半沢直樹 アリスの棘に関するニュース

『花咲舞』『ルーズヴェルト』池井戸ドラマが好調、あゆ主題歌に臆測、ジャニーズ大惨敗……春ドラマ総まとめ

日刊サイゾー / 2014年06月27日20時30分

■『半沢直樹』便乗ドラマがワン・ツー! まず、平均視聴率のトップ10は以下の通り(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。1位『花咲舞が黙っていない』(日本テレビ系)16.1%2位『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系)14.5%3位『続・最後から二番目の恋』(フジテレビ系)12.8%4位『BORDER』(テレビ朝日系)12.2%5位『アリスの棘』(TBS系)11. [全文を読む]

『ドラマに関するアンケート調査』 T会員に聞きました! 2014年春クールのテレビドラマ視聴ランキング

PR TIMES / 2014年05月15日09時47分

●テレビを見ながら何してる?「パソコン・携帯電話・スマートフォンを操作しながら見る」「飲食をしながら見る」が6割●途中でドラマを見るのをやめてしまう理由は?1位「興味を持てない」(45.5%)、2位「忙しい」(32.4%)、3位「忘れる」(32.3%)4位「分かりにくい」(27.9%)、5位「共感できない」(24.5%)<ドラマに関するアンケート:調査結果 [全文を読む]

『花咲舞』がトップ、テレ朝不調、『続・最後から~』『極悪がんぼ』に賛否……「春ドラマ」初回視聴率ランキング

日刊サイゾー / 2014年04月23日00時00分

■トップは『半沢直樹』&『ごちそうさん』コンビ! 以下は、初回の平均視聴率のランキング(ビデオリサーチ調べ、関東地区/クールをまたぐ作品は除く)。1位『花咲舞が黙ってない』(日本テレビ系)17.2%2位『アリスの棘』(TBS系)14.2%3位『続・最後から二番目の恋』(フジテレビ系)14.0%4位『極悪がんぼ』(フジテレビ系)13.6%5位『弱くても勝てま [全文を読む]

『半沢直樹』以上の復讐劇!? 上野樹里主演『アリスの棘』瞬間最高20%超えのワケ

日刊サイゾー / 2014年04月15日00時00分

最近は、『半沢直樹』(TBS系)や『DOCTORS 2 最強の名医』(テレビ朝日系)など、悪者がはっきりしているドラマが人気。両ドラマとも、後半になるにつれ視聴率を伸ばしましたから、『アリスの棘』も高視聴率が期待できるかもしれません」(同) 好スタートとなった『アリスの棘』。新ダークヒロインは今後、どんな復讐劇を見せてくれるのだろうか? [全文を読む]

香川照之や江口洋介の「ドラマ掛け持ち」は是か非か?

アサ芸プラス / 2014年05月22日09時59分

昨年、40%を超える視聴率を記録した「半沢直樹」の夢をもう一度とスタートした「ルーズヴェルト~」だが、10%台の前半に低迷しているのは、香川と江口の“既視感”と無縁ではないだろう。 [全文を読む]

今期は「水戸黄門的ドラマ」が好調!? 杏主演『花咲舞が黙ってない』右肩上がりのワケ

日刊サイゾー / 2014年05月09日00時00分

「展開に、『半沢直樹』や『ルーズヴェルト・ゲーム』(共にTBS系)のようなインパクトはありませんが、肩肘張らずに見られると、楽しみにしている視聴者は多い。今クールは、初回視聴率14.2%と好発進だった『アリスの棘』(TBS系)や、視聴者から絶賛の声が相次いでいる『死神くん』(テレビ朝日系)など、刑事ものではない1話完結ドラマが支持を集めている印象です」( [全文を読む]

TV局 ザッピング意識するも視聴者はあまりチャンネル変えぬ

NEWSポストセブン / 2014年05月05日16時00分

昨年、『半沢直樹』(TBS系)が高視聴率だったのも、一貫したストーリーの面白さがあったからでしょう。 にもかかわらず、制作サイドは求められていない瞬間芸ばかりにこだわっていた。そのため、最近のドラマ離れが加速したのではないでしょうか。今はあまり聞きませんが、スポーツ中継のなかでも、“他局がCMに入ったから、盛り上げて!”とアナウンサーに無駄に大声を張り上げ [全文を読む]

杏が“池井戸原作”効果で独走、尾野真千子が嵐・二宮下す! 春ドラマ初回視聴率ランク

サイゾーウーマン / 2014年04月29日13時00分

初回ベスト1位になった『花咲舞~』は、昨年大ヒットした『半沢直樹』(TBS系)の原作者・池井戸潤氏の小説をドラマ化した作品。杏演じる花咲舞が銀行に関する事件や不祥事を解決していくストーリーで、初回は17.2%(ビデオリサーチ調べ、 関東地区/以下同)の高視聴率を記録した。第2話では14.7%に下がってしまったが、15%前後の数字を維持できるだろうか? 2 [全文を読む]

「MOZU」の西島秀俊 背中に哀しみが滲み出ていると女性作家

NEWSポストセブン / 2014年04月26日16時00分

半沢直樹」の撮影中に、すでに「MOZU」の撮影が始まっていた--番宣で出た番組で、ぽろっと口にしたのです。 えっ、半年以上も前から? ドラマ一つに、いかに時間をかけて作っているのかが伝わってくるエピソードです。 時間が功を奏しているのは、役作りも同じ。西島秀俊の中には、愛していた妻を爆弾事件で失った公安警察官・倉木尚武という人物が、たしかに結晶している [全文を読む]

4月期ドラマには、複数出演している役者が6人! 今最も「売れっ子」なそのメンツ

AOLニュース / 2014年04月16日18時00分

滝藤は、『半沢直樹』(TBS系)でのブレイク後の活躍がめざましい。 そして最後に挙げるのが、同時期に3作品に出演しているオダギリジョーだ。オダギリは、フジテレビ月9ドラマ『極悪がんぼ』とTBS系の『アリスの棘』で存在感ある脇役を演じ、テレビ東京の深夜ドラマ『リバースエッジ 大川端探偵社』では主演をしている。 このように、同時期に複数の民放連ドラに出演してい [全文を読む]

【ウラ芸能】上野樹里、新ドラマへの不安

NewsCafe / 2014年03月05日15時00分

撮影が途中で中断しなければいいですが…」デスク「確かにオダジョーとは相性悪そうだ」記者「今回のドラマは『半沢直樹』(TBS)が復讐劇で大当たりしたから出た企画で、要するに二番煎じ。上野のイメージで復讐劇だと怖さだけが引き立って、視聴者受けは厳しいです」デスク「ここで一皮むけなきゃ、上野の女優生命もそろそろ危ないかもね」 [全文を読む]

フォーカス