ヤンキー 瀬戸朝香に関するニュース

瀬戸朝香、ママタレ人気暴落の分水嶺

NewsCafe / 2015年01月02日17時00分

「瀬戸は日常的に同社の商品を使っているとアピールしていたので、ネットでは『ギャラと商品の両方もらってラッキーだね』とチクられてからは『そういえば瀬戸って昔、ヤンキーだったよね』と飛び火。『中卒で街をうろついてるところをスカウトされた』『地元(愛知県瀬戸市)では有名なヤンキーだった』との黒歴史まで暴露されるハメになっています」(先のデスク) ママタレの道は [全文を読む]

芸能界「元ヤン美人」列伝(5)あのジャニーズ妻や昭和の歌姫も“ツッパっていた”!?

アサジョ / 2016年05月06日09時58分

中2の頃の『特攻』というロゴが入った帽子にグラサン姿の写真が写真週刊誌に掲載されたことも」(芸能ライター) 80年代にデビューし、一世を風靡した中森明菜と中山美穂は、ヤンキーならぬ「ツッパリ」として知られる。「明菜はツッパリの定番だったロングスカートと襟立てシャツで、肩で風を切って歩いていたとか。中学校の卒業式では仲間と『特攻隊』と書かれた日の丸を囲んで記 [全文を読む]

小泉今日子、篠原涼子…芸能界「隠れヤンキー美人」最凶は誰?

アサ芸プラス / 2016年02月07日09時59分

「マイルドヤンキー」なる言葉も誕生するなど、21世紀のいまでも日本には“ヤンキー文化”が根付いている。芸能界を見渡してみても、意外と“隠れヤンキー美人”は多い。彼女たちのテレビでは言えない裏エピソードを全部バラしちゃうんで夜露死苦! テレビのCMでセーラームーンを演じた小泉今日子だが、“おしおき”が得意だったのは芸能界デビュー前も同じ。「神奈川県厚木市のレ [全文を読む]

「全国のママを代表」自分で言っちゃった瀬戸朝香に初めてのブーイング嵐

messy / 2014年12月13日12時00分

それどころか批判の焦点は彼女の経歴にまで及び、「芸能に進むために高校行けなかったならまだしも中学出てブラブラしてるところスカウトされた“運の人”なのに」「地元では知らぬ者は居ないと言われたほどの有名なヤンキーだっけ」「地元から近いとこだけど 瀬戸朝香の元ヤン話はガチです」と、本人にとってはできるだけ掘り起こしてほしくない“中卒元ヤン”黒歴史にまで発展して [全文を読む]

能年玲奈「次作は“あまちゃん”と真逆な暴走族ヤンキー」(2)茶髪の万引き不良少女に変身

アサ芸プラス / 2013年10月23日10時00分

今回は初めての映像化ということで、40代以上のオールド世代からは大歓迎されるでしょう」(前出・芸能プロ関係者) 物語のあらすじは、40代のヤンキー直撃世代には懐かしいストーリーと言っていい。 「能年演じる中学2年生の和希は、母親の誕生日に万引きを見つかり、補導されてしまう。その後、転校生のヤンキー同級生に誘われ暴走族が集う夜の国道へ。そこで出会った年上の暴 [全文を読む]

ヒガシ、イノッチ、キムタク…嫁たちの明暗

NewsCafe / 2016年03月28日16時00分

「瀬戸と工藤に共通しているのは、元ヤンキーという点と、『私生活は見たいけど現実を受け入れたくない』という微妙なファン心理。工藤も最近、テレビで子供たちのために100%オーガニック中心の食生活に変わったことをアピールし、良妻賢母路線がウザがられています」 一方で、工藤は結婚前から絵画など芸術家としての才能もあるマルチタレント的なポジションをキープしている。 [全文を読む]

フォーカス