年俸 中田英寿に関するニュース

「インチキファンド報道以来、音信不通……」“旅人”元サッカー日本代表・中田英寿氏はどこへ!?

日刊サイゾー / 2014年01月08日16時00分

「全盛時には、年俸を含めた年収が10億円を超えていましたからね。引退後は世界中を旅しながら、『TAKE ACTION FOUNDATION』を立ち上げ、社会貢献活動を中心に行っているので、現役時代ほどの収入はないにしても、それなりに稼いでいるでしょう。所属事務所サニーサイドアップの第2位の株主なので、配当益だけでも400万円以上あるといわれていますし、ニ [全文を読む]

【六川亨の日本サッカー見聞録】W杯の増枠は疑問

超ワールドサッカー / 2017年01月12日15時00分

選手の年俸を負担して生計を支えているのは各クラブだからだ。決勝戦まで勝ち進んだ場合の試合数は変わらないものの、そのしわ寄せは日程に来ることが予想される。そもそも、48チームに拡大する必要性がどこにあるのか、その必然性が分からない。 ▽2020年に東京五輪を控え、大会をコンパクトにし、必要経費を削減することが東京のテーマとして議論されている。IOCにしてみれ [全文を読む]

<サッカー>中国クラブの破格オファーを拒否!槙野智章の選択は「愚か」だったのか?―中国メディア

Record China / 2016年12月10日21時20分

槙野には中国スーパーリーグの強豪・広州恒大から、「年俸は言い値」という破格のオファーを受けていたが、このほど、日本メディアが断りを入れたと報じた。槙野は過去に広州恒大と対戦し引き分けた際に、中国クラブの有名選手“爆買い”について「お金では手にすることができないチームワークは相手より勝っていると思っていた」とコメントしていたことから、中国でも注目を集めた。 [全文を読む]

「FKの壁が上手いのは鹿島」「比嘉は太陽」俊輔がツイッター企画で回答

ゲキサカ / 2016年02月06日20時46分

「ヤットにメッセージ?ちょっと年俸が高いかな。そろそろ落ち着いていいんじゃないですか」と笑いを取ると、「一緒にJリーグを盛り上げていきましょう」と今季の共闘を呼び掛けた。 [全文を読む]

飲酒暴行で逮捕の前園真聖、背景に“早過ぎた”現役引退後の厳しい生活によるストレスか

Business Journal / 2013年10月15日21時00分

サッカー解説者として『neo sports』(テレビ東京)に出演していましたが、全盛期のような高額年俸やCM出演料も今は望めないので、現状の活動状況では収入面でも厳しいのではないでしょうか。持っていた才能からすると、本人的には悔いの残る現役生活だったと思います。そうしたストレスが、酒に酔うとああしたかたちで表に出てきてしまうのかもしれません。納得のいかない [全文を読む]

フォーカス