歩き 渡部建に関するニュース

芸人仕事激減、すっかり「食レポ上手な面白い人」になったアンジャッシュ渡部建の変態グルメぶり

messy / 2016年08月31日23時00分

「食べ歩きの人の中だったら一番面白いです!」 と、指原から微妙なフォローを受けるも、堪らず食い気味に「やめろよ!」とツッコまずにはいられない渡部さんであった。本来、テンポのいい巧みな「勘違いコント」に定評のあるお笑いコンビであったはずなのに、趣味のグルメを探究しているうちに、いつの間にか「食レポ上手な面白い人」として広く認識されるようになってしまっただなん [全文を読む]

アンジャッシュ・渡部建が教える最新焼肉作法と流儀

NEWSポストセブン / 2016年04月14日07時00分

年間約500軒を巡るグルメとしても知られ、日々の食べ歩きを綴ったブログ「わたべ歩き」も大好評。会員制コミュニティDMM Lounge「渡部建のとっておきの店、こっそり教えます」(https://lounge.dmm.com/detail/23/)でグルメ情報を配信中。 ※週刊ポスト2016年4月22日号 [全文を読む]

勝俣州和と渡部建オススメのグルメが町田に集結

Walkerplus / 2016年04月11日07時00分

■ 勝俣や渡部お墨付きの店が登場 数々のテレビ番組で「食ロケ」を経験し、おいしいものを知り尽くした勝俣州和と、年間500軒以上の食べ歩きをするほど食に精通しているアンジャッシュ・渡部建。2人が行きつけとして通っているお店がそれぞれ8店舗ずつ出店する。 ■ 大阪発!分厚いハムカツ 勝俣州和の推薦店、大阪の北新地にある「堂島精肉店」は安くておいしいと評判の居 [全文を読む]

佐々木希、夫・渡部建との寿司デートで怒られることとは?

RBB TODAY / 2017年10月11日07時01分

この日佐々木は、番組司会のウエンツ瑛士、ドラマで共演中の俳優・玉山鉄二とともに、玉山が若いころ住んでいた北浦和で食べ歩き。地元の人のクチコミを頼りにイタリア料理店に入った際、佐々木も玉山も辛い物好きであることから、料理の味も辛くしてくれとオーダーした。 ウエンツが「どうして激辛好きなのか」聞くと玉山は、「無性に食べたくなる」と一言。「ワサビとか、カラシと [全文を読む]

渡部建・佐々木希の前途がヤバい?「15歳差婚」に立ちはだかる“壁”

アサジョ / 2017年04月16日10時15分

「食通として知られる渡部は食べ歩きのペースが実に年間500件以上。グルメはもはやライフワークですから、結婚したからといってセーブできるものではありません。しかも彼は野球マニアでもあり、高校野球の試合にも頻繁に足を運ぶほど。こういった趣味に費やす情熱を佐々木がどこまで容認できるのか気になるところです」 縁起でもないが、仮に夫婦の仲が決裂した場合、その理由が「 [全文を読む]

アンジャ渡部が週5で通うラーメン店『喜楽』 本当に美味しいのか調査

しらべぇ / 2016年10月05日18時30分

※画像はアンジャッシュ渡部建のわたべ歩きのスクリーンショット渋谷道玄坂に忽然と姿を現すラーメン店『喜楽』。同店はホテル街にあり、ここだけ行列ができているのは異様な光景だ。喜楽は、芸能界きってのグルメ通と呼ばれるアンジャッシュ渡部建が学生時代から通うラーメン店だという。しらべぇ編集部では、渡部が絶賛するラーメンは本当に美味しいのか確かめてみることに。■10分 [全文を読む]

芸能界一の高校野球ファン・アンジャッシュ渡部建がついにリリースする高校野球の決定版! 『知識ゼロでも楽しめる熱狂観戦術! ワタベ高校野球の味方です。』は6月30日発売!

PR TIMES / 2016年06月30日10時27分

その傍らで趣味の食べ歩きが高じて、年間の訪問数は日本全国約500軒におよび。2014、15年にはレストランガイド本を出版し、ヒットを記録している。 【書誌情報】 タ イ ト ル :知識ゼロでも楽しめる熱狂観戦術! ワタベ高校野球の味方です。 著 者 :渡部建(アンジャッシュ) 発 売 日 :2016年6月30日 価 格 :本体1,400円(+税) 体 裁 [全文を読む]

「手料理なんて作られたら外食の機会が減る」!? グルメ男子たちの譲れない結婚観

messy / 2014年04月16日18時30分

趣味が「食べ歩き」とのことで、グルメなプライベートを綴った「わたべ歩き」というブログを発信中。●長野博アイドル界屈指の食通として知られ、やはり「食べ歩き」が趣味。多い時には年間700軒ものお店に通い、グルメエッセイや食べ歩きガイドまで出版。(長野くんの驚きのグルメっぷりは以前書かせていただいたことも)●石神秀幸ラーメン評論家として活躍。「神の舌を持つ男」と [全文を読む]

佐々木希、夫・渡部建に「怒られちゃう」こととは?新婚生活を明かす

モデルプレス / 2017年10月11日00時59分

ぶらぶらと街歩きをしていると、案内役のウエンツ瑛士から「わざわざ言いたくはないけど…」という前置きとともに、夫・渡部との「『八王子アポなし(旅)』は本当にきつかった」と、苦情が飛び出した。 渡部が食べたいと主張する「八王子ナポリタン」が見つからないのに「『俺はグルメ王だ!』って」と渡辺が一歩も引かなかったのが辛かったと言うウエンツに、佐々木は爆笑。佐々木は [全文を読む]

アンジャ渡部、佐々木希との結婚もビジネス含み?「グルメ王」の打算を暴く!

アサ芸プラス / 2017年09月16日09時59分

食べ歩きは好きだったが、最初からそれを志していたわけではない。そこにこそ、彼が若干ウサン臭がられている原因がある。「テレビ番組では『グルメ王』と呼ばれて一見、重宝されているようですが、『ブランチ』でも、『グルメ王・渡部さんなら知ってますよね?』といった振り方でイジられている。つまり、彼の『グルメ好き』は、単にビジネスのためにやっているということを見抜かれて [全文を読む]

「肉ダイエット」がブーム!もっとも痩せる肉とは

アサジョ / 2017年07月17日18時14分

食べ歩きの達人であるお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建さんは、広尾のモダンチョップハウス「ラステイクス」というお店のラムチョップを大絶賛しています。 調理に迷ってしまいそうな羊肉ですが、渡部さんのように、外食で堪能するというのもよさそうですね。 [全文を読む]

2億円で国主導の晩餐会プロジェクトを![小山薫堂の妄想浪費 vol.19]

Forbes JAPAN / 2017年03月18日18時30分

昨年末、アンジャッシュの渡部建くんと僕の故郷である熊本県の天草で食べ歩きの旅をした。実は彼を連れて行きたい場所があった。次の世界遺産と目される「崎津集落」だ。ここは隠れキリシタンの漁村で、村にはゴシック様式の崎津教会があり、暮らしている漁師さんもクリスチャンが多い。漁に出るときは、大漁と航海の安全を願って、崖に水染みで浮かび上がったマリア像に手を合わせてい [全文を読む]

NHK Eテレ「趣味の園芸 やさいの時間」でカレー講師としても活躍中 音楽界のグルメ番長ホフディラン小宮山雄飛初のカレーレシピ書籍『カレー粉・スパイスではじめる旨い!家カレー』発売!

PR TIMES / 2016年06月06日13時40分

食べ歩きやカレーづくりに飽くなき情熱を注いでおり、“音楽界のグルメ番長” の異名をもつ。「東京カレンダー」「UOMO」などの雑誌に食のコラムを連載中、またNHK Eテレ「やさいの時間」にカレーの講師として出演中。 ■ホフディラン公式サイトhttp://hoff.jp/ ■コミヤマユウヒマトメ http://yuhi.info/ ■小宮山雄飛(QREAOTR [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】佐々木希「特別な男性はいませんか?」と問われるもノーコメント。

TechinsightJapan / 2015年08月31日13時55分

一方で「料理も好きだけど、食べ歩きも好き」とのこと。自分でお店を探すよりも「連れてって」とお願いする方が多いと語り、「美味しいお店を教えてくれる人はどう思いますか?」との質問に「良いと思います」と微笑んだ。 熱愛が報じられたアンジャッシュ・渡部建と噂について「特別な男性はいませんか?」と報道陣から質問が飛んだが、質問を断ち切るように「ありがとうございまし [全文を読む]

「なんか太った?」佐々木希を“顔パンパン”にしたアノ男への恨み節続々

アサ芸プラス / 2015年07月22日05時59分

かつて、女優の深田恭子も深夜のラーメン食べ歩きで激太りしたことがありますが、その二の舞にならないかと、佐々木のファンは心配しているようです」(前出・芸能ライター) 最近は、住んでいた都内の高級マンションを売却したとも報道されている佐々木。なにか身辺に変化が起こっての「幸せ太り」なのだろうか?(米沢のしろ) [全文を読む]

【明日24日発売!完全保存版】あの有名経営者13名の「本当は誰にも教えたくないレストラン」を一挙公開!

PR TIMES / 2014年06月24日09時21分

365日外食、桁違いのエンゲル係数で美食を極める食べ歩きから蓄積されたデータから、「仕事の相手でも、女性でも、大切な人を接待したい」絶妙なお店を厳選してくれました。 接待はもちろん、時にはデートにだって使えるレストラン209軒。完全保存版です! <商品情報>「仕事が楽しければ人生も愉しい」をテーマに 一流の仕事人を応援する男性ライフスタイル誌 誌名:GOE [全文を読む]

アンジャッシュ・渡部健が「食べたことがないお好み焼き」と絶賛「松浪やき」

ぐるなび / 2013年12月25日17時10分

年間500軒も食べ歩きをするという渡部さんが「絶対に今まで食べたことがないようなお好み焼き」と語る「松浪」は、人形町の古い街並みに溶け込んだお好み焼き店。渡部さんに「古くからの路地にある、隠れ家的なお店だから」と案内された店の門構えに、島崎さんは思わず「しっぶーい!」と叫んでいた。 創業62年の老舗で、店内には素朴でくつろげる純和風の空間が広がっている。 [全文を読む]

フォーカス