仙台市 釜石市に関するニュース

いま、心の力になること 「全心連 心理カウンセリング シンポジウム in 東北」10月29日 仙台・10月30日 釜石にて開催

@Press / 2013年10月17日14時30分

■開催概要■名称 :いま、心のチカラになること 全心連 心理カウンセリング シンポジウム in 東北主催 :一般社団法人全国心理業連合会後援 :経済産業省(申請中)、岩手県、宮城県、釜石市、仙台市仙台市教育委員会協力 :全国カウンセリング団体協議会 一般社団法人日本メンタルトレーナー協会日時および場所:宮城県仙台市 2013年10月29日(火) 13: [全文を読む]

平成25年度文化庁委託事業「被災地における方言の活性化支援事業」 1月26日 八戸で『方言アフレコ体験ワークショップ』開催 ~2月2日仙台・2月9日釜石開催は参加者募集中 ~

PR TIMES / 2014年01月23日15時45分

http://www.cri.co.jp/news/press_release/2014/20140123000729.html?prt1コンテンツの企画制作プロデュース事業、クリエイター・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取 締役社長:井川幸広)は、青森県八戸市、宮城県仙台市、岩手県釜石市の東北各地 [全文を読む]

パソナグループ新会社『株式会社イーハトーブ東北』2月16日設立/岩手県一関市でUターン起業 “旅” と “食” で東北の魅力を発信

PR TIMES / 2017年02月14日16時33分

代表取締役 松本数馬は、岩手県一関市に生まれ育ち、東日本大震災発生時には仙台市内の金融機関に勤務していました。震災後は、被災した企業への融資業務やボランティア活動を続けながら、故郷の産業復興に貢献したいという想いを抱き、昨年起業を決意してパソナグループに入社。今回設立した新会社では、一関市・平泉町をはじめとする地域に密着した観光コンテンツを企画する「旅行事 [全文を読む]

『日本全国!地域仕掛け人市』2015年2月21日(土)品川にて開催 ~若手社会人・学生対象、地域へのUIターンや転職等のマッチングイベント~

@Press / 2015年02月20日14時30分

【イベント概要】日本全国!地域仕掛け人市(全国選りすぐりの中小企業と若手社会人・学生のマッチングイベント)日時 : 2015年2月21日(土)13:00~19:00(開場12:00)会場 : 品川グランドホール 港区港南2-16-4 品川グランドセントラルタワー3階 *「品川駅」港南口より徒歩3分参加費 : 無料定員 : 400名(先着順)申込URL: h [全文を読む]

東日本大震災被災者支援「共に生きる」ファンド 第11次助成は18事業、総額64,228,518円 ~第12次募集は1月31日~2月7日~

PR TIMES / 2013年01月22日13時54分

【セーフティネット支援:9件】1フードセーフティ(食の安全保障)ネットワーク構築の基盤整備事業(特定非営利活動法人ふうどばんく東北AGAIN)助成額: ¥3,792,800、実施場所:宮城県仙台市・宮城県全地域概要:増加傾向にある生活困窮者からの食料支援要請に応えるため、倉庫スペースを増強し、フードバンク管理システムを構築する。さらに地域資源のネットワーク [全文を読む]

東北3県の復興支援販売会「みちのく いいもん うまいもん」の開催について

PR TIMES / 2017年05月17日15時04分

参考URL:http://umaimon.smrj.go.jp/ <募集説明会> 福島会場:平成29年6月 8日(木) 郡山市民文化センター(郡山市) 平成29年6月 9日(金) 会津若松技術支援センター(会津若松市) 宮城会場:平成29年6月12日(月) 宮城県建設産業会館(仙台市) 平成29年6月13日(火) 気仙沼市民会館(気仙沼市) 岩手会場:平 [全文を読む]

「全然エリートじゃなかった」香川が“第2の故郷”で小学生に「夢」の大切さ説く

ゲキサカ / 2016年06月10日20時07分

日本代表MF香川真司(ドルトムント)が10日、宮城県仙台市の「仙台PIT」で東日本大震災の復興支援イベントにサプライズ登場し、子供たちとトークショーを行った。 エンターテインメントを通じて東日本大震災の復興支援活動を続ける「一般社団法人チームスマイル」は東京と東北3県に新たなホール「PIT」(ピット=「Power Into Tohoku!」の略称)を開設し [全文を読む]

プリンセス プリンセスの東北復興支援コンサートライブ・ビューイングに50 組100 名をご招待!

PR TIMES / 2016年02月15日10時34分

ライブ活動による収益金により被災地の医療、福祉支援や、2016 年3 月11 日に宮城県仙台市にオープンするライブハウス「チームスマイル・仙台PIT」への寄付など、音楽を通じて被災地支援を行なってきました。 WOWOW は、震災以降「エンターテインメントにできること。」というメッセージの下、エンターテインメントを通じて人々の心に安らぎや活力を生み出すことに [全文を読む]

神戸芸術工科大学公開特別講義2015『大三島から21世紀のライフスタイルを考える』

DreamNews / 2015年10月16日10時00分

近年は、東京の伊東建築塾における教育活動や、仙台市や釜石市などにおける「みんなの家」プロジェクトを通した被災地支援などの社会的活動でも注目を集め、講義タイトルにある瀬戸内海の大三島においても島づくりの活動を展開中です。学外の方も聴講自由です。日 時:2015年10月27日(火) (講演)14:40~16:20 (対談・懇親会)16:30~17:50会 場: [全文を読む]

小林武史、岸谷香も駆けつけた!いわきの文化発信地、「いわきPIT」オープン

PR TIMES / 2015年07月25日10時51分

このホールで生み出される収益金をエンタテインメントを通じた復興支援のために活用し、今回の福島県いわき市に続き、来春までに宮城県仙台市、岩手県釜石市の東北3地区に『チームスマイル・PIT』の設置を予定している。落成披露式に出席した福島県の内堀知事は、「復興の光は着実に見えている。地域活用の場に」、いわき市の清水市長は「心の復興のための夢の広場。絆を繋ぐ教育の [全文を読む]

文化庁委託事業活動報告会「方言の保存と継承 -3.11 被災地における取り組み-」の動画を公開

PR TIMES / 2015年07月06日13時11分

当社は当事業の一環として、被災地の中から青森県八戸市、岩手県釜石市、宮城県仙台市、福島県福島市、茨城県東茨城郡大洗町の5カ所の方言を取りあげ、 被災地域の方言に親しむための動画を制作し、平成25年度に当社が制作した文化庁Webページ 「方言アフレコ体験教室(*ii)」として公開いたしました。また、前述の各地域で小学生から高校生までを対象に「方言アフレコ体験 [全文を読む]

4年経っても広がり続ける震災後の“心霊伝説”目撃の裏にあるのは

週プレNEWS / 2015年03月11日06時00分

「第99話以外にも明治三陸津波の後は、幽霊話がごろごろしていたと思います」仙台市の出版社「荒蝦夷(あらえみし)」代表の土方正志氏は言う。 「東北は、昔から自然が近かった。人間の手が届かない不思議な物語が生まれる土地だったんです。笑えるホラ話や誰かから聞いたしんみり泣ける話を、皆が尾ひれをつけて繰り返し語り継いできた。それが実話か作り話かは大した問題ではあ [全文を読む]

小野リサ、ゴスペラーズなど豪華アーティストが共演「CINEMA MUSIC JAM for東北」豊洲PITにて3月11日 復興祈念イベントを開催

PR TIMES / 2015年03月06日17時53分

その拠点となる『チームスマイル・PIT』は、2014年10月17日にオープンした豊洲PITに引き続き、福島県いわき市(2015年夏オープン予定)、宮城県仙台市(2015年冬オープン予定)、岩手県釜石市(2015年冬オープン予定)の東北3か所に開設されます。 東北地区の「PIT」では、コンサートや演劇、ライブビューイングなどのイベントほか、特に地元の子供たち [全文を読む]

豊洲 PITのオープニング・セレモニーで甲斐バンド、岸谷 香らが熱演

okmusic UP's / 2014年10月18日19時00分

PITは「Power Into Tohoku!」の略称で、東京・豊洲を皮切りに2015年の春から秋にかけて福島県いわき市、宮城県仙台市、岩手県釜石市に開設を予定している。また、今後豊洲PITで開催される公演では、来場者が購入するドリンクチケット(500円)のうち、50円をドネーション(寄付)として預かり、復興支援活動に活用する。 豊洲PIT、オープニング・ [全文を読む]

当社の官公庁プロジェクト 順調に伸長 文化庁「方言アフレコ体験教室」サイト企画・制作

PR TIMES / 2014年06月03日15時42分

http://www.cri.co.jp/news/press_release/2014/20140603000805.html?prt1クリエイティブなどのプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開する株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川幸広)が企画・制作した、青森県八戸市、岩手県釜石市、宮城県仙台市の東北3市 [全文を読む]

被災地・宮城県亘理町に子どもおよび地元住民の皆様のための 「荒浜児童館」が3月26日に開館

PR TIMES / 2013年03月26日17時47分

子どもたちの笑い声で地域も活性化へ より多くの児童に使用してもらえる場所が完成 未来を担う子どもたちへの支援に積極的に取り組むマニュライフ生命保険株式会社(以下マニュライフ生命、東京都調布市、代表執行役社長兼CEO:ギャビン・ロビンソン)は、中間支援組織として定評のある社会福祉法人中央共同募金会のコーディネートにより、全国の児童館の活動支援を行い、子どもた [全文を読む]

フォーカス