桑田真澄 駒大苫小牧に関するニュース

甲子園のスターといえば誰?1位はやっぱりあの選手!

しらべぇ / 2016年08月06日21時00分

そして2位に田中将大、3位には斉藤や中田を抑えて、桑田真澄がランクイン。現在はyoutubeで高校時代の動画が閲覧できるだけに、それをみて凄さを実感しているのかも。・30代30代は圧倒的に清原和博の支持率が高く、続いて松井秀喜がランクイン。30代にとって清原の高校時代は幼少期となるが、プロでの活躍が強烈だったため、支持する人が多い模様。・40代KK世代であ [全文を読む]

ハンカチ王子からの転落…日ハム・斎藤佑樹の”ごっちゃん体質”

デイリーニュースオンライン / 2016年07月23日15時06分

「かつて桑田真澄(48)や水野雄仁(注3・50)が問題視されてペナルティも受けた、金品授受にあたるのでは?」 「野球選手なんだから、成績を上げて自分で買うべき」 ■そもそもゲスだった”ハンカチ王子” 週刊誌やネットでの批判は、今回の騒動以前にも及んだ。 「だいたい斎藤はプロ入り前からテレビ出演して、”ポルシェ・カイエン(注4)が欲しい”だの、”青山の土地 [全文を読む]

夏の甲子園でスターになれなかった男たち(13)“平成の怪物”中田翔は田中将大&斎藤佑樹に力負け

アサ芸プラス / 2016年08月19日05時59分

1年生の本塁打と勝利は83年夏のPL学園(大阪)・桑田真澄(元・巨人など)以来の快挙。華々しいデビューを飾った。 続く3試合でも中田は毎試合ヒットを記録。チームもベスト4へと進出した。そして迎えた準決勝。相手は夏の大会連覇を狙う駒大苫小牧(南北海道)だった。試合は延長10回にもつれ込む熱戦となったが、5-6で惜敗。中田は相手先発の田中将大(現・ヤンキース) [全文を読む]

【プロ野球】80歳を迎えた長嶋茂雄の功績を10年刻みで振り返る

デイリーニュースオンライン / 2016年02月20日16時00分

一方、長嶋不在の野球界はといえば、PL学園の桑田真澄、清原和博の「KKコンビ」が揃ってプロ入り。その清原が入団した西武ライオンズが1986年の日本シリーズを制し、「西武黄金時代」へと突入。個人成績では落合博満(ロッテ)とランディ・バース(阪神)が揃って2年連続の三冠王を達成した。 [50代長嶋茂雄の戦績] リーグ優勝(1994年※日本一も達成)、野球殿堂 [全文を読む]

清宮幸太郎はなぜ左打ちなのか? 怪物1年生を生んだ清宮家の英才教育

デイリーニュースオンライン / 2015年08月19日10時00分

清原和博&桑田真澄のKKコンビなど、今までのスーパー1年生といえば、甲子園の活躍から報道に火がつくのが一般的。対して清宮は小学生のときから注目されているニュータイプ、まさにスーパーエリートだ。 甲子園で実績を残す前から過熱する報道に、一部では天邪鬼な声も聞かれたが、準々決勝までに2本塁打8打点の大活躍。「弾道が低いのではないか」「全国レベルでは厳しい」な [全文を読む]

高校野球ファン必携の一冊、ついに完成!! あの名勝負がよみがえる「完全保存版 高校野球100年」(週刊朝日編集部編)

PR TIMES / 2015年07月14日14時27分

[画像: http://prtimes.jp/i/4702/28/resize/d4702-28-635911-0.jpg ] (朝日新聞出版刊/7月16日発売/256ページ/定価2000円) 【内容】 戦前の吉田正男(中京商)、嶋清一(海草中)から、太田幸司(三沢)、桑田真澄、清原和博(PL学園)の「KKコンビ」、ダルビッシュ有(東北)、中田翔(大阪桐 [全文を読む]

フォーカス