息子 西原理恵子に関するニュース

【DMM会長・亀山敬司×漫画家・西原理恵子スペシャル対談vol.4】金はパワーであって消費するものではない!

デイリーニュースオンライン / 2015年12月27日15時00分

いつか本当に息子のことが好きな女の子が現れてもさ、金持ってたら「もしかしたら……」って思っちゃうじゃない。それは本人にとって不幸だよね。 西原 ふーん。 亀山 二代目の社長とか、若くして成功した人とか見てると、大変そうだよ。別に本人のせいでもないんだけど。やっぱり二代目って、ある程度売り上げあるところから始まるじゃない。そこから上げても「親のおかげだ」って [全文を読む]

「差別をやめてください」 高須克弥院長のネトウヨ発言に息子が苦言! 一方、恋人・西原理恵子は...

リテラ / 2015年10月20日12時00分

「失望しました。スポンサーやめます」──先月、Twitterでこのように宣言し、『報道ステーション』(テレビ朝日)のスポンサー契約を打ち切った高須クリニック院長の高須克弥氏。スポンサーを降りたきっかけは、安保法制をめぐる報道が偏っていると感じたためだという。 というのも、本サイトでも既報だが、高須氏は自ら「ネトウヨ」と名乗る、まさに真のネトウヨ。安保法制の [全文を読む]

西原理恵子『毎日かあさん』連載終了 10月から新連載開始へ

おたくま経済新聞 / 2017年05月22日05時00分

『毎日かあさん』連載当時、4歳だった息子さんは大学入学、そして娘さんは16歳になったそうです。「このあたりで『卒母(そつはは)』して、新しい漫画を始めたい」と西原さん。 シリーズ最後の単行本『毎日かあさん14(仮)』は、毎日新聞出版から9月に刊行予定。最終回までの新聞連載に加え、恒例の描き下ろしに西原さんが何を描くか、シリーズにどう幕を引くか、こちらも注 [全文を読む]

西原理恵子氏と高須院長が「結婚」の可能性を語る

NEWSポストセブン / 2016年03月31日07時00分

──高須さんにはすでに医師として成人した3人の息子が、西原さんには米国留学中の18才の息子と、映画や舞台に夢中の16才の娘がいるが、子供たちは交際に反対はしなかったのだろうか。西原:なにも。昔も仕事でしょっちゅう朝帰りしてたから、彼のところから朝帰りしても、気にならないみたい。 [全文を読む]

高須院長 お金に関する自著に「読んでも金持ちにならん」

NEWSポストセブン / 2016年12月21日07時00分

ユニクロは近くにないし、行ったこともないから」【「使い切る」ことを子供たちは許してくれたの?】「息子は3人とも医者になって自分で稼げるからね。しかもお金が残ると、遺産をどのように処分しようかって争いが起きるけれど、なかったら争いが起きないからね」 教育を受けることができて、自分で食べていけるのなら、余分なお金は邪魔になる。だから、子供や孫にも1円たりとも残 [全文を読む]

トーハン調べ10月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2014年11月05日15時00分

--------------------------------------------------トーハン調べ 2014年 10月期月間ベストセラー【総合】--------------------------------------------------1位 「ハイキュー!! ショーセツバン!!(4)」 古舘春一 原作、星希代子 著/集英社 ★2位 「 [全文を読む]

「頑張る嫌われ者を応援したい」高須院長が語る、清く正しい“タニマチ”人生のススメ

日刊サイゾー / 2014年08月29日19時00分

うちの息子の結婚式にね、デヴィ夫人とサッチーと両方呼んだの。同じテーブルにしたら、ずっとにらみ合ってた。それで、サッチーのほうが「私帰る!」って席を立ったら、デヴィ夫人それから上機嫌(笑)。――同じテーブルとは、また……。高須 そう? でもさ、結婚式とか葬式とかって、呉越同舟じゃない? だから「なんであんなのと一緒にするのよ?」とか言わないと思ってたの。そ [全文を読む]

神足裕司氏の復活原稿「話せないはずのボクが、歌っていた」

NEWSポストセブン / 2013年10月04日07時00分

息子と娘が、笑っている。 みんなが、笑っている。 ようやく、ボクは何かの扉を開けた。〉 ●こうたり・ゆうじ:1957年8月10日、広島県広島市生まれ。コラムニスト。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。学生時代からライター活動を開始、渡辺和博との共著『金魂巻』、西原理恵子とコンビを組んだ『恨ミシュラン』はベストセラーに。その後、テレビ、ラジオなど、幅広い分野で [全文を読む]

くも膜下出血で倒れた神足裕司氏 リハビリ途中の笑顔を回顧

NEWSポストセブン / 2013年09月30日07時00分

ボクを呼ぶ声や娘と息子がくだらない話をしている声、奥さんが素っ頓狂な話をしている様子。うたた寝でもしているように、ずっと聞いていた。 あるときはボクがもうダメかもしれないと話していたし、誰かが大声でボクを見て、泣いていた。〉 10月中旬、頭蓋骨修復手術。その頃から徐々に意識が回復していき、家族が掌を握ると握り返したり、問いかけの言葉に頷くようになっていった [全文を読む]

週末号泣でデトックス 漫画編集者が選ぶ泣けるコミック

WEB女性自身 / 2013年06月14日07時00分

・飼い主と犬との感動物語ーー『星守る犬』村上たかし(双葉社)「ラストシーンで満開のひまわりを見たときに、この物語が『命を譲りつないでいく』ことを描いているのだと気付き、涙があふれてきました」(三河さん・以下同) ・名もない市井の女性の深い悲しみーー『この世界の片隅に』こうの史代(双葉社)「戦争で幸せが崩れ落ちても、立ち上がって焼け野原に一歩を踏み出す主人 [全文を読む]

フォーカス