ガンバ大阪 中田英寿に関するニュース

高校サッカー選手権から平山相太に続く“怪物”はもう生まれない!?

週プレNEWS / 2016年12月25日11時00分

その効果はすぐに表れ、ガンバ大阪の宮本恒靖(95年)や稲本潤一(97年)らが下部組織からトップデビューを果たした。クラブユース出身のJリーガーが主流となり、それと入れ替わるように高校サッカーの舞台に飛び抜けた選手が出てくる機会は減った。 “怪物”と呼ばれる選手は2002年度、03年度の大会で得点王となった平山相太(国見・長崎)が最後といっていい。ユースで [全文を読む]

120分激白!柳沢敦が本誌だけに語った「批判され物議を醸したこともあったけど、自分の考え方は今も変わらない」

週プレNEWS / 2015年01月06日16時00分

僕がプロ入りして、初めて決めたゴールが対ガンバ大阪戦(第17節・96年8月31日)だったんです。で、現役最後のゴールになったのも同じガンバ大阪との試合(第31節・11月2日)でした。その日、ベンチ入りしたときに、なんとなく胸騒ぎがして。今日もしかしたらゴールを決められるかもしれないっていう予感がしました。残り3試合で、もう1点決めれなかったのは残念でしたが [全文を読む]

「FKの壁が上手いのは鹿島」「比嘉は太陽」俊輔がツイッター企画で回答

ゲキサカ / 2016年02月06日20時46分

同日昼にガンバ大阪のMF遠藤保仁も実施した企画(記事はこちら)で、ハッシュタグ「#俊輔質問」で寄せられた様々な質問に回答した。 俊輔と言えばやはりFK。FKについての質問が多く見受けられた。「どうしたらあんな綺麗にFKがけれますか?」という質問には、「蹴り方とか球質の問題ではなく、決めたいという気持ちの強さが大事。負けないと思うこと、どの年代でも責任感・プ [全文を読む]

いまこそサッカーを語り合おう!サッカー界の論客首脳会議『フットボールサミット』期間限定でバックナンバー16冊が半額

PR TIMES / 2014年06月19日13時25分

フットボールサミット第11回 FC東京は強くなれるか?本当に強くなるために必要なこと フットボールサミット第12回 FCバルセロナはまだ進化するか?世界で最も美しく、最も儚いフットボールの未来 フットボールサミット第13回 香川真司取扱説明書 KAGAWAの活きる道 フットボールサミット第14回 横浜F・マリノス 王者への航海―戦う勇者たちの声は本当にき [全文を読む]

本田圭佑 W杯間近も“大不調”の理由とは?(4)不安要素は本田だけではない

アサ芸プラス / 2014年06月19日09時57分

レギュラーを担ってきた今野泰幸(31)にしても、所属するJ1ガンバ大阪において絶不調でスタメン落ちの体たらくですからね」 こう嘆く、日本サッカー協会幹部が続ける。 「今大会は、高温多湿と過酷なコンディションの中で行われます。そのため、3人の交代枠やスタメンの入れ替えなど、総力戦がポイントとなるのに、90分計算できる選手はボランチの山口蛍(23)くらいで、本 [全文を読む]

サッカーW杯日本代表に選出された11人の黒プロフィール(1)

アサ芸プラス / 2014年05月21日09時57分

「所属するガンバ大阪では試合前のロッカー室でAKB48やももいろクローバーZの曲を大音量でガンガンかけるのが慣例で、それを日本代表でもやったところ、監督に『緊張感がない。お前らは国を背負って戦っているんだぞ』と一喝されました」 「天才」と称され、次世代を担う柿谷曜一朗(24)は夜もゴールを量産中だ。 「合コン好きで、その人脈もモデル、タレントからナース、 [全文を読む]

フォーカス