長谷部誠 三浦知良に関するニュース

プーマ(R) フットボールのスター選手たちがLINEスタンプになって登場

PR TIMES / 2016年07月11日17時37分

新スパイクevoTOUCHの発売にあわせ、三浦知良、長谷部誠、川島永嗣、オリヴィエ・ジルー、マルコ・ロイス、セスク・ファブレガスらがLINEスタンプに 2016年7月11日 日本 東京発-グローバルスポーツブランドのプーマは、新スパイク「evoTOUCH(エヴォタッチ)」の発表とあわせて、プーマのフットボールカテゴリーを代表する選手たち「GAMECHANG [全文を読む]

キング・カズや長谷部誠、ジルーやロイス、グリーズマンがプーマのLINEスタンプに登場!

超ワールドサッカー / 2016年07月11日18時30分

▽今回LINEスタンプになったのは、キング・カズこと三浦知良や長谷部誠、川島永嗣、小林悠など日本人選手に加え、アーセナルのオリヴィエ・ジルー、ドルトムントのマルコ・ロイスのほか、セスク・ファブレガス、アントワーヌ・グリーズマンの8名となっている。▽LINEスタンプとして登場する長谷部誠は「カズさん(三浦知良)をはじめとするすばらしい選手たちと一緒に並ぶのは [全文を読む]

平愛梨と長友佑都に妊娠報道…サッカー選手を射止める女性の条件とは?

デイリーニュースオンライン / 2016年06月06日12時05分

長谷部誠(32)・佐藤ありさ(27) 長谷部誠とモデルの佐藤ありさは以前より交際が噂されており、6月3日発売の『フライデー』では“お泊り愛”が激写された。 長谷部はドイツ生活が長く、遠距離恋愛中。長谷部は2010年にフリーアナウンサーの本田朋子(32)と遠距離恋愛の末破局しているが、今度は結婚まで至るのか、気になるところだ。 また、サッカー日本代表には [全文を読む]

<サッカー>日本人選手が欧州トップリーグで大活躍!中国選手は…―中国メディア

Record China / 2017年09月21日19時50分

そして、「日本の選手たちが世界のハイレベルなリーグに進出するまでには苦難の道があった」とし、三浦知良、稲本潤一、松井大輔、高原直泰といった選手たちが道を切り開いたことで、長谷部誠、本田圭佑、香川真司、長友佑都、岡崎といった次の世代の輝かしい成果に繋がったと論じた。また、香川や本田がピークを過ぎつつある中、乾貴士、吉田麻也、酒井宏樹、大迫勇也、酒井高徳、武 [全文を読む]

大迫勇也が高校選手権の応援リーダー就任、“あのフレーズ”を直筆メッセージに

サッカーキング / 2017年08月03日09時39分

第81回(2002年度):小野伸二(清水商業高校) 第82回(2003年度):小野伸二(清水商業高校) 第83回(2004年度):平山相太(国見高校) 第84回(2005年度):大久保嘉人(国見高校) 第85回(2006年度):中山雅史(藤枝東高校) 第86回(2007年度):中澤佑二(三郷工業技術高校) 第87回(2008年度):小笠原満男(大船渡高校 [全文を読む]

毎年恒例の“カズ会”に豪華メンバー集う、吉田はカズと2ショットも「カズさん顔小さすぎるから…」

ゲキサカ / 2017年06月25日12時40分

フランクフルトのMF長谷部誠やサウサンプトンのDF吉田麻也らが自身のインスタグラムを更新し、横浜FCのFW三浦知良と海外組との食事会“カズ会”が開催されたことを明かした。 毎年恒例となっている“カズ会”。今回は長谷部と吉田、DF長友佑都(インテル)、MF香川真司(ドルトムント)、DF内田篤人(シャルケ)、MF武藤嘉紀(マインツ)が参加した。それぞれのインス [全文を読む]

恒例の“カズさん会”開催…香川はキングをバックハグ、吉田は“遠近法ショット”

サッカーキング / 2017年06月24日22時43分

参加したMF長谷部誠(フランクフルト)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、MF香川真司(ドルトムント)が24日にSNSで報告している。 海外日本人選手が横浜FCのFW三浦知良を囲んで開かれるカズさん会。今年は長谷部、吉田、香川に加え、DF長友佑都(インテル)、DF内田篤人(シャルケ)、FW武藤嘉紀(マインツ)が参加したようだ。 香川は自身のTwitter(@ [全文を読む]

「ミドルシュート決めたい」連発ストップの原口、タイ戦で再びゴール誓う

ゲキサカ / 2017年03月26日22時38分

キャプテンのMF長谷部誠(フランクフルト)の離脱に始まり、負傷者が相次いでいるハリルジャパン。それでも、いまや日本代表のエースとも言える存在へと成長した25歳は「だれが出ても十分にやれる」と力強く言い切った。 (取材・文 佐藤亜希子) ●ロシアW杯アジア最終予選特集 ●ロシアW杯各大陸予選一覧 [全文を読む]

原口3戦連発も痛恨PK献上…ハリルJは敵地で豪州とドロー

ゲキサカ / 2016年10月12日15時04分

前半5分、敵陣で相手のパスミスを原口がカットすると、MF長谷部誠の縦パスを受けた本田がワンタッチでスルーパス。ゴール前に走り込んだ原口がGKとの1対1から冷静に左足で流し込み、3戦連発となる先制点を奪った。 W杯アジア最終予選での3試合連続ゴールはアメリカ大会予選のFW三浦知良、フランス大会予選のFW呂比須ワグナー以来、史上3人目。オーストラリアの出鼻をく [全文を読む]

新婚長谷部ら国内外8選手がLINEスタンプに登場「不思議な感じ」

ゲキサカ / 2016年07月11日17時35分

日本代表MF長谷部誠らプーマ契約選手がLINEスタンプに登場した。プーマは11日、新フットボールスパイク「evoTOUCH(エヴォタッチ)」の発表と合わせて長谷部のほか、GK川島永嗣、FW小林悠、FW三浦知良らを起用した公式LINEスタンプを発表した。 上記4名の日本人選手のほか、海外選手ではEURO2016で準優勝したフランス代表のFWアントワーヌ・グリ [全文を読む]

通算47ゴールの岡崎、PKは1点のみ「苦手意識が…」

ゲキサカ / 2015年10月09日07時07分

0-0で折り返した後半10分、MF長谷部誠の縦パスに反応したFW岡崎慎司(レスター・シティ)がPA内に走り込んだところでDFアル・サリーフと交錯し、転倒。先制点につながるPKを獲得した。 「相手は前から来ていたし、裏を取れるなと思っていた。そこで一発狙えたのは良かった」。後半25分には左サイドを突破したMF香川真司の折り返しを右足で押し込み、追加点を奪った [全文を読む]

本田圭佑 W杯間近も“大不調”の理由とは?(4)不安要素は本田だけではない

アサ芸プラス / 2014年06月19日09時57分

「右膝に故障を抱えるキャプテンの長谷部誠(30)、酒井高徳(23)は初戦のコートジボワール戦に間に合わないと見られています。さらに内田、吉田も試合には出場しているものの故障明けで、長友佑都(27)は先日のキプロス戦で右ふくらはぎを打撲、好調をキープしていた岡崎までがコスタリカ戦後に発熱している。レギュラーを担ってきた今野泰幸(31)にしても、所属するJ1 [全文を読む]

ザックJAPAN「本田VS川島」の派閥バトルが勃発?(1)理想派と現実派に分かれている

アサ芸プラス / 2014年05月15日09時57分

それが、キャプテンとしてチームをまとめてきた長谷部誠(30)が形成する「現実派」グループだ。メンバーはゴールマウスの番人・川島永嗣(31)のほか、吉田麻也(25)、内田篤人(26)。サッカー担当記者が続ける。 「この派閥が設定する目標は、『前回(南アフリカ大会の成績)超え』『まずは1次リーグ突破』と、まさに現実を見据えたもの。もちろん、本田率いる理想派とは [全文を読む]

サッカーW杯日本代表のキーマンをチェック

アサ芸プラス / 2014年01月14日09時57分

あの時は、阿部勇樹をアンカーに起用し、長谷部誠と遠藤保仁のスリーボランチでした。今回も時間帯によっては、長谷部、山口蛍、細貝萌の守備的な布陣で臨むケースもあると思います」 では、予選突破のキーマンとなると誰になるのか。 「やはり(香川)真司だね。所属先のマンUで出場機会が減っている彼の調子が上がれば、チームもグッとよくなる。彼の出来がチームに与える影響は大 [全文を読む]

朴のマンU入りは極東でグッズ売るため 香川は違うとの報道

NEWSポストセブン / 2012年06月20日07時00分

奥寺康彦がドイツ・ブンデスリーガに乗り込んだ1977年からすでに35年、今では長友佑都(インテル)、本田圭佑(CSKAモスクワ)、長谷部誠(ヴォルフスブルク)ら19人の「欧州組」が、UEFAチャンピオンズリーグへの出場枠を2以上持つ主要リーグで活躍している。 一方、韓国は10人、中国は1人。日本とは圧倒的な差がついているのだが、海外で活躍するサッカー選手 [全文を読む]

フォーカス