岡崎慎司 中田英寿に関するニュース

W杯日本代表、チーム内派閥対立で空中分解?本田と大久保に確執?

Business Journal / 2014年06月12日22時00分

このドイツ組には、ブンデスリーガでプレーする岡崎慎司や酒井宏樹、酒井高徳、内田篤人らがいるという。 また「文春」は、セレッソ閥については「新潮」と同じものの、吉田麻也、川島永嗣、内田、長谷部ら、代表合宿で一緒に散歩をすることが多い「散歩閥」や、合宿中にゲーム「モンスターハンター」に興じる内田、酒井高徳、岡崎らの「モンハン派」、そして本田や遠藤保仁、長友佑都 [全文を読む]

【サッカー日本代表】本田、岡崎に次ぐ点取り屋が超意外! 香川でも宇佐美でもない“第三の男”とは?

日刊サイゾー / 2016年03月25日18時00分

日本代表は序盤から攻めあぐねるも、43分に岡崎慎司が先制点を挙げると、そこから流れを一気につかみ、終わって見れば5-0の圧勝という結果となった。 この試合でハリルホジッチ監督は、岡崎とのツートップの相手に、出身校・滝川二高の後輩でもある金崎夢生を選んだ。結果は、岡崎とともに1ゴールを挙げ、日本代表のFW争いでアピールに成功したといえるだろう。しかし、今まで [全文を読む]

ザックJAPAN「本田VS川島」の派閥バトルが勃発?(1)理想派と現実派に分かれている

アサ芸プラス / 2014年05月15日09時57分

もちろん、本田率いる理想派とはかみ合いません」 そこで本田はメンバーを増強すべく、同じく海外組の香川真司(25)と岡崎慎司(28)を「勧誘」。スポーツライターが明かす。 「あまり自己主張しないおとなしいタイプの香川は、『お前、こっち(の派閥)だよな』と、半ば強引に引きずり込まれた。本田に洗脳され、ほとんど聞き役に回っています。岡崎も『優勝したいよな』と言っ [全文を読む]

吉田麻也、日本人初のプレミア100試合出場を達成! ハル戦でスタメン勝ち取る

サッカーキング / 2017年04月29日22時39分

なお、吉田のプレミアリーグ100試合に次いで、稲本潤一(北海道コンサドーレ札幌)が66試合、岡崎慎司(レスター)が56試合、香川真司(ドルトムント)が38試合、中田英寿が21試合、宮市亮(ザンクトパウリ)が17試合、戸田和幸が4試合となっている。 [全文を読む]

「日本人は、スペインリーグでは通用しない!?」柴崎の2部移籍と、清武のJ復帰が意味するもの

日刊サイゾー / 2017年02月06日19時00分

沈む2人と同様、昨季、プレミアリーグをレギュラーメンバーとして制した岡崎慎司も、現在は1.5軍扱いと苦しんでいる。 そんな本田、香川、岡崎の不調に引きずられていた日本代表の救世主となったのが、清武弘嗣だ。清武は、ブンデスリーガのハノーファーのエースとして君臨。好調そのままに、昨年6月にスペインリーグ・リーガエスパニョーラのセビージャFCへ移籍した。さらに日 [全文を読む]

サッカー日本代表・岡崎が挙げた“アジア最高の選手”に韓国ネット大盛り上がり「分かってるねえ」「岡崎のプレーにも時々彼の姿が重なるよ」

Record China / 2016年11月18日12時00分

2016年11月17日、イングランド・プレミアリーグ(EPL)で活躍するサッカー日本代表FWの岡崎慎司選手が、過去最高のアジア人プレミアリーガーとして元韓国代表のパク・チソンの名を挙げた。スポーツソウルなど韓国のスポーツ関連メディアなどがこれを報じ、韓国で注目を集めている。 岡崎選手は16日(日本時間)、EPL公式ホームページに公開されたインタビューで「ア [全文を読む]

アーセナル移籍説浮上も……U-23リオ五輪当確の浅野拓磨が、海外では通用しない理由とは?

日刊サイゾー / 2016年06月30日19時00分

今まで多くの選手が挑戦しましたが、活躍した選手は岡崎慎司くらいでしょう? ドイツのブンデスリーガで活躍した香川真司だって、プレミアリーグで通用しなかった。さらにいえば、プレミアリーグよりレベルの落ちるイタリアのセリエAでも活躍できた選手は中田英寿くらい。トップ3のリーグでは、日本人選手はほとんど結果を残していないのが現状です」 つまり、ドイツでならば活躍が [全文を読む]

<サッカー>岡崎所属のレスターが英プレミア初優勝、中国メディア「アジア人10人目の欧州5大リーグ制覇」

Record China / 2016年05月04日09時40分

2016年5月2日、サッカーのイングランドプレミアリーグで日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターが初優勝を決めた。中国のスポーツメディア、網易体育は3日、岡崎について「欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)を制覇した10人目のアジア人選手となった」とした上で、「中国の海外組でこの特別な光栄に包まれた選手はいない」と報じた。 記 [全文を読む]

レスター岡崎がプレミア2戦目で待望の移籍後初ゴール!!

ゲキサカ / 2015年08月16日00時09分

[8.15 プレミアリーグ第2節 ウエスト・ハム-レスター・シティ] 今夏、マインツからレスター・シティに移籍したFW岡崎慎司がリーグ戦2試合目にして移籍後初ゴールを決めた。 プレミアリーグは15日、第2節2日目を行い、レスター・シティは開幕戦でアーセナルに勝利したウエスト・ハムと対戦。2試合連続で先発出場した岡崎は、第1節のサンダーランド戦に続き、前線か [全文を読む]

W杯直後のサマージャンボは「代表選手ゆかりの地」がカギ

WEB女性自身 / 2014年07月02日07時00分

◯兵庫県神戸市《カナート西神戸チャンスセンター》――FW岡崎慎司の母校・滝川第二高がある。 ◯福岡県福岡市《平松屋》――DF長友佑都の母校・東福岡高がある。 ◯長崎県長崎市《長崎駅前チャンスセンター》――DF吉田麻也の出身地。 ◯鹿児島県鹿児島市《天文館チャンスセンター》――MF遠藤保仁の出身地。 以上11の売り場の中で、山下さんがとくに注目なのは? 「 [全文を読む]

ブラジルW杯の日本状況 ジーコ監督時のドイツ大会と重なる

NEWSポストセブン / 2014年06月30日07時00分

ザックジャパンでは長友佑都、香川真司、岡崎慎司ら欧州組を中心に編成。一方のジーコジャパンは、中村俊輔に加え、小野伸二、稲本潤一に代表される、いわゆる「黄金世代」を軸に据えた。 そして最も大きな共通点が、チームに「王様」がいたことである。今回は本田、ドイツでは中田英寿。2人は、それぞれの世代における日本代表で傑出した存在だった。 中田はまだ日本人サッカー選手 [全文を読む]

【サッカー】「大黒柱」「いいヤツ」「香川も一目置く」関係者が語る本田圭佑の本当の評判

週プレNEWS / 2013年06月22日12時00分

2010年の南アフリカW杯では、自分でゴールを決められる場面で岡崎慎司にパスを出したように、仲間意識も強く、チームのことをすごく考えている。イヤなヤツだったら、あれほど周囲を安心させられる存在にも、チームの本当の中心にもなれないですから」(サッカーライターC氏) 日本代表を間近で取材し続けている記者たちから聞こえてくるのは、プレーでの存在感以上に、“人間・ [全文を読む]

フォーカス