赤西仁 田口淳之介に関するニュース

赤西仁から元ジュニアまで!「ジャニーズ退所組」のライブ配信が増加

しらべぇ / 2017年04月11日08時30分

元KAT-TUNの赤西仁くんや田口淳之介くん、そしてまさかの高橋直気くんまで! 高橋くんはタッキーなどとともに人気だったジャニーズJr.でしたが絶頂期に事務所を辞め、直後にSPEED島袋寛子とスキャンダル報道があった人物です。高橋くんは長い間消息不明で30代に到達。2015年から音楽活動を始めたそうで先日、LINE LIVEで動画配信をしました。◼︎ジャニ [全文を読む]

元KAT-TUN・赤西仁が中国で返り咲き?田口淳之介との違いとは

デイリーニュースオンライン / 2016年09月29日10時05分

元KAT-TUNの赤西仁(32)が俳優の山田孝之(32)と共に、ユニット・JINTAKAを結成。今月21日発売のシングル「Choo Choo SHITAIN」が、20日付のオリコンデイリーシングルランキングで2位を獲得した。同ランキングでは、1位がEXILE THE SECONDの「WILD WILD WILD」、3位がaikoの「恋をしたのは」となってお [全文を読む]

「あいつ、バカじゃね!?」電撃結婚した赤西仁にKAT-TUNメンバーの冷ややか反応

日刊サイゾー / 2012年02月26日08時00分

今月2日に女優の黒木メイサと入籍した元KAT-TUNメンバーの赤西仁。電撃発表から2週間あまりが過ぎたが、おめでたい話なのにもかかわらず、業界内に祝福の声は皆無と言っていい。 当のKAT-TUNメンバーの反応も薄く、イマイチ存在感の薄い中丸雄一はテレビで赤西結婚のニュースを知ったそうで「朝、テレビをつけて『マジすか?』と言っちゃいました。いやぁ、ビックリし [全文を読む]

待望の写真集も大コケ?元KAT-TUN田口淳之介の”厳しい現実”

デイリーニュースオンライン / 2017年07月10日11時45分

「田口はKAT-TUNのなかでも赤西仁(33)、田中聖(31)に続く3人目の脱退メンバーです。田口脱退から数カ月後、KAT-TUNは昨年5月から充電期間に突入し、活動を休止しています。そのためKAT-TUNファンからすれば、田口は活動休止の原因を作ってしまったと見られているのです。KAT-TUNがグループとして活動できない中、自身はのうのうとソロで音楽活 [全文を読む]

元KAT-TUNの明暗! 赤西&山田孝之ユニットはオリコン2位、田口淳之介と田中聖は……

サイゾーウーマン / 2016年09月23日09時00分

元KAT-TUN・赤西仁と俳優・山田孝之によるユニット・JINTAKAのデビューシングル「Choo Choo SHITAIN」(9月21日発売)が、20日付のオリコンデイリーシングルランキング2位に初登場した。同日には、同じく元KAT-TUNの田中聖がボーカルを務めるバンド・INKTのミニアルバムが発売されるなど、KAT-TUN元メンバーの動きが活発化して [全文を読む]

赤西仁「アジアで最も影響力のあるアーティスト」受賞はジャニーズ凋落の証拠?

アサジョ / 2016年09月16日09時59分

同じKAT-TUNの赤西仁だ。2012年に女優・黒木メイサとデキ婚した際は、猛バッシングを受けたが、ポリシーを曲げることなくソロで海外進出。2014年にジャニーズ事務所を退所して、ソロアーティスト「JIN AKANISHI」として再出発すると、翌2015年には米映画情報サイト「TC Candler」で、「世界で最もハンサムな顔100人」で34位に選ばれた。 [全文を読む]

元KAT-TUN・田口淳之介、電撃復帰のウラに”大人の思惑”

デイリーニュースオンライン / 2016年09月06日12時05分

過去には赤西仁(32)や田中聖(30)も、KAT-TUN脱退後にジャニーズを退社しているが、いずれも目立った活動を行っていない。結果的に後を追う形となった田口も、もはや実質引退状態になるのではと噂されていた。それだけに、今回の復帰発表には驚きの声も挙がっている。 ■田口淳之介は利用されただけ? 特に芸能界では、事務所退社後1年間は活動できないという暗黙のル [全文を読む]

元KAT-TUN・田口淳之介は何もかも中途半端!? CD付きセミヌード写真集“初週1,279部”の衝撃!

日刊サイゾー / 2017年07月10日20時30分

「元KAT-TUNの赤西仁がそうだったように、レコード会社のユニバーサルは、田口がもっとファンを引っ張ってこれると踏んでいたようです。田口が脱退した直後、3人となったKAT-TUNは、1年以上活動休止状態が続いている。いまだに『田口のせい』と悪態をつくジャニヲタもおり、ファン離れは進む一方です」(同) また、ネット上では田口の実力不足を指摘する声も多い。 [全文を読む]

KAT-TUN、復帰の形は「そんなのとっくに考えてる」、関係者が明かす“今まで言えなかった歴代メンバーの素性”

messy / 2017年04月28日18時00分

亀梨和也、赤西仁、田口淳之介、田中聖、上田竜也、中丸雄一の6人で活動を開始し、2006年3月22日にCDデビュー。前年の2005年に亀ちゃんと仁くんが『ごくせん』(日本テレビ系)に出演したことで一気に人気沸騰して、正式にCDデビューする数日前に東京ドームで単独ライブを慣行。その期待値は膨れ上がるばかりで、女優さんをはじめ、そこら中の人が「KAT-TUN好き [全文を読む]

KAT-TUNとは連絡すら取らず…田口淳之介インタビューでわかった根深い確執

アサジョ / 2017年04月10日10時15分

まだ語ることのできない、根深い何かがあったのでは、と思いました」(芸能記者) 赤西仁、田中聖、田口と脱退者が相次ぎ、現在は活動休止に追い込まれてしまったKAT-TUN。グループ内のしこりは、想像以上に深刻だったようだ。 [全文を読む]

“KAT-TUNで一番音痴”田口淳之介のソロデビュー曲が「心配レベル」……無遠慮発言に批判も

日刊サイゾー / 2017年04月06日20時30分

MVのほうも、ジャニーズ時代から歌唱力や存在感がずば抜けていた赤西仁と比べると、「よくメジャーデビューできたな……」と今後が心配になるレベル。それでも大手レコード会社とメジャー契約が結べたのは、KAT-TUN時代の輝かしい栄光と、応援し続けようとする根強いファンに価値があるからだろう。 そんな田口が2001年から所属していたKAT-TUNだが、10年に赤西 [全文を読む]

元ジャニ・田口淳之介、独り立ちの今後

NewsCafe / 2017年03月28日11時24分

「先に脱退した赤西仁(32)や田中聖(31)の方が音楽性の点では田口より上なのに、なぜ田口が短期間でメジャーデビューできたのか。最初から野望を叶えようとKAT-TUNは踏み台にすぎず、相当なコネがあったのではと疑ってしまいます」(先のウオッチャー) KAT-TUNの一員としての人気を獲得してからのソロデビュー。 果たして最初からピンで活動していたとしたら [全文を読む]

「KAT-TUNでいちばん音痴」田口淳之介、異例の早さでソロメジャーデビューも心配が……

日刊サイゾー / 2017年02月18日19時00分

いい例が、同じKAT-TUNのメンバーだった赤西仁だ。赤西は2010年8月にグループを脱退後、ソロ活動をしていたが、14年2月で同事務所を退所。その後、同7月より個人事務所を立ち上げ、ソロ歌手として再スタートを切ったが、インディーズでの活動を余儀なくされ、芸能界の表舞台から消えたまま。私生活では、12年2月に女優・黒木メイサと結婚し、同9月に第1子となる [全文を読む]

「結婚寸前」で逆風だらけの田口淳之介!? 「既婚ソロアイドル」の厳しさと、過去の「ジャニタレ破局」の真相

Business Journal / 2016年09月07日09時00分

かつてKAT-TUNに所属していた赤西仁は、12年に黒木メイサと結婚したが、そのペナルティとして主演が内定していたドラマの降板と全国ツアーが中止されたと報じられた。また、中澤裕子・坂本昌行(V6)、上戸彩・森田剛(V6)、菅野美穂・稲垣吾郎(SMAP)、といった数々のカップルが、結婚間近と言われながらも、ジャニーズ事務所からの圧力が一因となり破局していっ [全文を読む]

KAT-TUN充電期間中にソロで活動再開した田口淳之介にファンが怒り心頭!

アサジョ / 2016年09月05日17時59分

結局、黒木メイサとのデキ婚で赤西仁が抜け、素行不良で田中聖が追い出された。田口は2007年に5歳年上の女優、小嶺麗奈との熱愛発覚後、事務所の猛反対を無視して同棲を続けており、退所は結婚のためともっぱらだった。それが何のけじめもつけないままソロで活動再開では、ファンも理解に苦しむというもの」(スポーツ紙記者) ジャニーズウオッチャーが解説する。「田口脱退の後 [全文を読む]

KAT-TUNに波乱?元メンバー田口淳之介が”掟破りの活動再開”

デイリーニュースオンライン / 2016年09月03日09時05分

「デビュー4年目の2005年、亀梨和也(30)と赤西仁(32)が出演した『ごくせん』第二シリーズが全10話すべて平均視聴率25%を記録。最終回も32.5%をマークし、グループの知名度向上に一役買いました。さらに2006年、メジャーデビューする前に早くも東京ドームでライブを開催。CDデビュー前のアーティストが単独で東京ドームでライブしたのは史上初の快挙でし [全文を読む]

KAT-TUN、メンバーの涙で“充電活動”突入……熊本の田口淳之介は「元気そう」!?

サイゾーウーマン / 2016年05月04日09時00分

赤西仁、田中聖に続いて田口淳之介が3月末でグループを去り、KAT‐TUNは亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人に。3月でCDデビュー10周年という節目を迎えたばかりだが、今後は「個々が力をつけるため」にソロ活動を展開する。 4月3日にスタートした同ツアーは、名古屋と大阪を回り、4月29日~5月1日に東京ドームで公演を開催。1日の最後の挨拶では、中丸が“充電期 [全文を読む]

KAT-TUN10周年ライブあいさつ全文掲載【亀梨和也編】赤西、田口、田中にも「ありがとう」

Smartザテレビジョン / 2016年05月02日07時24分

A、赤西仁。T、田口淳之介。T、田中聖。U、上田竜也。N、中丸雄一。この6人で結成されたグループです。なのでこの6人が集まらなければKAT-TUNというグループはもしかしたらなかったかもしれないし、僕自身もKAT-TUNのメンバーとして、今、皆さんとこうして、出会うことはなかったかもしれません。なので、ここにいる2人はもちろん、色々ありましたけど、抜けてい [全文を読む]

KAT-TUN・田口淳之介の脱退理由は「気象予報士になりたいから」!? グループ崩壊でシャッフル危機も

日刊サイゾー / 2015年12月11日11時00分

2010年に赤西仁が脱退し、13年には田中聖が解雇されている。 田口の脱退&退所には2つの理由があったと、女性誌記者は語る。 「KAT-TUNは離脱者が続いたため、来年は個人よりもグループでの活動を優先する方針を固めていました。ところが、田口には気象予報士になりたい夢があり、2年前から資格を取ろうと本気で猛勉強していた。もうひとつは、07年に交際が発覚した [全文を読む]

亀梨和也、新ドラマ『怪盗 山猫』が“ゴリ押し継続”の試金石に? 本格ソロ歌手活動はKAT-TUN解散の布石か

おたぽる / 2015年12月10日09時00分

「亀梨といえば2005年、当時まだKAT-TUNに所属していた赤西仁とともに、ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)の第2シリーズにメイン生徒役で出演。平均視聴率28%を記録し、赤西との“仁亀”コンビだけでなく、KAT-TUNの認知度も爆発的に上げました。さらに、同年に放送されたドラマ『野ブタ。をプロデュース』(同)では山下智久とW主演を果たし、平均視聴率1 [全文を読む]

フォーカス