遊郭 吉原に関するニュース

吉原の遊郭専門書店が静かな反響「歴史的・文化的なものこそビジネスに」

週プレNEWS / 2016年10月03日06時00分

かつて江戸幕府お墨付きの“吉原遊郭”が存在し、現在も全国有数の風俗一大拠点として知られる吉原エリア。 ここに今、話題となっている小さな書店がある。9月3日にオープンした「カストリ書房」だ。 一番の特徴は、戦後、日本で売買春防止法が施行される以前(1958年3月31日まで)の“遊郭”や“赤線”、“歓楽街”にまつわる書籍を専門に扱うという点。「カストリ書房」と [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】吉原の高級遊女「花魁」(おいらん)の語源は?江戸の遊郭雑学クイズ4問

サライ.jp / 2017年02月09日19時00分

江戸の遊郭の代表格といえば吉原。艶やかで美しい花魁がしゃなりしゃなりと練り歩く花魁道中が有名ですが、そのウラ側については知らないことが多いのではないでしょうか。また、幕府公認の吉原以外の遊郭はどうなっていたのでしょう。今回は、「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題から、江戸時代の遊郭のウラ事情についてのクイズを集めてみました。吉原といえば艶やかで美 [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】吉原遊びのガイドブックは何と呼ばれた?吉原遊郭に関するクイズ4問

サライ.jp / 2017年05月06日19時00分

四方を高い塀と「お歯黒どぶ」と呼ばれる堀に囲まれ、出入り口は大門だけだった、江戸の吉原遊郭。外界と隔絶された郭内には独自の文化や慣習がありました。今回は、そんな吉原遊郭に関するクイズを「江戸文化歴史検定」(通称・江戸検)の過去問題からピックアップしてみました。最大級の遊郭であり文化の発信地でもあった吉原を、クイズを通じて覗いてみませんか?【クイズ1】江戸の [全文を読む]

憧れだった聖地“吉原”の凋落……起死回生「早朝プレイ」でも男の元気は続かず?

週プレNEWS / 2014年08月20日06時00分

■ゴージャスの極み、高級志向が様変わり! 遡(さかのぼ)れば江戸時代の遊郭を発祥とする歴史ある歓楽街。現在その地名は通称で地図にもなく、住所でいえば東京都台東区千束(せんぞく)のあたりになる。今も100軒以上のソープランドが営業し、その数も密集度も全国では飛び抜けて断トツ。上は有名人がお忍びで利用したり企業の接待に使われる超高級店から、下は大1枚強で気軽 [全文を読む]

【江戸検合格講座・江戸の遊廓】花魁の語源は?多い客層は?

NEWSポストセブン / 2012年10月04日07時01分

※週刊ポスト2012年10月12日号 【関連ニュース】吉原の遊郭 一晩遊ぶのに今のお金で100万円かかっていた江戸の無許可風俗営業所ランク1位は深川 続いて谷中赤坂ら江戸文化研究家 40代以上女性は“婆”と呼ばれていたと解説赤線・青線の時代「ショート」15分の値段はコーヒー10杯分【「江戸検」過去問】 天皇から「従四位」授かった動物は? [全文を読む]

風俗、東京五輪で壊滅危機か…梅毒など性病増加が深刻化、高齢者の風俗店利用増も原因

Business Journal / 2017年02月15日06時00分

「男一度は伊勢と吉原」――かつては伊勢神宮参拝と並び称され、「一度は行かないと男になれない」といわれた遊郭の街は、現在はソープランド街として国際的にも知られた存在となっている。 時代の流れとともに姿を変えてきた東京・吉原だが、最近はさらに様子が変わってきているという。 たとえば、「吉原のソープ嬢の間で梅毒が増えている」という噂を聞いたことがあるだろうか。こ [全文を読む]

「この上ない幸せ!!」幻の『さくらん』第二部の原稿も公開される「安野モヨコ展『STRIP!』PORTFOLIO 1996-2016」開催にファン歓喜!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月27日17時30分

江戸・吉原遊郭の中でもひときわ異彩を放つ美貌の遊女・きよ葉は自由を奪われた世界の中で誰にも頼らずまっすぐに自分を信じ、そして吉原一の売れっ子花魁・日暮となる。『さくらん』は、きよ葉の葛藤や苦悩、遊郭で起こる事件、そしてきよ葉自身の恋模様…と遊女・きよ葉が花魁・日暮となっていく人生模様を描いた安野モヨコの代表作の一つだ。 多くのファンたちが、『さくらん』で描 [全文を読む]

出版社ディスカヴァー・トゥエンティワンが創立30周年記念事業としてエンタメ小説新人賞「第1回 本のサナギ賞」大賞受賞作品を発表、架空のキャラが文壇デビューする小説レーベル「NOVELiDOL」立ち上げ

@Press / 2014年12月19日18時00分

<受賞作品一覧>作品名:滔々と紅(トウトウトベニ)著者 :志坂圭(シザカケイ)結果 :大賞作品名:はるなつふゆと七福神(ハルナツフユトシチフクジン)著者 :賽助(サイスケ)結果 :優秀賞作品名:稲荷山誠造 明日は晴れか(イナリヤマセイゾウ アシタハハレカ)著者 :香住泰(カスミタイ)結果 :優秀賞作品名:ダンスパーティー著者 :草花由(クサカユウ)結果 : [全文を読む]

安達祐実が初ヌードで濡れ場に挑戦! 花魁役の新境地で子役イメージからの脱皮に自信

週プレNEWS / 2014年09月02日15時00分

遊郭…といえば吉原。吉原…といえば花魁(おいらん)。花魁…といえば安達祐実!? そのココロは? 1日、主演映画『花宵道中(はなよいどうちゅう)』で花魁(おいらん)を演じる安達祐実が、舞台となった吉原と程近い吉原神社を参拝、ヒット祈願を行なった。 主人公の朝霧(あさぎり)は、体が火照(ほて)ると肌に“花”のような赤い斑点が浮かぶことで有名な遊女。この日は、そ [全文を読む]

日露戦争後の日本 看護服着た娼妓登場の元祖「イメクラ」も

NEWSポストセブン / 2014年06月08日16時00分

「秀吉が京都や大阪の道頓堀などに公認の遊郭をつくり、それ以外の私娼を取り締まったのが公娼制度の始まりといわれています。売春業者を1か所に集めて運営するようになるのはフランスでもナポレオンの時代(19世紀初頭)になってからですから、世界史的にも風俗産業の先駆けだったといえます」 その起こりから、日本の風俗産業は世界をリードしていたのである。秀吉が整備した公 [全文を読む]

日本初の遊郭専門書店 客層の過半数は20~30代の女性

NEWSポストセブン / 2016年10月23日16時00分

〈男のからだよりも数倍も緻密に出来ている女の味というものは、そのとき、そのときで精分が変り、夜は味わいのない女とおもったのが、朝になって見直すような味わいを見せることもあるから、これほどいい切りにくいものもない〉 〈地方分布から見れば、毛の薄いのもあれば、括約筋の吸引力のつよいのもあり、その品質はさまざまである〉 ※週刊ポスト2016年10月28日号 [全文を読む]

女子高生まで遊郭史にハマるのはなぜ? 話題の吉原「カストリ書房」とは…

週プレNEWS / 2016年10月04日11時00分

一大遊郭地として江戸時代から続き、現在でも全国有数の風俗街として有名な吉原に遊郭史や赤線史などの専門書店「カストリ書房」がオープンし話題となっている。 開店させたのは出版社「カストリ出版」の代表であり、カストリ書房のオーナー・渡辺豪氏。彼がなぜ遊郭史に興味を持ったのかを前編記事(「吉原の遊郭専門書店が静かな反響『歴史的・文化的なものこそビジネスに』」)では [全文を読む]

恋愛は究極の贅沢品? 江戸の男性が「遊郭」に惹かれた理由とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月05日06時30分

『三大遊郭』(堀江宏樹/幻冬舎)からそのこころを探ってみた。 江戸時代まで、特に武家の結婚は、家同士の結びつきを強めるための慣習だった。今の感覚だとひどいと思われがちだが、十代のうちに恋がどのようなものかを知ることもなく、親の決めた相手と結婚することなど普通のことだ。だから、結婚相手に愛情を抱ければよいが、もし相手との相性が良くなかった場合、一生恋する気持 [全文を読む]

【貴重画像】美しく妖艶。幕末〜明治の『花魁』たちに思わず見とれる

まぐまぐニュース! / 2015年10月31日00時00分

幕末期~明治初期にかけて遊郭で働いていた少女と花魁女性たち。 なかなか見ることのない当時の生活が垣間見える。 教科書、テレビなどでは知ることができない貴重な写真をご紹介させていただく。 画像出典:YouTube(驚愕のワクワクUPチャンネル) 画像出典:YouTube(驚愕のワクワクUPチャンネル) 画像出典:YouTube(驚愕のワクワクUPチャンネル) [全文を読む]

【書評】長老経営者に取材したディテールの充実した売買春史

NEWSポストセブン / 2015年05月23日07時00分

【書評】『吉原まんだら 色街の女帝が駆け抜けた戦後』清泉亮著/徳間書店/1800円+税 【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授) 千束の旧吉原遊郭跡地にのこる道路は、そのなかほどがややくぼんでいるという。雨の日には、とうぜん水たまりもできやすい。ひやかしの男たちも、おのずとそこをさけ、道の両端を歩くようになる。つまりは両側の娼家へ、たやすくひきこま [全文を読む]

吉原遊郭 規定の揚代払っても一晩中遊女が現われない悲劇も

NEWSポストセブン / 2014年09月19日16時01分

※SAPIO2014年10月号 [全文を読む]

ヌード披露の安達祐実 「子役」イメージからの脱皮に葛藤抱えた

NEWSポストセブン / 2014年09月11日07時00分

吉原遊郭の鎮守だった社で、彼女は悲恋を辿った遊女たちに思いを馳せた。 宮木あや子さんの『花宵道中』(新潮文庫刊)が映画化。その公開が11月8日に迫るなか、主演を務める安達は共演の淵上泰史(30才)と豊島圭介監督とともに同神社を訪れたのだ。 安達が演じたのは江戸・吉原の遊女、朝霧。劇中で安達は初めてオールヌードとなった。「今までの安達祐実を、すべて壊す決意で [全文を読む]

aura町奉行の金さんと一緒に遊郭潜入?! 吉原に乱れ舞う、艶やかな恋愛譚【無料恋愛ゲーム】「大江戸恋奉行~乱れ花咲く廓物語」女性向け恋愛シミュレーションゲームがついにiPhone版アプリで配信開始!

PR TIMES / 2013年07月17日13時58分

『大江戸恋奉行~乱れ花咲く廓物語~』とは、あなたが主人公になって遊郭の男花魁や町奉行たちとの恋愛を楽しむ、無料の女性向け恋愛シミュレーションゲームです。<ストーリー>時は天保期、江戸。貧乏旗本の義娘である貴女は、遊び人の金さんに前金十両で買われることに。昼は岡っ引見習いとして、夜は怪しげな茶屋で下働きとして、金さんにこき使われる事になった貴女。そんなある日 [全文を読む]

町奉行の金さんと一緒に遊郭潜入?! 吉原に乱れ舞う、艶やかな恋愛譚「大江戸恋奉行~乱れ花咲く廓物語~」大人気の女性向け恋愛シミュレーションゲームついに「Mobage」にて配信開始!

PR TIMES / 2013年03月13日12時44分

『大江戸恋奉行~乱れ花咲く廓物語~』とは、あなたが主人公になって遊郭の男花魁や町奉行たちとの恋愛を楽しむ、女性向け恋愛シミュレーションゲームです。 <ストーリー> 時は天保期、江戸。貧乏旗本の義娘である貴女は、遊び人の金さんに前金十両で買われることに。昼は岡っ引見習いとして、夜は怪しげな茶屋で下働きとして、金さんにこき使われる事になった貴女。そんなある日 [全文を読む]

「やばすぎる…」疑似恋愛は女を磨く!ドキドキが止まらない恋愛作品6選

ANGIE / 2016年08月20日17時00分

1~4巻まで出ています! 舞台は江戸時代の吉原遊郭。武家の娘である朱音は、両親を殺した犯人を探すために吉原で働き始めます。そんな彼女に救いの手を差し伸べるのが高利貸しの若旦那である近江屋惣右助。 素直になれず強がる朱音と色男、惣右助のやり取りにキュンとすること間違いなし。ヒロインの強気な性格に好感を抱く女性は多いはず。そして何より、惣右助のSっ気と優しさの [全文を読む]

フォーカス