高校 中田英寿に関するニュース

手越祐也、山崎賢人…旬の若手イケメンをはじめ芸能界にはサッカー経験者が多数

日本タレント名鑑 / 2016年05月02日13時55分

その後、高校を卒業するまで続け、ポジションはFW。点取り屋として鳴らし、最高で一試合で一人13点とったことがあったそう。高校は強豪校に在籍しましたが、高3の選手権予選はベスト4で敗退。また愛知県選抜には小5から中1まで入っていて、現在ドイツ・ブンデスリーガで活躍する宮市亮選手とチームメイトだったことも。 レイソルのユースに所属していたナオト・インティライミ [全文を読む]

120分激白!柳沢敦が本誌だけに語った「批判され物議を醸したこともあったけど、自分の考え方は今も変わらない」

週プレNEWS / 2015年01月06日16時00分

富山第一高校時代、柳沢は実にJリーグ13チームから勧誘を受けた。まさしく日本サッカー界の未来を担う至宝だった。 「急に周りの空気が変わったように感じました。なんで、そんなに騒がれるんだろうって。おそらく理由としては、高校生でB代表に選ばれたからだと思うんですけどね。メンバーはJリーグの選手や大学生だらけ、そんななかで、ラッキーなことに当時の西野朗監督に呼ば [全文を読む]

関ジャニ大倉以外も?意外に多い上場企業株主の芸能人 みの、夏目三久、中田英寿…

Business Journal / 2014年06月18日01時00分

忠司氏は高校卒業後、辻調理師専門学校に入学し、和・洋・中を一通り学んだ。リーガロイヤルホテルに入社しウェイターを経験。知人の誘いで「やきとり道場」を運営していたが、85年、25歳の時に独立して、東大阪市で「鳥貴族」の第1号店を出店。開業当初から均一価格でスタートし、現在も焼き鳥とドリンクのすべてが280円(税込302円)均一だ。店舗数は353店(14年4 [全文を読む]

野菜嫌いの中田英寿氏 すり潰した芋とトマトソースは大丈夫

NEWSポストセブン / 2012年02月15日07時00分

高校で実家を出て、友人とアパート暮らしを始めたため、幼少の頃の好き嫌いがますます激しくなったという。 日本サッカー界の至宝だった中田英寿も野菜嫌いで、食べられるのはすり潰したジャガイモとトマトソースだけ。そのうえ、「主食はスナック菓子」というほどの菓子好きだ。 ゴルフ界のスーパースター、タイガー・ウッズ(36)は大のハンバーガー好きで有名だ。 4大メジャー [全文を読む]

高校サッカー選手権から平山相太に続く“怪物”はもう生まれない!?

週プレNEWS / 2016年12月25日11時00分

今年も正月の風物詩、高校サッカーの季節がやって来たーー。 今回で実に95回を数える全国高校サッカー選手権大会は、サッカーファンにとって注目のビッグイベント。とりわけ1980年代から90年代にかけては“プロの登竜門”として脚光を浴び、多くのJリーガーがこの大会から巣立っていった。 Jリーグ誕生前夜の92年に名古屋グランパス入りした小倉隆史は、四日市中央工(三 [全文を読む]

さんま、マツコ、太田光?噂のキムタク共演候補にさらなる超大物の名前

デイリーニュースオンライン / 2016年09月19日19時06分

マツコと木村は同じ高校の同級生として知られ、以前から共演を望む声も多かったものの、ジャニーズは昔からオネエタレントとの共演をNGにしていたこともあって、実現されなかった。しかし、現在は木村の好感度を巻き返すことが最優先。ジャニーズ側もマツコと木村の共演に期待を込めているようです」(テレビ局関係者) さらに、助太刀に加勢しそうな男がいる。お笑い界のあの大物だ [全文を読む]

『キャプテン翼』の舞台、静岡県がサッカー王国になった理由って?

進路のミカタ / 2016年04月28日12時51分

南葛というネーミングも、作者が通った東京の南葛飾高校に由来しています。しかし、『キャプテン翼』は静岡県が舞台になりました。これは、当時から静岡県で少年サッカーが盛んだったから。静岡県は、日本サッカー発祥の地でもあります。静岡県藤枝市のある学校が、開校したときにサッカーを校技として定めました。当時多くの学校が野球を校技として採用していたため、これは珍しいこと [全文を読む]

『キャプテン翼』の舞台、静岡県がサッカー王国になった理由って?

マイナビ進学U17 / 2016年04月28日12時51分

南葛というネーミングも、作者が通った東京の南葛飾高校に由来しています。しかし、『キャプテン翼』は静岡県が舞台になりました。これは、当時から静岡県で少年サッカーが盛んだったから。静岡県は、日本サッカー発祥の地でもあります。静岡県藤枝市のある学校が、開校したときにサッカーを校技として定めました。当時多くの学校が野球を校技として採用していたため、これは珍しいこと [全文を読む]

【引退惜別インタビュー】“歌って踊れる世界一の捕手”里崎智也(千葉ロッテ)の気になる今後とは

週プレNEWS / 2014年11月03日06時00分

鳴門工業高校、帝京大学を経て、98年、ドラフト2位で千葉ロッテ入り。2003年から出場機会を増やし、05年の日本一に大きく貢献。06年には第1回WBC日本代表の正捕手として世界一に輝く。2010年も無類の勝負強さで再び日本一に貢献。通算19補逸は、1000試合以上出場した捕手の中で最少記録 (取材・文/村瀬秀信 撮影/佐賀章広 写真/千葉ロッテマリーンズ) [全文を読む]

ロンドン五輪を10倍楽しむ「地獄耳(裏)ガイド」(3)競泳

アサ芸プラス / 2012年08月02日10時57分

高校2年で出た世界選手権で注目され、アテネ五輪で8位入賞。が、北京五輪出場を逃し、引退もささやかれましたが、平井コーチに師事してみごとに復活。水泳界では超ベテランと言われる27歳で自己記録を更新し続けています」 美貌にも磨きがかかり、他の競技選手や財界人から食事の誘いが相次ぐというモテモテの彼女だが、公式フォトエッセイ「夢を泳ぐ。」(小社刊)に語ってい [全文を読む]

フォーカス