著書 西原理恵子に関するニュース

30歳の紗栄子が 2児の母とは思えない「ヌーディーな背中」を披露

しらべぇ / 2017年04月10日05時30分

■紗栄子をねたんだ時点で女として負けなの?漫画家の西原理恵子の著書『スナックさいばら おんなのけものみち』(角川書店)の中に「紗栄子が、踏絵です。女友達のリトマス試験紙。紗栄子をねたんだ時点で、女として、もう負け人生ですから」という記述があるが、そんな言葉を引用したツィートもチラホラ。西原理恵子「人生で一瞬でも紗栄子をひがんだら 負け。」— 智子・クラッシ [全文を読む]

貧困と偏見に負けない女になるコツは、高須クリニック院長に学べ!

Suits-woman.jp / 2017年01月12日10時00分

その院長・高須克弥先生の最新著書『行ったり来たり僕の札束』(小学館)がヒット中です。意外なことにこの本を買っているのは、アラサー&アラフォー女性。人気の理由を一言で言うと、負けないヒントが見つかるから。「美容整形という“影の存在”を堂々と仕事にし、差別や偏見に屈せず前進し、今では億万長者になった高須先生の生きざまが壮絶。どんな逆境にも負けない……というか、 [全文を読む]

シュールすぎて話題のあのCM 高須院長が制作ウラ話を披露

NEWSポストセブン / 2013年05月04日07時00分

著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。最新刊『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)が話題。 [全文を読む]

ラブコメの元祖『きまぐれオレンジ☆ロード』で憧れた、ロングヘアーとセーラー服と

日刊サイゾー / 2017年04月05日19時00分

著書に、『中国のヤバい正体』『中国のもっとヤバい正体』(大洋図書)、『中国人による反中共論』(青林堂)、『中国が絶対に日本に勝てない理由』(扶桑社)がある。 [全文を読む]

高須院長の“恋人を頑なに整形しない理由”が深すぎると話題

WEB女性自身 / 2017年02月26日19時00分

彼女の著書『ダーリンは70歳』(小学館)シリーズの内容が、SNS上で話題になっている。 高須院長は09年に西原との熱愛が発覚。20歳も年の差がありながら、おしどりカップルとしても有名だ。そんな2人の交際の様子を描いた同著では、たびたび西原が高須院長に「整形したい」とお願いする場面がーー。 《自分の身体で美容整形したいとこはたるんだお腹》 《絶対ダメ》 《本 [全文を読む]

清水富美加の出家とブラック批判、芸能事務所の透明化問題|やまもといちろうコラム

デイリーニュースオンライン / 2017年02月17日11時50分

著書に『ネット右翼の矛盾 憂国が招く「亡国」』(宝島社新書)など多数 公式サイト/やまもといちろうBLOG(ブログ) やまもと氏がホストを務めるオンラインサロン/デイリーニュースオンライン presents 世の中のミカタ総研 [全文を読む]

高須院長 お金に関する自著に「読んでも金持ちにならん」

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

自らのお金に対する考え方を語り尽くした著書『行ったり来たり僕の札束』(小学館)を発表した高須クリニックの高須克弥院長(71才)。「あと数十億円使い切って死ぬ」と豪語する高須院長に、様々な質問をぶつけた。【お金の使いからを教えてください!】「ぼくは、とにかくその時面白いな、と思ったこと、心の琴線に触れることにお金を使いたいんです」(高須院長、以下「」内同) [全文を読む]

西原理恵子に続け?20歳「年の差婚」を半数以上が容認

しらべぇ / 2016年02月07日11時00分

■最強「年の差カップル」に見る幸せのカタチ1月20日、漫画家・西原理恵子が著書「ダーリンは70歳」を出版した。自身と有名美容外科医・高須克也氏との交際を描いた作品である。70歳の高須さんに対して、著者は50歳。20歳の年齢差がある。性・カネ・業界裏話の暴露などは「さすがサイバラ」といったところ。一方で、作品内で描かれている恋愛にまつわるエピソードは、甘く希 [全文を読む]

50代男たちが胸を焦がすリアルな婚外恋愛事情「いまは、家庭のある男女の恋愛のほうが圧倒的に多い」

ダ・ヴィンチニュース / 2014年12月13日11時30分

恋愛、特に不倫の恋におぼれる男女を見守りつづけ、『不倫の恋で苦しむ男たち』『夫の不倫で苦しむ妻たち』(ともに新潮文庫)、『恋が終わって家庭に帰るとき』(WAVE出版)など、著書も多数あるノンフィクション作家だ。道ならぬ恋ともいわれる不倫だが、亀山さんは否定も肯定もしない。ただ彼ら、彼女らの声に耳を傾け、恋に喜び恋に苦悩する姿を淡々と写しとってきた。マドンナ [全文を読む]

美容外科「高須クリニック」院長、初の自叙伝!発売

PR TIMES / 2014年06月10日09時44分

『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子共著)など著書多数。企業プレスリリース詳細へPRTIMESトップへ [全文を読む]

高須院長 安藤美姫のスポンサーに名乗り「全面的に支援する」

NEWSポストセブン / 2013年07月20日07時00分

著書に『バカにつける薬 ドクター高須の抱腹絶倒・健康術』(新潮OH!文庫)、『私、美人化計画』(祥伝社)、『シミ・しわ・たるみを自分で直す本』(KKベストセラーズ)、『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)など。近著は『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)。 [全文を読む]

フォーカス