家庭 中部電力に関するニュース

岐阜電力、6月1日より電力供給開始 岐阜県内最安値の電気料金プランを発表

DreamNews / 2017年05月31日12時00分

(1)ぎふでんBプラン(中部電力「従量電灯B」相当)はご家庭向けのプランとなり、従来の従量電灯Bと同様の契約形態となります。使用量に応じた電気量料金を細かく設定し、更に、最大11%安く(対中部電力単価比較)設定しております。 (2)ぎふでんCプラン(中部電力「従量電灯C」相当)はご家庭及び、事業者様の事務所や店舗等向けのプランとなり、基本料金が5%安く( [全文を読む]

電力サービス「ビッグローブでんき」の開始について~「ビッグローブ光」、「BIGLOBE SIM」への乗り換え併用で、年間約57,000円お得に~

@Press / 2016年04月04日11時15分

2.WEBサイトでの使用量の確認やポイントサービスが利用可能 中部電力の家庭向けWEB会員サービス「カテエネ」が利用可能で、毎月の電気料金、使用量の確認、省エネアドバイスやコラムを閲覧できる。「カテエネ」サービス利用によって貯まるポイントサービス「カテエネポイント」は、電気料金に充てたり、ギフトカードや電子マネーなどに交換可能。 [全文を読む]

光BOX+で中部電力の家庭向けWEB会員サービス「カテエネ」が利用可能に~テレビをネットに簡単接続する「光BOX+」で「カテエネアプリ」の提供を開始~

@Press / 2015年07月01日10時00分

西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:村尾 和俊、以下、NTT西日本)は、当社商品「光BOX+(HB-1000「2」/情報機器)※1(以下、光BOX+)」において、中部電力株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:勝野 哲、以下、中部電力)が提供する家庭向けWEB会員サービス「カテエネ」(以下、カテエネ)をテレビで簡単にご利用い [全文を読む]

ネットマイル社 代表取締役CEO畑野仁一が「電力小売自由化とマーケティング戦略セミナー」で講演

PR TIMES / 2015年03月06日13時16分

- 4月20日(月)東京で、2016年春の電力小売全面自由化に向けて -- 家庭分野参入を見据え、マーケティングのアイデアとノウハウを紹介 -インターネット上の共通ポイントプログラムを運営する株式会社ネットマイル(本社:東京都千代田区、以下、ネットマイル社)の代表取締役CEO 畑野仁一(通称:仁)は、2016年春の一般家庭を含む低圧電力小売全面自由化に向け [全文を読む]

ADDIX、中部電力「みんなの得トクひろば」の委託運営を開始。2016年3月17日(木)サイトオープン。

PR TIMES / 2016年03月17日15時21分

デジタルマーケティング会社の株式会社ADDIX(所在地:東京都港区、代表取締役:酒井大輔 以下、ADDIX)は、中部電力株式会社(本店:愛知県名古屋市、代表取締役社長:勝野哲 以下、中部電力)の家庭向けWebサービス「カテエネ」において、新たなサービスである、商品や試供品などを提供する「みんなの得トクひろば https://tokutoku-park.ch [全文を読む]

電気代が安くなる?平成28年4月から「電力自由化」で何が変わる?

Woman Money(ウーマンマネー) / 2015年12月01日23時45分

■電力自由化って何? 現在、一般家庭の電気は、国が決めた10社の電力会社が地域ごとに独占しています。住んでいるのが首都圏なら東京電力、関西なら関西電力など、決められた電力会社からしか電気を買うことができません。平成28年4月からは、電力会社だけでなくさまざまな会社が電力を販売できることになり、どこで電気を買うかを選べるようになるのです。 電力自由化後は、 [全文を読む]

東電管内への越境売電で色めき立つ電力業界〜新電力、完全自由化加速は視界不良

Business Journal / 2013年10月28日06時00分

家庭向け電気料金を14年4月をめどに値上げすることを正式に表明し、これで本格値上げを表明していないのは、北陸電力、中国電力、沖縄電力の3社だけになる。 電力料金の値上げの結果、大口顧客の新電力への契約の切り替えが起きた。13年4月に企業向け電気料金を値上げした関西電力は、7月までのわずか3カ月間で1000件以上が新電力に乗り換えた。兵庫県内に地盤を置く、み [全文を読む]

電気の切替えはお済ですか?これから切替える人も、もう切替えた人もお得になる。「電力自由化2年目キャンペーン」&「つなが~る割」スタート

PR TIMES / 2017年03月29日09時44分

~東北電力、東京電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力管内のご家庭のお客さまが対象~株式会社洸陽電機(本社:兵庫県神戸市東灘区、代表取締役社長:乾正博、以下、当社)は、電力小売完全自由化から1年となる4月1日より、ご家庭の電気を対象とした「電力自由化2年目キャンペーン」を行います。また、本キャンペーンの開始に併せて、業界初の新しい割引サービ [全文を読む]

電力乗り換えで5つ星ホテルのランチ等が最大50%OFF! 猛暑の夏こそ検討したい、すごい特典10 【ENERGYeye/エナジーアイ】最新8月号発売!

@Press / 2016年08月01日11時00分

≪特集2≫【ご当地電力ぐるっと1周~関西編~ 迷った時のお隣さん】 電気を多く使う家庭もそうじゃない家庭も。なんなら一般家庭から店舗、企業まで。隣の人はどうして乗り換えたの?乗り換えていいことあったの?気になる方に、電力乗り換えのパイオニアたちが、こっそり教えるでんき乗り換え術。今回は国内2番目の盛り上がりを見せる関西編です。≪特集3≫【この夏、イチ押し売 [全文を読む]

<甘くはない?電力小売自由化>切り替え予定は全世帯0.1%未満という現実

メディアゴン / 2016年02月29日07時30分

石川和男[NPO法人社会保障経済研究所・理事長]* * *4月1日、家庭向けの電力小売が全面自由化される。では実際、どのくらいの人々が、電力の購入先を今の大手電力会社から切り替えるつもりだろうか?2月5日付けの日本経済新聞朝刊では、「購入先の変更を決めた消費者が関東と関西で約5万4000件に上ることが分かった」と書かれている。これは、経済産業省の関係機関が [全文を読む]

電力会社は個人が選ぶ時代に!電力自由化は節約のチャンス

JIJICO / 2016年01月06日18時00分

全ての消費者が電力会社や料金メニューを選択できるようになる 現在、一般家庭向けの電気の販売は、東京電力や関西電力など全国に10社ある各地域の電力会社が独占的に担っています。そのため、一般家庭では居住地域によって電力会社が自動的に決まり、どの会社から購入するか選択の余地はありませんでした。 しかしながら、2016年4月1日から、一般家庭向けの電力小売販売への [全文を読む]

事実上発電ゼロの日本原電 利益93億円で平均給与は637万円

NEWSポストセブン / 2012年11月09日16時00分

東京電力による「電力安定供給のための料金値上げ(家庭向けで平均8.46%」が実施されて早2か月。値上げされた請求書はすでに各家庭に届いているだろう。だが、国民の支払う電気料金が、「発電量ゼロ」の原発への電気代として支払われている実態が明らかになった。 日本原子力発電という会社がある。東海第二原発(110万kW)、敦賀原発1号機(35.7万kW)、同2号機( [全文を読む]

国内初のスーパーで購入できる電気『スマ電(R)』『主婦の店』尾鷲6店舗で取り扱い開始

PR TIMES / 2016年12月27日14時08分

■スマ電(R)取扱店舗一覧[画像1: https://prtimes.jp/i/17344/13/resize/d17344-13-254385-1.jpg ]●中部電力エリア・長島店・相賀店・せぎやま店・サンバースト・セントラルマーケット●関西電力エリア・熊野店■気になる電気料金も、「スマ電(R)」主婦の店プランなら、電気を多く使う家庭でもあまり使わない [全文を読む]

ユニーで取り扱うお得な電気『スマ電(R)』サービス拡充 10/1より、東京電力エリアでの取り扱い開始、契約容量30Aも契約対象へ

PR TIMES / 2016年09月30日11時53分

ユニーのスマ電(R)会員のお客様は、これまでより一層お得にご家庭の電気とユニーでのお買い物をご利用いただけるようになります。【 概要 】◆取り扱い日 2016年10月1日(土)~ [全文を読む]

イチから教えて電力自由化!基本情報Q&A

政治山 / 2016年03月09日11時50分

家庭で電気を使用する時間帯や使用量は違いますので、電力比較サイトなどをうまく活用して、ご自身にあったプランを選ぶのがいいでしょう。電気代の節約が大きな判断材料になると思いますが、クリーンエネルギーかどうかを前提に絞り込む人もいます。 ガス会社、ガソリン会社、通信会社…各産業界から新規参入 【Q】 どんな事業者が新規参入するの? 【A】 小売電気事業者に登 [全文を読む]

停電しやすくなるは勘違い!ママFPが教える、知っておきたい「電力自由化の基礎知識」

It Mama / 2016年03月07日11時45分

■2016年4月から一般家庭でも電気会社を自由に選べるように実はオフィスビルや工場などでは、既に電力小売の自由化がすでに実施されています。この4月以降は、さらに一般家庭や小さな商店も、地域の電力会社だけでなく、さまざまな事業会社から自由に選んで電気を買うことができるようになるのです。どこから電気を買ってもよいということは、たとえば、海辺にお住まいの方が近く [全文を読む]

電力自由化で正しいチョイスと危ない落とし穴。自分に合ったプランは?

週プレNEWS / 2016年02月18日06時00分

いよいよ今年4月から家庭向けの「電力自由化」がスタート! とはいえ、「なんとなくは知っているけど、よくわかっていない」という人も多いはず。我々ユーザーにとって、どんなメリット、デメリットがあるのか、基本的な疑問をまとめてみた。 “節約の達人”として知られる経済ジャーナリストの荻原博子氏と、ケータイジャーナリストの石川温(つつむ)氏に解説してもらおう! Q [全文を読む]

セブン-イレブンが東電に乗換えられた理由。電力会社の談合体質は小売り全面自由化後も続く

週プレNEWS / 2015年09月08日06時00分

そして、来年4月1日からは家庭向けなど50kW以下の低圧部門も自由化される。実現すれば、一般の家庭も各電力会社の料金やサービス内容を比べながら、自由に電気の調達先を選べるようになる。そのため、高圧市場でセブン-イレブンをめぐって関電と東電がせめぎ合ったように電力会社間の販売競争が勃発すると予測する声もある。 だが、そうはならない。電力会社は本気で自由競争を [全文を読む]

「日本全国の電気代ランキング2015年夏版」のインフォグラフを発表!

@Press / 2015年07月27日09時30分

■インフォグラフでみる「日本全国の電気代ランキング2015年夏版」 <一般的な料金プランで同じ量の電気を使うと一番高くなるのは、北海道電力!ひと月に約2,600円の差> もっとも一般的な従量電灯のプランで、一般家庭の平均的な月間使用量である300kWhを使った時にかかる電気代を比較すると、北海道電力が9,251円と一番高くなっています。これは、同じ条件で [全文を読む]

東電と東京ガスが全面対決!電力&ガス自由化で競争激化 孫正義は“電力王”になる?

Business Journal / 2015年06月24日06時00分

家庭向けを含めた全面自由化になると、24年度には新規参入事業者の販売電力量は3倍以上の600億キロワット時にまで拡大するとみられている。 東電の販売シェアは、14年度は9割を超えていたが、24年度には8割にまで落ち込む見通しだ。関東圏に住んでいる人は、これまでは東電からしか電気を買えなかったが、これからはサービスや価格を比較して電力会社を選べる時代になる。 [全文を読む]

フォーカス