香川真司 中田英寿に関するニュース

W杯日本代表、チーム内派閥対立で空中分解?本田と大久保に確執?

Business Journal / 2014年06月12日22時00分

「新潮」によれば、現在の代表では、元セレッソ大阪の大久保を中心に、現セレッソの柿谷曜一朗、山口螢、元セレッソの香川真司、清武弘嗣らの“セレッソ閥”が幅を利かせているという。また大久保がドイツのブンデスリーガ、ヴォルフスブルク時代にチームメイトであった日本代表キャプテンの長谷部誠率いるドイツ組という派閥があるとも。このドイツ組には、ブンデスリーガでプレーする [全文を読む]

プロらしくない顔の香川真司には、まだかなり成長の余地がある

週プレNEWS / 2012年10月02日06時00分

果たしてプレミアリーグで高い期待に応えることができるのか注目の香川真司。サッカーファンで知られる人気コラムニストの小田嶋隆氏は、香川の表情から今後の活躍を予想する。 *** 知り合いの野球ファンにM田という男がいるのだが、彼に言わせると、野球選手の将来は、八割方、入団時の顔で予測できるのだそうだ。顔の造作ではない。顔つき、すなわち表情を通して、だ。 スラッ [全文を読む]

いまこそサッカーを語り合おう!サッカー界の論客首脳会議『フットボールサミット』期間限定でバックナンバー16冊が半額

PR TIMES / 2014年06月19日13時25分

遠藤保仁のサッカー世界を読み解く フットボールサミット第7回 サッカーと帰化とアイデンティティ「国」を選んだフットボーラ― フットボールサミット第8回 本田圭佑という哲学 世界のHONDAになる日 フットボールサミット第9回 香川真司を超えていけ 史上最強「海外組」の現在地を問う フットボールサミット第10回 内田篤人が愛される理由。 フットボールサミット [全文を読む]

ザックJAPAN「本田VS川島」の派閥バトルが勃発?(1)理想派と現実派に分かれている

アサ芸プラス / 2014年05月15日09時57分

もちろん、本田率いる理想派とはかみ合いません」 そこで本田はメンバーを増強すべく、同じく海外組の香川真司(25)と岡崎慎司(28)を「勧誘」。スポーツライターが明かす。 「あまり自己主張しないおとなしいタイプの香川は、『お前、こっち(の派閥)だよな』と、半ば強引に引きずり込まれた。本田に洗脳され、ほとんど聞き役に回っています。岡崎も『優勝したいよな』と言っ [全文を読む]

「インチキファンド報道以来、音信不通……」“旅人”元サッカー日本代表・中田英寿氏はどこへ!?

日刊サイゾー / 2014年01月08日16時00分

ASローマ在籍時代にはリーグ優勝も経験しており、香川真司(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)や長友佑都(インテル・ミラノ/イタリア)、本田圭佑(ACミラン/イタリア)といった現代表における海外組の先駆けとなった、日本サッカー史上最大のスター選手。それだけに数々のテレビコマーシャルに出演し、2006年の引退時には現役時代に稼いだカネが82億円とも報 [全文を読む]

吉田麻也、日本人初のプレミア100試合出場を達成! ハル戦でスタメン勝ち取る

サッカーキング / 2017年04月29日22時39分

なお、吉田のプレミアリーグ100試合に次いで、稲本潤一(北海道コンサドーレ札幌)が66試合、岡崎慎司(レスター)が56試合、香川真司(ドルトムント)が38試合、中田英寿が21試合、宮市亮(ザンクトパウリ)が17試合、戸田和幸が4試合となっている。 [全文を読む]

全日本少年サッカー大会決勝が、まるで欧州トップリーグのようだと中国ネットで話題に=「これが差だ」「大空翼を見た気がする」

Record China / 2017年03月19日18時10分

他にも、「次の中田英寿や本田圭佑、香川真司が出てきて欧州に行くかもな。少なくともその希望が見える」というコメントもあったが、「遅かれ早かれ中国が全面的に超える」と強気の意見もあった。(翻訳・編集/山中) [全文を読む]

「日本人は、スペインリーグでは通用しない!?」柴崎の2部移籍と、清武のJ復帰が意味するもの

日刊サイゾー / 2017年02月06日19時00分

一方、香川真司も、一時期はマンチェスター・ユナイテッドのスターティングメンバーに名を連ねていたが、現在はドイツ・ブンデスリーガに出戻っている。しかも、以前のような輝きを見せられていない。沈む2人と同様、昨季、プレミアリーグをレギュラーメンバーとして制した岡崎慎司も、現在は1.5軍扱いと苦しんでいる。 そんな本田、香川、岡崎の不調に引きずられていた日本代表の [全文を読む]

英メディアが将来有望な日本人トップ5を選定…ワールドクラスの選手に例えられたJリーガーも

ゲキサカ / 2017年01月14日22時40分

同メディアは「2016年Jリーグの若手選手トップ5」と題した記事で「“キングカズ”こと三浦知良や中田英寿をはじめ、本田圭佑、香川真司、2015年にベストヤングプレーヤー賞を受賞した浅野拓磨など、Jリーグは優れた選手を輩出してきた実績がある」と前置きし、22歳以下の有望な日本人選手をランキング形式で紹介した。 5位に選ばれたのは浦和MF関根貴大(21)。左 [全文を読む]

アーセナル移籍説浮上も……U-23リオ五輪当確の浅野拓磨が、海外では通用しない理由とは?

日刊サイゾー / 2016年06月30日19時00分

今まで多くの選手が挑戦しましたが、活躍した選手は岡崎慎司くらいでしょう? ドイツのブンデスリーガで活躍した香川真司だって、プレミアリーグで通用しなかった。さらにいえば、プレミアリーグよりレベルの落ちるイタリアのセリエAでも活躍できた選手は中田英寿くらい。トップ3のリーグでは、日本人選手はほとんど結果を残していないのが現状です」 つまり、ドイツでならば活躍が [全文を読む]

アモーレ長友じゃないの?リオ五輪サッカー代表の地味なOAにテレビ局が悲鳴

アサ芸プラス / 2016年06月28日05時59分

ロンドンでは宇佐美や清武、北京では本田圭佑に香川真司、アテネでは大久保嘉人に田中マルクス闘莉王、シドニーでは中田英寿や中村俊輔とそうそうたるメンバーが揃っていた。だが、リオ五輪の23歳以下となると、全国的に知られている選手はいない。せめてOAで人気選手が入ってくれればとテレビ局が願うのも理解できる。「地味でもメダルに絡むことができれば盛り上がると思うのです [全文を読む]

<サッカー>岡崎所属のレスターが英プレミア初優勝、中国メディア「アジア人10人目の欧州5大リーグ制覇」

Record China / 2016年05月04日09時40分

記事では、岡崎を、韓国のパク・チソン、日本の香川真司に続くアジア人3人目のプレミア制覇と紹介(2001−02シーズンにアーセナルに所属していた稲本潤一を含めていないが、その理由は不明)。日本の奥寺康彦、長谷部誠、大久保嘉人、イランのアリ・ダエイ、アリ・カリミ、ヴァヒド・ハシェミアン(以上、独ブンデスリーガ)、日本の中田英寿(伊セリエA)も加え、欧州5大リ [全文を読む]

【サッカー日本代表】本田、岡崎に次ぐ点取り屋が超意外! 香川でも宇佐美でもない“第三の男”とは?

日刊サイゾー / 2016年03月25日18時00分

「ブラジルW杯以降の代表得点ランキングは、1位が本田圭佑の11ゴール、2位が岡崎慎司の9ゴールと、予想通りのものなんですが、なんと3位は、香川真司を抑えてDFの吉田麻也の5ゴールなんです。アフガニスタン戦でもありましたが、これからはセットプレーの時に長身のハーフナー・マイクに相手DFが引きつけられ、吉田がゴールというパターンができ、もっと増えるかもしれま [全文を読む]

レスター岡崎がプレミア2戦目で待望の移籍後初ゴール!!

ゲキサカ / 2015年08月16日00時09分

なお、プレミアリーグで得点を挙げた日本人選手は、稲本潤一、中田英寿、香川真司、吉田麻也に続いて5人目となる。 ●プレミアリーグ2015-16特集 ●欧州組完全ガイド [全文を読む]

ブラジルW杯の日本状況 ジーコ監督時のドイツ大会と重なる

NEWSポストセブン / 2014年06月30日07時00分

ザックジャパンでは長友佑都、香川真司、岡崎慎司ら欧州組を中心に編成。一方のジーコジャパンは、中村俊輔に加え、小野伸二、稲本潤一に代表される、いわゆる「黄金世代」を軸に据えた。 そして最も大きな共通点が、チームに「王様」がいたことである。今回は本田、ドイツでは中田英寿。2人は、それぞれの世代における日本代表で傑出した存在だった。 中田はまだ日本人サッカー選手 [全文を読む]

長身イケメン集団SOLIDEMOとサッカートーク

WEB女性自身 / 2014年06月20日07時00分

本田選手の鮮やかなパスワークから得点に結びついてほしいですね」【元高校球児のクッキング担当・佐々木和也(24)】「僕自身は野球をやっていたのでサッカーは勉強中ですが、香川真司選手の強気な発言が好きです。プレーも、素早く、どこへでも突っ込んでいく。メッシ選手と同じプレースタイルですよね」 [全文を読む]

サッカー元日本代表・中田英寿が大サービス! コスプレまで披露したワケとは?

日刊サイゾー / 2014年06月06日21時30分

なので、ヒデにとってカフェはW杯における唯一のアピールの機会なのでしょう」(サッカーライター) 史上最強の呼び声が高い現在の日本代表を応援する若いサポーターにとっては、日本サッカー界最大のスターだった中田氏の存在感も、香川真司(マンチェスター・ユナイテッド=イングランド)や本田圭佑(ACミラン=イタリア)、長友佑都(インテル・ミラノ=イタリア)といった現代 [全文を読む]

サッカーW杯日本代表に選出された11人の黒プロフィール(1)

アサ芸プラス / 2014年05月21日09時57分

「本来なら日本代表の10番は、トップ下のポジションを務める本田に与えられて当然なのですが、これまで香川真司(25)が背負ってきた。これには『大人の事情』が絡んでいます。日本サッカー協会は、07年から来年15年までの8年間に、総額160億円でアディダスとスポンサー契約を結んでいるのですが、ユニホームの売り上げなどのマーケティング的な面から、10番だけはスポ [全文を読む]

セルジオ越後の一蹴両断!第342回「香川の不振をモイーズ監督のせいにするのは間違いだ!」

週プレNEWS / 2014年02月20日12時00分

マンチェスター・ユナイテッドで2季目のシーズンを過ごす香川真司が、苦しい立場に立たされている。 冬の移籍市場でマンUは香川と同じ攻撃的MF、スペイン代表のマタを獲得。以降、もともと少なかった香川の出場機会はさらに減り、ケガや体調不良でもないのにベンチに入るのが精いっぱいという状況になっているのだ。 このまま“飼い殺し”の状態が続けば、試合勘に影響が出るのは [全文を読む]

インタビューも局側に断られ……サッカー元日本代表・中田英寿“大安売り”でも需要なし!?

日刊サイゾー / 2014年01月28日16時00分

そうでなくとも、香川真司(マンチェスター・ユナイテッド=イングランド)や本田圭佑(ACミラン=イタリア)などのように、中田氏の実績を上回りそうな選手も出てきている。もはや、W杯に便乗して“延命”を図るしかないのか? [全文を読む]

フォーカス