半沢直樹 銀翼のイカロスに関するニュース

『半沢直樹』の理不尽な銀行の実態は現実?付き合いたくない銀行1位が三井住友なワケ

Business Journal / 2013年09月18日14時00分

「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社/9月21日号)は「半沢直樹はどこにいる? 頼れる銀行 頼れない銀行」という特集を組んでいる。「日曜午後9時すぎ、多くの銀行員がテレビにかじりついている。もちろん、メガバンクを舞台にした大人気ドラマ『半沢直樹』(TBS系)を見るためだ。そして、見終わった彼らは決まってこう思うのだ。『あんなまね、自分にはできないな』──。 [全文を読む]

電子書籍サービス「BOOKSMART」~『半沢直樹』シリーズ最新作(第4弾)~『銀翼のイカロス』を配信開始!

DreamNews / 2014年08月01日15時00分

日本エンタープライズ株式会社は、平成26年8月1日(金)より、スマートフォン専用電子書籍サービス「BOOKSMART」にて、ドラマ『半沢直樹』シリーズ最新作(第4弾)の原作となる、 『銀翼のイカロス』の配信を開始いたしました。 日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:植田勝典)は、平成26年8月1日(金)より、スマートフォン専用電 [全文を読む]

新作『銀翼のイカロス』にも黒崎駿一が登場! そのきっかけは片岡愛之助の怪演だった

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月13日05時50分

主役の半沢直樹を筆頭に、登場人物の強烈な個性がぶつかり合うドラマ『半沢直樹』。中でも鮮烈な印象を残したのが、オネエ口調で半沢を追い詰める国税局査察部統括官・黒崎駿一だ。歌舞伎界のプリンス・片岡愛之助さんの怪演に、心を鷲づかみにされた視聴者も多いだろう。『ダ・ヴィンチ』8月号ではそんな片岡さんに、ドラマ裏話を直撃している。 関連情報を含む記事はこちら 「オフ [全文を読む]

池井戸潤の人気シリーズが一冊に!『合本 半沢直樹』電子書籍で本日発売

@Press / 2017年09月07日13時45分

文藝春秋電子書籍編集部では、9月7日(木)、池井戸潤さんの「半沢直樹」シリーズ(『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』『ロスジェネの逆襲』『銀翼のイカロス』)をまとめた電子書籍『合本 半沢直樹』を発売します。 大手銀行を舞台にした痛快エンターテインメント小説「半沢直樹」シリーズは、2013年にTBSテレビでドラマ化され(主演:堺雅人)、「倍返しだ [全文を読む]

「この三連休にぜひ読んでみたい!」今、人気の本 ベスト5

IGNITE / 2014年11月22日09時30分

■ロスジェネの逆襲 池井戸潤 大ヒットドラマ、半沢直樹の続編小説「ロスジェネの逆襲」は上半期ベストセラーにも選ばれる作品です。ドラマの影響もあってか、原作も大変な人気となっています。「ロスジェネの逆襲」は、ドラマ版半沢直樹の続編的な物語です。 子会社に飛ばされてしまった主人公半沢直樹が、親会社から受けた圧力などを倍返しにしていくエンタテインメント企業小説 [全文を読む]

池井戸潤 未電子化3作品、8月1日(金)に一挙電子化決定!『株価暴落』は、織田裕二主演で今秋ドラマ化!

@Press / 2014年07月17日13時00分

テレビドラマ「半沢直樹」原作の『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』電子書籍版が大ヒット中の池井戸作品が一気に3タイトル電子書籍化されます。『株価暴落』は「半沢直樹」と同じく銀行を舞台にした金融エンターテイメント。10月よりWOWOWでドラマ化が決定し、主演の織田裕二が「孤高のバンカー」を演じることでも話題になっています。『かばん屋の相続』は働 [全文を読む]

半沢直樹の“新たな敵”を池井戸潤が語る ―シリーズ最新作『銀翼のイカロス』発売間近!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月12日05時50分

2作同時の映像化は、昨年の『半沢直樹』『七つの会議』に続いてのことだった。関連情報を含む記事はこちら 『ダ・ヴィンチ』8月号ではそんな池井戸潤を大特集。ロングインタビューを掲載している。「小説でもドラマでも今はコメディが難しい時代ですが、『花咲舞が黙ってない』は脚本がよくできていて、水曜夜10時に観るのにちょうどいい。杏さんも、自分なりの花咲舞をきちんと作 [全文を読む]

半沢直樹で盛り上がる“脇役陣”(1)一番の当たり役「片岡愛之助のオネエ口調」

アサ芸プラス / 2013年10月10日10時00分

しかし、「半沢直樹」が異色とも言えるのは、イメージを損ないかねない役柄を演じた俳優まで大ブレイクを果たしたことだろう。合言葉よろしく「倍返しだ」とばかりに、成り上がった脇役陣をランキングする! あるTBS関係者が言う。 「今回の『半沢直樹』では、制作費の大半が堺雅人(39)、北大路欣也(70)、香川照之(47)の3人のギャラに費やされました。そのため、他の [全文を読む]

朝日新聞、TBS、小学館の3社が異例のコラボ

PR TIMES / 2015年10月02日14時59分

半沢直樹」シリーズで知られる人気作家、池井戸潤さんの作品「下町ロケット」の続編「下町ロケット2 ガウディ計画」(以下「下町ロケット2」)を朝日新聞で連載し、小学館が単行本を出版、TBSがドラマ化。池井戸さんの作品をより多くの人に楽しんでもらおうと新聞連載、テレビドラマ、単行本の出版が同時進行する異例の企画です。第一弾として10月3日、朝日新聞朝刊の広告特 [全文を読む]

百田尚樹だけじゃない! 2014お騒がせ小説家No.1は誰だ!?●文芸編集者匿名座談会

リテラ / 2014年12月31日13時30分

Y 1位が「半沢直樹」シリーズの最新作『銀翼のイカロス』(池井戸潤)。同じく『ロスジェネの逆襲』も5位にランクインしているね。去年の半沢直樹ブームの余波が1位で、9位の『海賊と呼ばれた男』(百田尚樹)も去年の作品。いかに今年が不作だったか。村上春樹の『女のいない男たち』もミリオンに届かなかった。Z いちばんの話題はやっぱり、百田尚樹の『殉愛』騒動だよね。た [全文を読む]

「半沢直樹」原作シリーズ第4弾『銀翼のイカロス』が初登場首位

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月07日05時50分

昨夏にTVドラマ化され一世を風靡した「半沢直樹」の原作小説シリーズ第4弾、池井戸潤『銀翼のイカロス』(8月1日発売・ダイヤモンド社)が、今週8月11日付オリコン週間“本”ランキング(集計期間:7/28~8/3)のBOOK(総合)部門で初登場首位を獲得した。 関連情報を含む記事はこちら 週間売上部数は、今年発売された書籍(コミック・文庫をのぞく)で最高となる [全文を読む]

半沢“部長”の「新・倍返しの相手」

アサ芸プラス / 2013年10月09日10時00分

ドラマ「半沢直樹」は、池井戸氏の原作小説「オレたちバブル入行組」「オレたち花のバブル組」(いずれも文藝春秋刊)が下敷きとなっている。その小説「半沢シリーズ」第3弾となるのが「ロスジェネの逆襲」であり、ドラマの続編の原作となるものと期待されている。タイトルの「ロスジェネ」(ロストジェネレーション)とは、就職氷河期に入社した若い世代を指す。売り手市場のバラ色の [全文を読む]

最終回が賛否両論の『半沢直樹』、気になる続編を大予想!

週プレNEWS / 2013年10月02日12時00分

ついにドラマ『半沢直樹』(TBS系)が終わってしまった。 9月22日に放送された最終回は、なんと平均視聴率42・2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と、平成以降の民放ドラマの最高記録をマークした。 だが、その内容は、半沢(堺雅人)が仇敵である大和田常務(香川照之)の不正を暴き切ったにもかかわらず、証券会社への出向を命じられて幕切れという少々意外なものだった [全文を読む]

池井戸潤が最新作「アキラとあきら」を語り尽くした!(2)バブルの最中は両極端だった

アサ芸プラス / 2017年05月30日12時54分

銀行ものの先行作で、やはりバブル期に入行した銀行員の奮闘を描いた「半沢直樹シリーズ」も、勧善懲悪の痛快な物語の裏に、宴のあとの虚しさをはらんでいた。本作はその手前、まだ渦中にいる人々の物語である。「バブルの最中は、彬の父親のように『いつかは終わる』と冷静に見ている人と、その弟たちのように『いやいや、まだまだ』と突っ走る人が両極端でした。相場は誰にも予測でき [全文を読む]

池井戸潤が最新作「アキラとあきら」を語り尽くした!(1)物語は著者の半生にちなんだキーワードが関わる

アサ芸プラス / 2017年05月30日05時54分

ドラマ「半沢直樹」や「下町ロケット」などの原作で知られる人気作家の池井戸潤氏。ファン待望の最新作は、銀行を舞台にした渾身作だ。すでに7月放送のドラマ化が決定したばかりか、池井戸氏としては珍しい青春小説を彷彿(ほうふつ)させるストーリーが注目を集めている。その傑作の舞台裏を著者が語り尽くした。 父の経営する町工場の倒産を見て育った息子、山崎瑛(あきら)。名門 [全文を読む]

池井戸潤さんがAudiで日本全国を巡る 連載エッセー広告を4月18日掲載開始

PR TIMES / 2015年04月17日17時43分

テレビドラマ『半沢直樹』の原作、『オレたちバブル入行組』などのシリーズは合計400万部を突破。「倍返し」は流行語にもなった。最新刊は『銀翼のイカロス』。愛車はAudi RS 6 Avant。 [画像2: http://prtimes.jp/i/9214/76/resize/d9214-76-380764-0.jpg ] 企業プレスリリース詳細へPRTIME [全文を読む]

『2014年honto年間ランキング』発表!

PR TIMES / 2014年12月18日15時18分

半沢直樹」効果で勢い止まらず、ロングセラーとなっています。年代別ランキングでは、20代、30代で『嫌われる勇気』が1位となっていますが、40代では『海賊とよばれた男』が1位となり、熱い男・出光佐三の生き様に40代から支持されました。『嫌われる勇気』は超ロングセラーとなっており、毎月コンスタントに売れている商品です。この本が起爆剤となり「アドラーの心理学」 [全文を読む]

2014年 年間ベストセラーを発表 総合第1位は『長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい』

DreamNews / 2014年12月01日09時30分

●第3位『銀翼のイカロス』は、テレビドラマで「倍返し」の流行語を生んだ「半沢直樹」シリーズの第4弾です。7月の発売直後から、30代~50代男性を中心に高い人気を集めました。●第4位『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』は、カリスマ塾教師と女子高生の二人三脚の受験勉強法を小説化した作品です。購買層は受験生の子を抱える40代女性 [全文を読む]

池井戸潤の半沢シリーズ 最新作は破綻寸前の航空会社が舞台

NEWSポストセブン / 2014年08月28日16時00分

【書籍紹介】『銀翼のイカロス』池井戸潤/ダイヤモンド社/1500円+税 東京中央銀行・営業第二部次長の半沢直樹は、破綻寸前の帝国航空を任される。政府は再生タスクフォースを結成し、500億円の債権放棄を迫ってきた。国交大臣の白井を筆頭とする政界からの集中砲火の矢面に立つ半沢。 〈たとえ相手が政治家だろうと、関係ない。この際、きっちり片を付けてやる。――やられ [全文を読む]

フォーカス