえないことです。出川も“ぶっちゃけ6日間もあったら2時間特番が作れる”なんて笑っていましたね」(テレビ誌ライター) 出川はこの日の取材会で、「でも、それだけみんなが熱を込めて『イッテQ』を作って [全文を読む]

フジ、ウッチャンナンチャンと険悪ムード!? 『27時間テレビ』司会白紙にMC番組大コケ中

サイゾーウーマン / 2016年06月20日12時45分

もっと数字の低い番組があるので、ネットなどではそこまで指摘されていませんが、人気芸人のスケジュールを押さえ、時間をかけてコントを撮っているので、意外と予算がかかっているんです。それなのに視聴率は4月のスタート当初の6%台から下降を続け、5月は4%前後と、コスパが相当悪い。今はその番組の立て直しに手いっぱいで、南原側も『27時間テレビ』どころではないといった [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】華丸・大吉がナインティナインに感謝「神社つくって奉納したい」

TechinsightJapan / 2015年12月02日15時45分

大吉はその時、ナインティナインの2人が楽屋の畳にうつぶせに倒れこんで寝ているのを目にして過酷なスケジュールを実感。「こんな人たちが同年代にいるんだ!」と驚いた。岡村と矢部も「忙しくて、遠いところ(の仕事)には行かさんどいてと思った」「寝るのが楽しみだった」「明日は何時間寝れるかなとばかり考えていた」とその頃を思い出していた。また、当時は芸人の上下関係が厳し [全文を読む]

ウッチャン妻・有美夫人 カリスマママ化で名門お受験に成功

NEWSポストセブン / 2015年11月26日16時00分

女子アナ時代より忙しいんじゃないかっていうスケジュールでしたね。それでいて、ママ友たちとのランチ会もちゃんと出て、近所づきあいも完璧。まさに“カリスマ・ママ”って感じです。自宅にお友達を呼んでおもてなしをすることもあって、ママ友が遊びに行くと、たまに内村さんが家にいることもあるみたいです。パパがいても自由にお友達を呼べるなんて、すごくいい関係ですよね」(有 [全文を読む]

フォーカス