九段 村山聖に関するニュース

話題の藤井聡太四段はリアル・桐山零? 『3月のライオン』の登場人物を実在のプロ棋士に例えてみた

ガジェット通信 / 2017年05月01日15時30分

【二海堂晴信→ 村山聖九段】 (病気を抱えながらも懸命に将棋と向き合った熱血漢) 僕は村山先生と少し親交があったのですが、染谷さんが本当に村山九段の様な喋り方をしていて驚きました。 【宗谷冬司→羽生善治三冠と谷川浩司九段】 (史上初の7大タイトル全冠制覇を成し遂げた) 羽生善治三冠と谷川浩司九段が元になっております。佇まいは、谷川先生を、実績は羽生先生を [全文を読む]

羽生、村山、森内…将棋界「羽生世代」の青春

日刊大衆 / 2016年11月25日21時00分

正確な読みで“天才”と呼ばれながら、29歳で逝去した村山聖九段。その壮絶な生涯は大崎善生の小説『聖の青春』で知られ、このたび松山ケンイチ主演で映画化、11月19日に公開された。ライバルの羽生善治を東出昌大が演じることも話題となった。 村山は1969年生まれ。70年生まれの羽生善治三冠を代表とする、いわゆる“羽生世代”に属する棋士だ。他にも森内俊之九段(7 [全文を読む]

棋士・村山九段を描いた「聖の青春」公開!身近に天才っている?

しらべぇ / 2016年11月18日21時00分

(画像は『聖の青春』オフィシャルサイトのスクリーンショット)19日、羽生善治現三冠と並び称される天才といわれながら、29歳という若さでこの世を去った将棋棋士村山聖九段の人生を描いた映画『聖の青春』が公開される。■徹底した役作りで話題『聖の青春』は、2000年に元・「将棋世界」編集長の大崎善生氏が執筆したノンフィクション小説の映画版だ。主演の松山は小説を数年 [全文を読む]

作家・大崎善生氏 怪童・村山聖九段と過ごした奇跡の時間

NEWSポストセブン / 2016年11月16日07時00分

18年前、29歳の若さでこの世を去った村山聖九段。その生涯を描いたベストセラーノンフィクション『聖の青春』が映画化される。濃密な時間を共に過ごした原作者・大崎善生氏が天才棋士の知られざる素顔を綴る。 * * * その日は大阪で仕事があり、大阪に行ったときは決まってそうするように、夜遅くまで森信雄七段と飲んでいた。関西将棋会館のある福島界隈である。泊まるのは [全文を読む]

村山聖九段、在りし日のNHK杯

NHKテキストビュー / 2016年12月10日15時00分

12月号では、1992年に行われた第42回NHK杯 2回戦 第12局、内藤國雄(ないとう・くにお)九段 対 村山聖(むらやま・さとし)六段の戦いをお送りします。観戦記の執筆は、観戦記者の故・池崎和記さんです。(『NHK杯将棋講座』平成5年1月号より)* * *僕が村山六段と初めて会ったのは、彼が関西奨励会に入る前だった。奨励会入会は昭和58年12月だから、 [全文を読む]

まるで相撲取り!松山ケンイチが激太りした崖っぷちな裏事情とは?

アサ芸プラス / 2015年12月24日09時58分

来年公開の映画「聖の青春」で、29歳の若さで亡くなった天才棋士・村山聖九段役を演じるため、太っているのだという。「最低20キロは増やす」と意気込んでいたというから、肥大化はまだ続きそうだ。「村山聖はかなり変わった人物だった。肉丸と呼ばれるくらい太っており、真冬でも素足にズック靴、ワイシャツ腕まくりの薄着姿。手を洗わない、爪も髪も伸ばしっぱなし、服装にも無頓 [全文を読む]

フォーカス