住職 善光寺に関するニュース

数え年で7年に一度の盛儀「善光寺御開帳」とクラブツーリズム特別企画「信州芸能まつり」の旅 2015年2月10日(火)販売開始

PR TIMES / 2015年02月09日13時27分

[画像1: http://prtimes.jp/i/8099/67/resize/d8099-67-645802-0.jpg ] 善光寺では、通常の参拝ではお会いできない善光寺住職を務める大勧進貫主様または大本願上人様いずれかの貴重なお話し(所要約30分)を拝聴することができ、地元ボランティアガイドによる善光寺周辺の十念寺(出世大仏)、西方寺(二尊極楽堂 [全文を読む]

セクハラ騒動で参拝客激減、善光寺貫首は解任させられない?

週プレNEWS / 2016年07月08日06時00分

善光寺住職で、天台宗「大勧進」のトップでもある小松玄澄貫主(こまつげんちょうかんす)(82歳)が寺の女性職員にセクハラ、パワハラ行為を働いたとして、懲戒を迫られる騒動になっているのだ。 「貫主」とは最高の地位を表す生き仏のような存在。そんなご仁がセクハラ、パワハラとは一体どうなっているのか? さっそく長野市へと飛んでみた。すると、善光寺へと向かうタクシー [全文を読む]

セクハラ疑惑の善光寺貫主、任期は「死ぬまで」…性善説の内部規定でドタバタ劇

弁護士ドットコムニュース / 2016年07月20日10時36分

1400年の歴史を誇る善光寺(長野市)が、住職のセクハラ疑惑で揺れている。傘下の寺院や信徒団体は「前代未聞の不祥事」として辞任を要求。一方、住職側は疑惑を否定し、「法的拘束力はない」と辞任要求をはねのけている。 渦中の住職は、善光寺大勧進の小松玄澄貫主(82)。善光寺は天台宗の大勧進と浄土宗の大本願で共同管理しており、小松貫主は天台宗側のトップ。「宗教法人 [全文を読む]

女子アナと食事にゴルフ、不貞疑惑も…善光寺大勧進住職のヤンチャすぎる私生活

アサ芸プラス / 2016年06月30日17時59分

善光寺は天台宗の「大勧進」と浄土宗の「大本願」という2つの組織が共同で管理しており、貫主とは住職に当たる。「スキャンダルは、今に始まったことではない」と、かつて小松貫主の取材をしたジャーナリストは言う。「きっかけは、2004年に天台宗の25ある一山(いつさん)寺院すべてに送られてきた匿名の投書でした。そこには当時、長野県の放送局の女子アナと食事をしている小 [全文を読む]

【御開帳】7年に1度!700万人が参加!「一生に一度は」と言われる長野・善光寺

しらべぇ / 2015年05月24日12時00分

赤い傘と共に歩く住職が、境内へ集まった人の頭を数珠でなで、功徳を授けてくれる。 御開帳は5月31日まで。極楽浄土との結縁を願う人には絶好の機会だ。「一生に一度は善光寺へ」という言もある。 「善光寺御開帳」公式サイト http://www.gokaicho.com http://www.gokaicho.com (写真・文/しらべぇ編集部・前田昌宏 http [全文を読む]

【日本人が知らないニッポン】戦火を乗り越えた浅草寺の聖観音菩薩

GOTRIP! / 2017年01月25日16時30分

この数人とは明治新政府の役人と、当時の住職です。 政治体制が江戸から明治に移行する時代、浅草寺は明治新政府から「本当に本尊があるのか?」という疑いがかけられていました。新政府は調査のために強引に開帳させようとしましたが、その最中にひとりの役人が謎の事故死を遂げます。 「これは仏罰に違いない」という噂が立ちますが、そんな中でも住職は「自分が御本尊の存在を確認 [全文を読む]

280年の歴史ある唐辛子も!長野県民に聞いた長野の定番お土産3選

TABIZINE / 2016年06月05日12時00分

長野県漬物協同組合によると、野沢菜とは長野県の東北部、新潟県との県境近くにある野沢温泉村・薬王山健命寺の住職が考え出した食べ物なのだとか。 歴史は1756年までさかのぼります。当時の住職が京都から帰ってくるときにカブを持ち帰り、土地に植えました。 しかし野沢温泉村ではカブの根の部分が十分に育たず、茎と葉っぱだけが大きく育ってしまったといいます。そこで茎や [全文を読む]

拝観してもすぐに帰らないで!善光寺は参道周辺の散歩が面白い!

GOTRIP! / 2016年10月18日04時00分

1つひとつが住職のいる独立した寺になっており、全国からの参拝者を迎えるほか、善光寺如来に奉仕・守護する役割を果たしているのです。 商店街の裏通りでは、表の賑やかさとは打って変わって、静まり返った通りに宿坊は並んでいます。 長い伝統を守り、今に伝えている各宿坊では、それぞれ工夫を凝らした精進料理を頂いたり宿泊をする事ができます。精進料理と言っても単に質素なだ [全文を読む]

中国人ビックリ!自由奔放な日本の僧侶―中国メディア

Record China / 2016年10月01日23時50分

そんな時、偶然出会ったのが彼の住む長野県のカヌー協会会長で善光寺寿量院の住職だった。会長の勧めで矢沢さんは僧侶になることを決め、修行とトレーニングを両立する生活を送ることにしたという。今回のリオオリンピックでは残念ながら決勝まで進めなかったが、彼の人気は優勝した選手に勝るとも劣らない。【お坊さん便】このほど、本社を東京に構える株式会社ミンレビはAmazon [全文を読む]

日本旅行創業110周年特別企画!貸切新幹で行く善光寺御開帳への旅を発売!

PR TIMES / 2015年02月17日15時00分

・淵之坊ご住職が新幹線に同乗!ご開帳に関する「ありがたいお話し」をいただきます。 ・善光寺参拝記念「オリジナル手ぬぐい」をプレゼント。 ・当日朝摘み取った名産「アスパラ」をご賞味いただきます。 ・善光寺では正しい御開帳参拝を! ・公認案内人が「善光寺前立本尊」と如来様を結縁できる「回向柱」をご案内します。 ・昼食は宿坊で心身を清める「精進料理」をご用意し [全文を読む]

フォーカス