映画 酒井若菜に関するニュース

死に至った者も…!? 役作りのためにトンでもない人体改造を行った芸能人5選!

tocana / 2016年06月13日09時00分

1983年公開の映画『楢山節考』において、当時40代であった彼女は、70歳に差しかかる老婆役を演じた。老婆は自ら前歯を砕いた設定であったため、歯を人工的に削り、その姿を再現した。もちろん一度削ってしまった歯は元には戻らない。同作品はカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞するなど国内外で高く評価されることになった。2 松田優作:奥歯4本抜き 歯を抜いた芸能人は [全文を読む]

頬のたるみ、ほうれい線、目尻のシワetc...“容姿劣化“がウワサされる女性芸能人たち

tocana / 2014年04月07日14時30分

1月中旬に行われた映画『バイロケーション』の完成披露試写会に登場した際、容姿の劣化ぶりがネット上で話題になった。むっちりした二の腕、くっきりとした二重あごとほうれい線...。酒井は2005年に出演予定だった初舞台を降板し、女優業を1年間休業。「(舞台降板後の)最初の数年間は地獄のような日々でした」と、酒井はTwitterで告白していた。試写会後の3月27~ [全文を読む]

酒井若菜が編集長を務めるWEBマガジン『marble』始動 連載陣は今を彩る多才な美女たち!

ananweb / 2017年10月17日17時00分

女優・酒井若菜さんが編集長を務めるWEBマガジン『marble』が、本と映画の総合情報サイト『BOOKSTAND』にて、創刊されました。 ドラマ「木更津キャッツアイ」や「シングルマザーズ」、映画「恋の門」「白磁の人」など数多くの作品に出演する傍ら、2008年には初の著書『こぼれる』を、2016年には対談+エッセイ集『酒井若菜と8人の男たち』を刊行した酒井さ [全文を読む]

酒井若菜が編集長のWEBマガジン『marble』創刊 執筆陣に西田尚美・坂本美雨ら

太田出版ケトルニュース / 2017年10月13日17時26分

本と映画の総合情報サイト『BOOKSTAND』にて、女優の酒井若菜がWEBマガジン『marble』を創刊。先着365名が無料の特別会員になれるキャンペーンを行っている。 1996年にデビューした酒井若菜は、ドラマ『木更津キャッツアイ』『シングルマザーズ』、映画『恋の門』『白磁の人』『遺体~明日への十日間』など数多くの作品に出演。その一方、2008年には初の [全文を読む]

第4話脚本・喜安浩平「下北沢ダイハード」に新風を吹き込む!?

ザテレビジョン / 2017年08月11日22時44分

脚本に絞ってみれば、担当の喜安浩平は、劇団ブルドッキングヘッドロックの主宰・作・演出家と整理紹介されているが、ケラリーノ・サンドロヴィッチ主宰の人気劇団「ナイロン100℃」に所属し、アニメ「はじめの一歩」幕之内一歩役、「テニスの王子様」海堂薫役の声優を務めた役者であり、映画では「桐島、部活やめるってよ」(吉田大八と共同)、ももいろクローバーZ出演の「幕が [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「酒井若菜」(4)若菜が俺と男女の仲って噂が!?

アサ芸プラス / 2016年03月17日01時57分

私、この世界に入ったきっかけが「ひめゆりの塔」という映画を観たことだったので、そういう戦争をテーマにした作品に出たいですね。あと、向田邦子さんが大好きなので、もし機会があれば向田邦子役を演じてみたいという夢があります。テリー それ、いいね。酒井 あとテリーさん、私が10代の時に、「映画作りたいんだ」って、ものすごく不可思議なプロットを持ってきてくださったの [全文を読む]

「第二回 新大久保映画祭」が8/14(金)~22(土)に開催へ!上映作一挙公開!

スポーツソウルメディアジャパン / 2015年06月24日19時12分

☆韓国、日本、中国、ネパール、タイ、ベルギーなど、7か国17作品を上映☆アジアの映画関係者(俳優・監督など)が新大久保映画祭のために来日☆世界最年少監督(8歳・当時)として、ギネス認定のネパール人監督も登壇~実施概要~【テーマ】「未来に向いて共に歩こう」【会期日程】2015.8/14(金)~8/22(土) 計9日間 【開幕式】8/14(金)に開催 ※場所未 [全文を読む]

朝ドラに元巨乳アイドルふたりが共演!『マッサン』の見方がまた楽しくなった

週プレNEWS / 2015年02月04日06時00分

映画担当を長く務め、ドラマの特集も多く手がけた本誌編集がこう語る。 「2002年くらいからそれぞれ女優としての基盤を築いた感じですか。それまでもドラマに出たりはしてましたが、小池さんは森田芳光監督の映画『模倣犯』で、おっ、こんな演技もできるんだと注目され、翌年の堤幸彦監督『2LDK』は主演で熱演、小品ですが評価を上げました。 酒井さんも02年に『木更津キ [全文を読む]

LaLaドラ「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」追加キャスト発表!

PR TIMES / 2014年10月30日10時25分

主人公≪未婚のプロ(予備軍)≫を演じる女優陣には、既に発表済みの、市川実和子・たんぽぽ川村エミコ・小島聖・酒井若菜・鈴木砂羽・谷村美月・平山あや・渡辺真起子に加え、相武紗季・井上和香・大和田美帆・木南晴夏・佐藤めぐみが新たに決定いたしました!さらに、映画『俺はまだ本気出してないだけ』やドラマ「アオイホノオ」(テレビ東京系)、舞台やバラエティなどで数多くの話 [全文を読む]

【女性チャンネル♪LaLa TV】「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」製作決定 &第一弾キャスト発表!

PR TIMES / 2014年09月17日10時25分

その反響を受けて、映画・ドラマ化の権利争奪戦が繰り広げられ、この度女性の視聴者が大半を占める“女性チャンネル♪LaLa TV”でドラマ企画として製作が決定いたしました。今回の「わたプロ」ドラマ化にあたり、映画やドラマ、CMなどで注目を集める話題のクリエーター(演出)×個性豊かな俳優陣×女の核心に迫る脚本家らによって、原作に登場する<プロポーズされない“10 [全文を読む]

「最後の写真集」発言は撤回!? 酒井若菜が4年ぶりに“男性向け”写真集を発売!!

メンズサイゾー / 2013年08月12日17時15分

2000年代に入ってからは、人気脚本家・宮藤官九郎が手がける『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)、『木更津キャッツアイ』(同)などに出演し、04年には松尾スズキ初監督作品となる映画『恋の門』で主演を務めるなど、女優業にも進出している。また08年には小説『こぼれる』を上梓し、公式ブログでも巧みな文章力を披露して高い評価を得るなど、グラドルとしての活躍の [全文を読む]

石田ゆり子、土屋太鳳が抱く“意外な夢”とは?

アサジョ / 2017年06月01日18時15分

ドラマや映画のワンシーンに憧れることってそれは役を演じる女優さんも同じ。プライベートでも真似したい設定があるようです。 チューハイのCMでかわいすぎる妻を演じている女優の石田ゆり子さんは「キッチンで料理をしながらお酒を飲むこと」がささやかな夢だったそうで、先日、それが実現したそうです。「何かを作りながら飲むのが一番おいしい」と、自身のインスタグラムにライム [全文を読む]

【女性チャンネル♪LaLa TV】若林正恭(オードリー)、酒井若菜、佐藤仁美 共演の新感覚! 料理番組×ホームコメディ「終電ごはん」をCS初放送!

PR TIMES / 2016年01月29日14時08分

プルコギ風焼き肉、大人のナポリタン、カレーうどんなど・・・ドラマに出てくるレシピは、どれもすぐ真似したくなるお手軽レシピばかり! 女性チャンネル♪LaLa TV(ジュピターエンタテインメント株式会社、東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:寺嶋博礼)は、国内外ドラマ、ライブ(舞台他)、ライフスタイル、映画のジャンルから“ハートはずむ♪”番組を厳選してお届けす [全文を読む]

堺雅人と内村光良の信用を失墜!?酒井若菜に囁かれる「芸能界追放」の可能性

アサ芸プラス / 2015年05月15日17時59分

映画やドラマにとって、脚本は扇の要。その脚本を受け入れた主演俳優や監督など、関わるスタッフすべてを否定した。今後、そのような役者と組みたいと思う人はいませんよ」 しかも、酒井は過去に一度、芸能界の信用を失ったことがある。「ドラマ『木更津キャッツアイ』で演技力が認められた酒井は、その後も順調に女優として活躍していました。ですが05年、当時不倫関係にあった脚 [全文を読む]

禁断のラブ・サスペンスCSドラマが劇場版に! 主演の戸次重幸よりコメント到着

Entame Plex / 2014年08月31日18時35分

◆戸次重幸コメント 「続編でもスピンオフでもない、今回の『ドラマの映画化』という試み。ドラマはCS放送ということでしたので、観られていない方もたくさんおられると思います。ですので、主演させていただいた身としては、そういった方々にも観ていただける機会を得て、大変嬉しく思っています。テンポ良く見せなければならないドラマと違い、映画は登場人物の心情をより深く見 [全文を読む]

【女性チャンネル♪LaLa TV】オリジナルドラマ「エンドレスアフェア~終わりなき情事~」製作決定 & キャスト発表!

PR TIMES / 2014年06月10日10時10分

さらに、映画『ハンサム★スーツ』(’08年公開)、『高校デビュー』(’11年公開)など、アスミック・エースで数々のヒット作を手がけてきた映画プロデューサーの山田雅子が本作をプロデュース。伝説のメガヒット作「赤いシリーズ」「スクール・ウォーズ」「スチュワーデス物語」などを多数手がけてきた大映テレビが制作いたします。女性チャンネル♪LaLa TVでも高い人気を [全文を読む]

【ウラ芸能】酒井若菜、ホラー映画を食った劣化ぶり

NewsCafe / 2014年01月24日15時00分

デスク「女優、酒井若菜(33)がすごく劣化してるって?」記者「驚きを通り越して同情と心配の声があがっています」デスク「まだ若いのに?}記者「先週封切られたホラー映画『バイロケーション』の完成披露試写会に登場した際の写真が各ニュースサイトにアップされたんですが、それがヒドイと…」デスク「まあ、確かにそうも見えるな」記者「現場でも、舞台挨拶に登場した途端、皆、 [全文を読む]

「地獄のような日々でした」酒井若菜が過去の休業について言及

メンズサイゾー / 2013年12月13日21時00分

88センチFカップの巨乳を武器にグラビアで活躍していた酒井は、映画化もされた02年のドラマ『木更津キャッツアイ』(TBS系)のモー子役で女優としてもブレイク。以後はドラマや映画のオファーが次々と舞い込み、05年には演技力の高さが評価されて舞台にも挑戦することになった。ところが、初舞台となるはずだった大人計画の『キレイ-神様と待ち合わせした女-2005』を [全文を読む]

『桐島』『あまちゃん』で評価急上昇の女優・松岡茉優 爆笑太田も大絶賛

AOLニュース / 2013年09月26日10時44分

アイドルとして成功を目指す熱い女子を好演し徐々に注目度を上げてきているが、最初にその演技が高く評価されたのは、第36回日本アカデミー賞の最優秀作品賞を受賞した映画『桐島、部活やめるってよ』だ。 松岡は同作の中で、少し性格の悪さも漂う"イケてる女子グループ"の一員を演じたが、その演技は観た人に大きな印象を与えた。特に絶賛したのは、爆笑問題の太田光。6月5日に [全文を読む]

酒井若菜 10年ぶりの水着姿、自然体グラビア写真集に賛否「重力は残酷」「熟女路線?」

AOLニュース / 2013年09月12日14時40分

演技力は相当評価が高いようで、02年から現在までテレビドラマだけで年に平均4本に出演しており、映画やCMにも引っ張りだこ。また08年6月に発表した小説『こぼれる』も評判は上々で、オフィシャルブログ「ネオン堂」を読んだTwitterユーザーからも「言霊を感じた」「名文すぎる」と美しい文体に感動する人が続出している。 順風満帆そうに見受けられるが、恋愛事情はと [全文を読む]

フォーカス