年俸 長谷部誠に関するニュース

赤字覚悟のビッグネーム補強も続々!? 2,100億円の“放映権料”はJリーグを救うか

日刊サイゾー / 2016年11月30日21時00分

先頃も川崎フロンターレに所属する日本代表FWの小林悠に対して、1億8,000万円もの高額年俸でオファーしたかと思えば、セリエAのユベントスに所属するイタリア代表GKのジャンルイジ・ブッフォンの獲得に動いていたことも明らかになっている。また今年初めには日本代表MFの長谷部誠の在籍したこともあるVfLヴォルフスブルクのフェリックス・マガト元監督と2億5,00 [全文を読む]

Jリーグ・サガン鳥栖の新監督マガトの特訓が、まるで漫画! 恐怖の“マガトズブートキャンプ”とは?

日刊サイゾー / 2015年12月04日18時00分

2015年度の監督最高年俸であるヴィッセル神戸ネルシーニョの1億5000万円に対し、鳥栖はマガトに年俸3億円を用意。その期待は大きい。しかし、そんなクラブの思惑と反して、肝心の選手たちからは悲観的な声が相次いでいるという。 「とにかく厳しいんですよ。1週でも試合が空けば、朝から晩までの三部練習が行われます。基本練習も筋トレが多く、走り込みも他クラブの倍以上 [全文を読む]

“フジテレビ随一の人格者”元アナ本田朋子「無一文になっても支えたい」発言に賞賛の声も……

日刊サイゾー / 2015年09月01日18時00分

確かに野球やサッカーほどメジャー競技ではないバスケは、プロリーグの選手でも年俸300万~400万円なんてザラです。しかし、五十嵐はバスケ界では大スターで、年俸も1,200万~1,500万円と言われています。そこにテレビ出演料やDVDの売り上げなどが加算されるので、年収2,000万円はあるのでは。もちろん、億単位の収入を得ているプロ野球選手や日本代表の海外サ [全文を読む]

ヴィッセル神戸・ポドルスキ獲得を決めた三木谷浩史の壮大な野望

文春オンライン / 2017年07月06日20時30分

バブル崩壊とリーマンショックを経て、Jリーグのスポンサーである日本企業の収益力は低下し、年俸の高い海外の有力選手を連れてこられなくなった。Jリーグのレベルは停滞し、才能ある若手は成長のチャンスを求めて海外リーグを目指した。 本田、長友、香川など日本人選手の海外での華々しい活躍と裏腹に、若手の「出稼ぎ」が常態化したJリーグは「過疎化」が進み、アジアで勝てなく [全文を読む]

「高級時計よりも貧困の家族に住居を」…アルバニア代表DFが祖国で続ける人道支援

サッカーキング / 2017年06月01日22時26分

マーケットが拡大するに伴って年俸が高騰する一方で、選手たちも自身の責任の大きさを感じ、社会に還元しようとする機運が高まっている。今回のマヴライの話は、その一端を垣間見る良い機会となりそうだ。 サッカー選手である以上、今シーズンや来シーズンのことも聞かれたマヴライは「ハンブルクでの残留争いは本当に消耗させられた。毎試合が決勝のようなもので、負けられない戦いが [全文を読む]

フォーカス