トレーニング 中田英寿に関するニュース

厳しいトレーニングを経た中田英寿が、ツアー29勝を誇るプロゴルファーと1対1の真剣勝負「デサントゴルフ」アンバサダー中田英寿 VS プロゴルファー片山晋呉

PR TIMES / 2016年05月17日16時38分

2014年11月から1年半、本格的なゴルフトレーニングを行ってきた中田氏はゴルフに真剣に臨む中で「当初、自分にとって振りやすいスイングときれいなスイング、どちらで練習を進めるか谷コーチと相談をしていく中で、やはりハイレベルなゴルファーは、スイングがきれいであるという共通点に気付き、後者を磨こうと思いました。最初は慣れないこともあり違和感がありましたが、トレ [全文を読む]

グローバルを生き抜く「ライフスキルと英語スキル」

プレジデントオンライン / 2017年01月29日11時15分

■心のマネジメントと英語のスキル 【三宅義和・イーオン社長】辻秀一先生は、英語の学習とご機嫌を保つ「Flow」のためのトレーニングは似ているとおっしゃいます。どちらもトレーニングを毎日続けないと元に戻ってしまう。ご指摘の通りなのですが、そのことを私たちは意外と忘れがちです。 【辻秀一・スポーツドクター】人間は安易に流れるのです。「英語は大事だ」と思っていて [全文を読む]

厳しいトレーニングを経た中田英寿が、ツアー29勝を誇るプロゴルファーと1対1の真剣勝負「デサントゴルフ」アンバサダー中田英寿 VS プロゴルファー片山晋呉

@Press / 2016年05月18日16時30分

2014年11月から1年半、本格的なゴルフトレーニングを行ってきた中田氏はゴルフに真剣に臨む中で「当初、自分にとって振りやすいスイングときれいなスイング、どちらで練習を進めるか谷コーチと相談をしていく中で、やはりハイレベルなゴルファーは、スイングがきれいであるという共通点に気付き、後者を磨こうと思いました。最初は慣れないこともあり違和感がありましたが、トレ [全文を読む]

元サッカー日本代表の中田英寿さんがプロゴルファーに転身!?

IGNITE / 2014年12月01日06時50分

中田さん自身も、「趣味でやるのではなく、プロを目指すようなトレーニングをしたい。中途半端にやるのは難しい。しっかりとした目標をもってやりたい」と、その本気度がうかがえるコメントを発信している。 現在の中田さんの腕前だが、アプローチ練習の動画(19秒)ではまだぎこちなさがあるものの… アイアンショットの動画(23秒)では、ボールを捉える感覚やヘッドスピードの [全文を読む]

中田英寿が片山晋呉プロとゴルフ対決「やるなら一泡吹かせたい」

Walkerplus / 2016年05月16日19時01分

約1年半の厳しいトレーニングを経て、今年7月に恵庭カントリー倶楽部(北海道恵庭市)で行われる「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」の一環として、国内外で活躍する片山選手とマッチプレー方式で対決する。 中田氏は「ゴルフを始めた頃は、正直つまらないなって思うこともあったんですが、今はむしろすごく楽しいです。やっと楽しいと思え [全文を読む]

中田英寿所属会社社長 twitter炎上で東京マラソン出場決意

NEWSポストセブン / 2012年03月04日07時00分

わずか1か月のトレーニングだったものの、5時間54分で無事完走を果たした女社長がいた。 有名アスリートたちが所属する、PR会社『サニーサイドアップ』の代表取締役・次原悦子さん(45)だ。次原さんはランナーとしては超がつく初心者。これまで3キロ以上走ったこともなかった。そんな次原さんがなぜフルマラソンに挑戦したのだろうか? 次原さんは次のように話してくれた。 [全文を読む]

高校時代から“塩対応”……スペインリーグ移籍・柴崎岳「不安障害」の原因は?

日刊サイゾー / 2017年02月20日19時00分

心身ともに不調で、トレーニングに参加できていないのだ。これまで多くの日本人選手が海外に移籍したが、移籍直後に胃腸炎になり、「不安障害」などとウワサされた選手はいない。 「見ての通り、柴崎は人とのコミュニケーションが得意なタイプではないんです。高校時代から注目を浴びていたにもかかわらず、取材陣を避けて裏口から帰ってしまったり、取材を受けても対応はそっけない。 [全文を読む]

スポーツ選手が企業に所属? 選手が結ぶ「マネジメント契約」はどんな意味があるの?

マイナビ進学U17 / 2016年04月19日12時02分

マネジメント契約とは、スポーツ選手が外部に競技とトレーニング以外の手間のかかることを依頼し、スポーツに集中できるような環境を整える役割を任せる契約です。その範囲は幅広く、試合に出場する大会へのエントリーをしたり、地方や海外への遠征時の移動手段の確保や宿泊先を手配したり、メディア出演や取材への対応の窓口になることも役割です。また、スポンサーの獲得やCM出演な [全文を読む]

【サッカー五輪予選】韓国代表が、またも政治的発言! 懲りない韓国のスポーツマンシップはどこへ?

日刊サイゾー / 2016年01月29日15時00分

本人によると、南野とは個人トレーニングを一緒にしたり、共に食事に出掛けることもある仲だという。今大会前には「決勝で会おう」と約束し合ったとか。ただ、2人はザルツブルク側の要請で決勝には出場せず、所属クラブに復帰することに。そんな中での、問題発言だった。 はたして久々のサッカー日韓戦は、どんな結末を見るのか? 勝っても負けても、韓国が政治的行為を働くことだけ [全文を読む]

ロナウジーニョが大阪と熊本にサッカースクールを開校へ

ゲキサカ / 2015年10月23日20時55分

アカデミーのトレーニングは、元バルセロナのトレーナーのバルディマール・ガルシア氏の開発した理論をもとに行われ、ロナウジーニョが技術面をビデオなどで教えるプログラムも組み込まれる予定だという。同メディアは中田英寿氏、MF中村俊輔、MF本田圭佑らを育てながらも、日本の育成面は創造性に欠けると主張。ロナウジーニョの創造力は日本サッカーの更なる発展に繋がると期待 [全文を読む]

前園真聖が“断酒解禁”を匂わせる「結婚のタイミングかもしれない」

Entame Plex / 2015年09月17日17時13分

前園は「ずっとゴンさんがトレーニングしていたとは聞いていたので。ただヒデも話しているんですが、一度引退して復帰するとき体力的にもメンタルも弱っているので難しいと思うんですが、現役のころからハートの強い選手なので、さすがだなと思う。期待したいです」とエールを送っていた。 [全文を読む]

ヒデ以来の湘南から代表へ…遠藤「みんなの期待を背負って頑張ってきたい」

ゲキサカ / 2015年07月29日22時27分

「もう一度、足元を見つめなおして、小さなこと、基本的なことに立ち返って、トレーニングしたい」と中断明けの巻き返しを誓った。 ▼関連リンク [J1]第2ステージ第5節 スコア速報 [全文を読む]

フォーカス