小学館 西原理恵子に関するニュース

トーハン調べ10月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2014年11月05日15時00分

--------------------------------------------------トーハン調べ 2014年 10月期月間ベストセラー【総合】--------------------------------------------------1位 「ハイキュー!! ショーセツバン!!(4)」 古舘春一 原作、星希代子 著/集英社 ★2位 「 [全文を読む]

思わず声に出して読みたくなる! マンガ名セリフ ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年04月15日11時30分

【画像あり】元記事はこちら 【1位】「退かぬ! 媚びぬ! 省みぬ!」 『北斗の拳(全27巻)』(武論尊、原 哲夫/小学館) 原作・武論尊、作画・原哲夫による長編マンガ。セリフは主人公ケンシロウと宿敵サウザーとの宿命の戦いのシーンで、サウザーが叫んだもの。 「数え切れないくらい漫読した作品の一つです。ひとつひとつのセリフが名言として心に響いてきますし、やは [全文を読む]

議員にCM批判された高須院長「政治家は名前連呼するだけ」

NEWSポストセブン / 2017年06月08日07時00分

高須さんが“このまま言われっぱなしでなるものか!”と自ら筆をとったスピンオフ本『ダーリンは71歳 高須帝国より愛をこめて』(小学館)が4月に発売され、こちらも大反響。それを記念して、あんなことからこんなことまで、高須院長に語ってもらった。 * * * 〈高須クリニックの最新CMは、ピコ太郎とのダンスショー。バブリーなステージで、ダンサー60人をバックに高須 [全文を読む]

蓮舫代表を提訴した高須克弥院長との”バカップル漫画” 西原理恵子先生の「ダーリンは70歳」が『Amazon』で92%オフ!

ガジェット通信 / 2017年05月27日07時05分

参考記事:高須克弥院長が「蓮舫の戸籍謄本をGET可能に」のネット記事をツイートして大反響 http://getnews.jp/archives/1750840 高須院長の交際相手である漫画家の西原理恵子さんは、高須院長との楽しいやりとりを「ダーリンは70歳」(※現在は「ダーリンは72歳」)という作品にして、現在小学館『ビッグコミックスペリオール』にて連載 [全文を読む]

貧困と偏見に負けない女になるコツは、高須クリニック院長に学べ!

Suits-woman.jp / 2017年01月12日10時00分

その院長・高須克弥先生の最新著書『行ったり来たり僕の札束』(小学館)がヒット中です。意外なことにこの本を買っているのは、アラサー&アラフォー女性。人気の理由を一言で言うと、負けないヒントが見つかるから。「美容整形という“影の存在”を堂々と仕事にし、差別や偏見に屈せず前進し、今では億万長者になった高須先生の生きざまが壮絶。どんな逆境にも負けない……というか、 [全文を読む]

週末号泣でデトックス 漫画編集者が選ぶ泣けるコミック

WEB女性自身 / 2013年06月14日07時00分

・飼い主と犬との感動物語ーー『星守る犬』村上たかし(双葉社)「ラストシーンで満開のひまわりを見たときに、この物語が『命を譲りつないでいく』ことを描いているのだと気付き、涙があふれてきました」(三河さん・以下同) ・名もない市井の女性の深い悲しみーー『この世界の片隅に』こうの史代(双葉社)「戦争で幸せが崩れ落ちても、立ち上がって焼け野原に一歩を踏み出す主人 [全文を読む]

高須克弥院長「蓮舫代表を提訴する」 西原理恵子先生の「ダーリンは72歳」にて顛末が描かれる!

ガジェット通信 / 2017年06月09日22時45分

5月24日、その担当編集の小学館・八巻和弘さん(@yamakikazuhiro)は『Twitter』にて 西原さんの誤字は、いつでも豪快! とツイート。高須院長が「蓮航代表を提訴する」(※正しくは”蓮舫”)というセリフをしゃべっているコマをアップし話題となっていた。 そのコマが登場する「ダーリンは72歳」の63話が、本日6月9日発売の「ビッグコミックスペ [全文を読む]

清水富美加「所属事務所VS幸福の科学」ドロ沼戦争がエグすぎる!(3)今後の女優活動はどうなる?

アサ芸プラス / 2017年03月06日05時57分

「漫画家の西原理恵子さんが、恋人である高須克弥氏(高須クリニック院長)との生活をつづった『ダーリンは70歳』(小学館)に、枕営業を想起させるシーンがあるのですが、そこに清水さんらしき女性が登場しているのです」(芸能記者) 作品では、業界人らしき男性が登場し、グラドルやモデルを「手土産」として高須氏に紹介していく。そして「女嫌い」を口実に断り続ける高須氏の前 [全文を読む]

高須院長の“恋人を頑なに整形しない理由”が深すぎると話題

WEB女性自身 / 2017年02月26日19時00分

彼女の著書『ダーリンは70歳』(小学館)シリーズの内容が、SNS上で話題になっている。 高須院長は09年に西原との熱愛が発覚。20歳も年の差がありながら、おしどりカップルとしても有名だ。そんな2人の交際の様子を描いた同著では、たびたび西原が高須院長に「整形したい」とお願いする場面がーー。 《自分の身体で美容整形したいとこはたるんだお腹》 《絶対ダメ》 《本 [全文を読む]

清水富美加は漫画家・西原理恵子の生き写し!? 高須克弥への“枕営業シーン”に臆測

日刊サイゾー / 2017年02月16日20時30分

漫画家・西原理恵子氏が交際中の高須クリニック院長・高須克弥氏との生活を描いた人気コミック『ダーリンは70歳』(小学館)。同書に登場する“西原氏にそっくりの女性”が、渦中のあの女優ではないかと話題だ。 該当のシーンは、高須氏が「業界No.1のとりあえず絶対名前出せない××な人」と表現されている男性A氏と、仕事上の会合を行うシーン。A氏は、高須氏と会うたびに、 [全文を読む]

『第3回全国漫画家大会議inまんが王国・土佐』「アニメ声優体験」など人気イベントの受付開始!

@Press / 2017年01月10日18時00分

定員 :50名(対象年齢20歳以上)(2)夜さ濃いトークショー日時 :2017年3月11日(土)19:30-21:00会場 :X-pt.(クロスポイント) (高知市はりまや町1-5-1 デンテツターミナルビルB1F)ゲスト:西原理恵子先生、村上もとか先生、田中圭一先生MC :八巻和弘さん(小学館)内容 :漫画家御三方による、作画対決を交えたトークショーです [全文を読む]

高須院長 お金に関する自著に「読んでも金持ちにならん」

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

自らのお金に対する考え方を語り尽くした著書『行ったり来たり僕の札束』(小学館)を発表した高須クリニックの高須克弥院長(71才)。「あと数十億円使い切って死ぬ」と豪語する高須院長に、様々な質問をぶつけた。【お金の使いからを教えてください!】「ぼくは、とにかくその時面白いな、と思ったこと、心の琴線に触れることにお金を使いたいんです」(高須院長、以下「」内同) [全文を読む]

トーハン調べ10月期月間ベストセラー

DreamNews / 2016年11月08日16時00分

何がめでたい」佐藤愛子 著/小学館2位 「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」Eiko 著/サンマーク出版3位 「君の名は。」新海 誠 作、ちーこ 絵/KADOKAWA4位 「人間の煩悩」佐藤愛子 著/幻冬舎 ★5位 「創価学会壮年部指導集 黄金柱の誉れ」黄金柱の誉れ編集委員会 編/聖教新聞社 ★6位 「オーバーロード (11 [全文を読む]

西原理恵子 大切なものは1に子供、2に仕事、3に自分

NEWSポストセブン / 2016年04月03日16時00分

そんな2人の関係を描いた『ダーリンは70歳』(小学館)は、発売1か月で早くも3刷突入。 そんな西原さんは、高須さんとの結婚を考えることがあるのだろうか? 直撃してみた。 * * * 結婚って、子供の養育費や家のローン返済とか、そういう補填のためにある契約だと思うんです。家同士の結びつきだから、面倒も多いですよね。 高須家なんて500年続く医者一族で、結婚し [全文を読む]

トーハン調べ 2015年 11月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2015年12月08日17時00分

------------------------------------------------------------ トーハン調べ 2015年 11月期月間ベストセラー【総合】 ------------------------------------------------------------1位 「新・人間革命 (27)」池田大作 著/聖教新聞社 [全文を読む]

マンガで観光PRのハズが自虐的過ぎて行きたくなった! 「高知×鳥取 まんが王国会議2015 in AKIBA」

おたぽる / 2015年10月29日23時00分

出身マンガ家として登壇した『ツルモク独身寮』(小学館)で知られる窪之内英策(高知市出身)は「マンガ家になろうと思ったきっかけは『ドラえもん』」と、まったく高知県に関係ないエピソードを語った上で「過疎化が激しい」など、やっぱり地域の特徴を自虐で攻めたのであった。 こうしたトークから明らかになってきたのは、とかく大都市圏からは旅行しにくい2つの県が、マンガ以上 [全文を読む]

ダントツ人気! 大泉洋エッセイが本年No.1に

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月18日11時30分

【BOOK OF THE YEAR2013 エッセイ部門】 1位 『大泉エッセイ 僕が綴った16年』 大泉 洋 KADOKAWA メディアファクトリー 1365円 2位 『毎日かあさん10 わんこギャル編』 西原理恵子 毎日新聞社 880円 3位 『社会人大学人見知り学部 卒業見込』 若林正恭 KADOKAWA メディアファクトリー 1260円 4位 『 [全文を読む]

このマンガを朝ドラにしてほしい! 『あまちゃん』ファンによるNHKの朝ドラ化希望のマンガ ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月25日12時10分

」(30代女性)「苦労する少年の話だから」(50代女性)■2位 『めぞん一刻』(高橋留美子/小学館)「時計坂」という町にあるおんぼろアパート「一刻館」の住人・五代裕作と、管理人としてやって来た若い未亡人・音無響子を中心としたラブストーリー! 高橋留美子独自のリズミカルでコミカルな展開で、個性的な人々が集う一刻館の賑やかな日常が描かれている。1980年代の恋 [全文を読む]

フォーカス