収入 中田英寿に関するニュース

関ジャニ大倉以外も?意外に多い上場企業株主の芸能人 みの、夏目三久、中田英寿…

Business Journal / 2014年06月18日01時00分

中には本業以上に収入を得ている例もあるようだ。 (文=編集部) [全文を読む]

「インチキファンド報道以来、音信不通……」“旅人”元サッカー日本代表・中田英寿氏はどこへ!?

日刊サイゾー / 2014年01月08日16時00分

引退後は世界中を旅しながら、『TAKE ACTION FOUNDATION』を立ち上げ、社会貢献活動を中心に行っているので、現役時代ほどの収入はないにしても、それなりに稼いでいるでしょう。所属事務所サニーサイドアップの第2位の株主なので、配当益だけでも400万円以上あるといわれていますし、ニューヨークには安藤忠雄にリノベーションを依頼した高級マンションを保 [全文を読む]

【六川亨の日本サッカー見聞録】W杯の増枠は疑問

超ワールドサッカー / 2017年01月12日15時00分

開催国は入場料収入が増え、FIFAはテレビ放映権料の増加や、クラブW杯のスポンサーになった中国のアリババ・グループなど新たなスポンサーの獲得にもつながるメリットが予想される。 ▽それに対し、早くもヨーロッパからは否定的な声が出ている。それもそうだろう。選手の年俸を負担して生計を支えているのは各クラブだからだ。決勝戦まで勝ち進んだ場合の試合数は変わらないもの [全文を読む]

スポーツ選手が企業に所属? 選手が結ぶ「マネジメント契約」はどんな意味があるの?

マイナビ進学U17 / 2016年04月19日12時02分

また、スポンサーの獲得やCM出演など競技生活引退後も視野に入れた、競技以外での収入を得るための働きかけなども仕事です。税金や資産運用のアドバイスを行うマネジメント事務所もあるようです。■マネジメント会社はスポーツ選手が競技生活を送るための大きな味方スポーツ選手とマネジメント契約を結んでいる会社として知られているのが、元サッカー日本代表選手の中田英寿さんなど [全文を読む]

セルジオ越後の一蹴両断! 第338回「日本のメディアはヒデのローマ移籍当時の過ちを繰り返すな!」

週プレNEWS / 2014年01月23日17時00分

すでに背番号10のユニフォームは飛ぶように売れ、日本からの放映権料、スポンサー収入など、多くのお金が動いている。 一説によると、本田の加入によってミランは年間約20億円もの増収を見込んでいるという。ビジネス的にいえば、この移籍はもう今の時点で大成功。メディアもファンも煽るミランのプレゼンは実に巧みだ。 ただ、本田の今後を考えると、この異常ともいえる周囲の過 [全文を読む]

飲酒暴行で逮捕の前園真聖、背景に“早過ぎた”現役引退後の厳しい生活によるストレスか

Business Journal / 2013年10月15日21時00分

サッカー解説者として『neo sports』(テレビ東京)に出演していましたが、全盛期のような高額年俸やCM出演料も今は望めないので、現状の活動状況では収入面でも厳しいのではないでしょうか。持っていた才能からすると、本人的には悔いの残る現役生活だったと思います。そうしたストレスが、酒に酔うとああしたかたちで表に出てきてしまうのかもしれません。納得のいかない [全文を読む]

いい母親アピール? しかしそれでも衰えない宮沢りえのバラエティ力

メンズサイゾー / 2013年10月08日15時30分

一般的に考えれば、収入もあり、現在娘と一緒に暮らしている母親の親権主張はすんなりと成立しそうなものだが、女優という特殊な職業環境が、その成立を阻んでいるのだろうか。また一部報道によると、今年の春にスクープされた俳優の古田新太との不倫疑惑が、離婚協議を長引かせている一因ではないかともある。 美少女アイドルとしてデビューして、人気バラエティ番組への出演をきっか [全文を読む]

フォーカス