ピッチング 桑田真澄に関するニュース

桑田真澄の次男Mattがイケメンすぎて「隠し子説」まで飛び出した!?

アサ芸プラス / 2017年03月25日09時58分

現役時代のピッチング同様、ピシャリとシャットアウトするトーク術はさすがといったところか。 [全文を読む]

ドラフト直前予想。桜美林・佐々木千隼が1位競合、最有力な理由

週プレNEWS / 2016年10月18日06時00分

秋のピッチングを見る限りでは、1番よかったと言われる2年春の状態に9割近く戻ったと見ていいでしょう。 C ただ、現状でよくなったとしても、あの豪快な投球フォームは逆に怖いよ。肩は高校時代からの古傷みたいなものだし。1年目から大活躍するかもしれないが、短命で終わるイメージもある。 A 対照的にこの春、台頭してきたのが佐々木千隼(ちはや・桜美林大)です。都立高 [全文を読む]

【高校野球】78球で完全試合も?少ない球数でも輝いた伝説の投手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年07月22日16時05分

近年では、桐光学園時代の松井裕樹(現・楽天)が「奪三振マシン」から打たせて取るピッチングへとモデルチェンジを目指し、結果として最後の夏に調子を崩してしまった事例もある。 打たせて取るピッチングで天下を穫った男、といえば、やはりPL学園時代の桑田真澄(元・巨人ほか)が思い浮かぶ。桑田はあるインタビューで、「いかにして少ない球で抑えるか」というテーマでこんなコ [全文を読む]

12球団の「ヤング侍」汗と涙のブレイク秘話(5)

アサ芸プラス / 2012年10月04日10時58分

高卒2年目ながら安定したピッチングを披露している宮國椋丞(20)だが、試合前には必ず自分が相手に打ち込まれるシーンをイメージしてからマウンドに登っているという。 「糸満高時代の宮國は今とは異なり、大事なところで打たれるケースが多かったんです。そこで上原忠監督が勧めたのが、試合前に打たれる想像をすること。そうすれば実際の試合で打たれたり、思いどおりにいかなく [全文を読む]

東大野球部 桑田氏薫陶や塾講師監督の選手集めで好勝負連発

NEWSポストセブン / 2015年10月29日11時00分

桑田氏の指導で、投手たちがピッチングの組み立てを意識し、相手に打ち込まれなくなったのが大きいという。 東京六大学の黎明期、東大には伝説の投手が存在した。1927年春の立大戦でノーヒット・ノーラン(東大では唯一)を達成した東武雄投手である。 東の卒業後は一気に弱体化。1933年から1938年には連続10シーズン最下位となり、戦後は1950年から14シーズン連 [全文を読む]

金田氏「ツーシーム?なんだそりゃ」「最近のカーブは酷い」

NEWSポストセブン / 2014年01月10日07時00分

ファンならずとも惹きこまれるピッチングをめぐる瞠目のやりとりを紹介しよう。 金田:開幕戦で打ち込まれると、味方の攻撃時にブルペンに走ったもんだ。そこで投げ込んで、何球か投げているとポンとハマる時がある。そうなれば心配ない。 よくいう、何球も投げてヘバったら球が走り始める感覚はこれと同じ。要は上体が前に突っ込んでしまっているから球が走らなかったんだ。疲れて上 [全文を読む]

金田正一 球速と制球どちらが大事?に「バカな質問するな」

NEWSポストセブン / 2014年01月08日07時00分

ピッチングは「スピード」か、それとも「コントロール」か──。まずは、このテーマから火花が散った。 金田:投手にとってスピードとコントロールどちらが大事か? バカモン、そんなバカな質問をワシにするんじゃない。当然スピードに決まっているだろう。そもそもワシはコースなんか狙ったことはない。狙っても球が速すぎて、弾けてどこかに行ってしまうんだ。ど真ん中に投げるコン [全文を読む]

フォーカス