ホームラン 桑田真澄に関するニュース

9連続三振、3打席連続HR…プロ野球オールスター「伝説の瞬間」

週プレNEWS / 2016年07月12日06時00分

しかも、打者としても2回表に自ら3ランホームランをかっ飛ばすなど、大谷翔平(日本ハム)も真っ青の“二刀流”ぶりを見せつけた。 こんな「神ってる」選手は、もうなかなか現れないだろう。 ●掛布が3打席連続ホームラン 再び阪神から。掛布雅之が78年に今はなき後楽園球場のスタンドに強烈なホームランを3本連続で叩き込んだ。 掛布はこのオールスターでの3連発を皮切りに [全文を読む]

【プロ野球】イチローも苦言?”敬遠”が生んだ名場面と名選手

デイリーニュースオンライン / 2016年06月02日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■1960年:敬遠球をランニングホームランにした長嶋茂雄 1960年7月17日の巨人対大洋戦。5回2死二塁の場面で、打席には巨人の長嶋茂雄。大洋バッテリーは、立ち上がって敬遠球のようなボールを投げたかと思えば、次は座ってストライクという幻惑作戦で長嶋に挑んだ。 迎えた4球目。捕手は立ち上が [全文を読む]

後世に残る名試合ばかり! プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編2」

週プレNEWS / 2016年10月26日11時00分

涙あり、笑いあり、ホームランあり、ボーンヘッドあり。この50年に起きた、後世に残る伝説の瞬間をふり返ってみよう。前回記事に続き、【激闘!昭和編2】をお届けする。 * * * 【1985 阪神vs西武】 トラトラトラ! 21年ぶりセ優勝の阪神がその勢いのまま頂点へ 猛虎の雄姿に『六甲おろし』がこだまする 『六甲おろし』の大合唱が所構わず響き渡り、狂喜乱舞した [全文を読む]

甲子園のスターといえば誰?1位はやっぱりあの選手!

しらべぇ / 2016年08月06日21時00分

2位には星稜の4番として1年生から甲子園に出場し特大ホームランを放ち、5打席連続敬遠も話題になった松井秀喜が入った。以下ダルビッシュ有、清原和博、荒木大輔と続く。一方1位の田中と同期で、2006年夏決勝で延長15回と再試合を一人で投げぬいたハンカチ王子こと斎藤佑樹は、8.8%と低迷。やはりプロでの不振が影響している。■世代別でみると...世代別の1位をみて [全文を読む]

早実・清宮幸太郎の強気発言 桑田・清原の高校1年時を彷彿

NEWSポストセブン / 2015年08月23日07時00分

大会屈指の右腕・水野雄仁からホームランを放つワンマンショーを演じていた。同じく1年生で、4番を打ち、決勝戦でホームランを放った清原も、当時こう語っている。 「決勝戦なんていうプレッシャーは、全然なかった。ボクはお客さんがいっぱい入った方が楽しいんです。3日間超満員でしょう。気持ちよかったなあ」 自信に満ちていた桑田、緊張とは程遠かった清原。KKコンビは、1 [全文を読む]

テリー伊藤対談「桑田真澄」(3)清原君から多くのことを学びました

アサ芸プラス / 2015年05月19日05時56分

彼がすごいのは、こんなやり取りをすると、みごとにホームランを打つことです。「桑田、ありがとう。お前の言うたとおりや」と。僕は、狙って1球でしとめるすごさにいつも驚いていました。そういう姿をそばでずっと見ていましたね。 [全文を読む]

王貞治氏 「初本塁打出るまで1本も打てないかも」と不安に

NEWSポストセブン / 2014年04月08日07時00分

開幕戦で緊張するのは投手とのイメージがあるが、打者も同じ──こう語るのは、1970年の開幕戦で、初回、初球を先頭打者ホームランした記録を持つ山崎裕之氏(ロッテ)だ。 「1本ヒットが出るまでは、不安で不安で仕方がない。開幕から3試合、4試合と快音がないと、俺はもうダメなんじゃないかと本気で心配になるんです。終わってみれば3割前後は打てるのに……、プロの打者と [全文を読む]

【プロ野球】《日本シリーズ・助っ人列伝》レアードだけじゃない! 日本シリーズでMVPを獲得した助っ人たち

デイリーニュースオンライン / 2016年11月02日17時05分

第1戦から3試合にかけて連続ホームラン。苦手な守備でも好守を連発し、対戦相手の西武・広岡達朗監督は「あの怪物にはアメリカに帰ってもらいたい」と舌を巻いた。 ■オレステス・デストラーデ(1990年・西武=写真) 16打数6安打8打点の大活躍。初戦は初回に槇原寛己から先制3ラン。第2戦は斎藤雅樹から3回に3ランを放ち、第3戦では初回に桑田真澄から先制2点タイム [全文を読む]

長渕、桑田、元木、フィールズ、ケイダッシュ...清原と親しかった人たちに身元引受人になる気があるかを直撃したら

リテラ / 2016年03月09日12時00分

逮捕直後、清原に「人生の逆転ホームランを」とエールを送った桑田だが、「身元引受人になる気はあるか」という質問にはこう答えている。「いま、コメントすることじゃないので。現時点で僕がどうこう言えることではないでしょう。ただ、前にも言ったように、復活は心から願っていますよ」「まずは本人が頑張らないといけないですよね。(手を差し伸べるかどうかも)本人次第ですしね。 [全文を読む]

清宮幸太郎はなぜ左打ちなのか? 怪物1年生を生んだ清宮家の英才教育

デイリーニュースオンライン / 2015年08月19日10時00分

リトル用の球場では収まりきらない大ホームランを連発し、“和製ベーブルース”としてスター街道に乗った。 中学時代は調布シニア(東京)に所属。腰のケガなどもあり、一部の情報通からは「伸び悩み」の声も聞かれたが、着々と力を付けてこの春、晴れて早稲田実の一員に。 入学3日目の春季都大会3回戦(対駒大高)でいきなり3番に座ると、自身のデビューを祝うかのように勝ち越し [全文を読む]

清原和博「自決しようと思った」 食事はコンビニ弁当、糖尿病治療放棄…悲惨すぎる日常

Business Journal / 2015年01月24日06時00分

そのため、かなりの減量に成功したが、常に注目の的になってしまう自身の状況について、現役時代であればホームランを打つなどの活躍によって黙らせることができたが、引退した今は「僕に叩く道具がないんですよね」と忸怩たる思いのようだ。 また、巨人入団に関して「(当時の監督が)堀内(恒夫)さんだったら入っていなかった」、退団の際の球団の対応について「たった3分です」な [全文を読む]

二宮清純に聞く「球界の黄金ペア」

アサ芸プラス / 2013年05月30日09時59分

記録に残るホームランの王、記憶に残る勝負強さの長嶋、2人のうちどちらがいなくてもV9は達成できなかったでしょう。 現役時代にONと戦った江夏豊さんに以前「対戦した中で最強のバッターは誰ですか?」と聞いたことがあるんです。すると即答で「ONです」と返事が返ってきた。なぜ2人を一緒にあげるのか聞くと「OもNも1人なら何とかなるが2人となるとそうはいかない。やっ [全文を読む]

「お騒がせ男女」に激辛直言 オマンら、許さんぜよ!(4)斎藤佑樹←角盈男(野球解説者)

アサ芸プラス / 2012年03月09日10時54分

実際にキャンプ中の練習試合では、高めに浮いた球をホームランされていますよね。 いくらスピードを増しても、それが高めの棒球になっては意味がない。155キロくらいまで出れば話は別ですが、反動を使ったフォームに変えてもせいぜい140キロ台後半でしょう。彼の持ち味は投球術とコントロール。その意味でも、それが生かせる昨年のフォームに戻したほうが賢明でしょう。 「球威 [全文を読む]

フォーカス